最終更新日:

蜂に刺された時の「正しい対処方法」や「蜂に刺された時の症状」

蜂に刺された時は焦らずに応急処置しましょう。局所だけではなく全身の症状を見て、皮膚科を受診しましょう。アナフィラキシーショックにも注意して下さい。今回は蜂に刺された時の症状や、正しい応急処置の方法、遭遇した時の対処方法について紹介します。

蜂に刺された時の「正しい対処方法」や「蜂に刺された時の症状」

暖かい季節は、屋外に出する機会が増えますね?
ちょうどこの時期に活発に活動するのが「蜂」です。蜂刺されによるトラブルが増えてくるのもこの時期です。
蜂に刺されると刺された部分は痛みを伴いどんどん腫れ、症状がひどくなればショック状態に陥ることもあります。

そこで今回は、蜂に刺された時に対処する方法や、蜂に刺された時の症状について紹介します。

>>プロの蜂の駆除業者の一覧

蜂に遭遇した時の3つの対処方法

蜂に遭遇した時の3つの対処方法

蜂に遭遇したらどうしたらいいのでしょうか?
どんな場所でも蜂に遭遇たら急に動いたり、慌てたり、騒いだりしない事が大切です。

庭やベランダで蜂に遭遇した時の対処方法

室外で洗濯物を干していたり、庭木の手入れやガーデニングなどをしている時に蜂が飛んでくる事があります。
蜂の飛んでいる高さが人よりも高い場所であれば、無理に振り払ったり蜂を刺激しないようにすれば蜂が襲ってくる事はありません。
蜂はエサや巣を作る場所を探していて人に対して興味を示さないので、刺激をあたえなければ大丈夫です。

室内で蜂に遭遇した時の対処方法

室内に蜂がいた場合は、窓を開けて自然に出ていくのを待ちましょう。
部屋から出そうと無理に手や物で払うとかえって攻撃してくることがあります。

蜂の巣を見つけた時の対処方法

春先から蜂の巣は作られます。
早い初期段階の巣であれば、女王蜂が1匹でいる場合があるので駆除できます。

スズメバチのような凶暴な蜂や巨大な巣の場合は、専門の業者に駆除を依頼した方が賢明です。

蜂刺されの被害に遭わないための4つの注意点

蜂刺されの被害に遭わないための4つの注意点

蜂は夏~秋にかけて盛んに活動します。
蜂の被害に遭わないように、前もって注意することで被害も最小限にとどめられます。

蜂刺されの被害に遭わないために白い服を着よう

蜂でも特に危険性の高いスズメバチなどは、黒色の物に攻撃してくるという習性があります。
特に人間の髪の毛や目などを攻撃することがありますので注意が必要です。
蜂は白色や銀色などには反応が薄いので、お子様などが屋外などの公園で遊ぶ場合は、白い服装や帽子を着させてあげると安心です。

また、ヒラヒラしたデザインのものに対しては蜂が攻撃してくることがありますので、服装などのデザインも選びましょう。

蜂刺されの被害に遭わないために洗濯物を取り込む時は注意する

外に干しておいた洗濯物や布団を取り込む時に、気付かず蜂の被害に合う事があります。気付かずに衣類を着た時に、刺されるという事もあるので注意しましょう。

蜂が威嚇行動を始めたらその場から離れる

スズメバチなどには警戒テリトリーがあります。
その中に知らずに侵入した場合は、スズメバチが警告した後に攻撃してきます。

その警告を知っておくと攻撃の前に逃げることもできます。
蜂の警告はカチカチという音を出し、円(えん)を描きながら左右に飛びます。
このような威嚇行動に気づいたら、すぐにその場から静かにまっすぐ後退しましょう。
威嚇行動する前に手で振り払ったりすると、警戒フェロモンを蜂が出します。
それとともに蜂の仲間が戦闘モードになり、威嚇行動がないまま興奮した大量の蜂に攻撃されるので注意しましょう。

蜂を刺激する香水やヘアースプレーをつけない

香水やヘアスプレー、体臭や汗臭さなどに対して蜂は敏感です。
これらの匂いに蜂が刺激され攻撃の対象となりますので、匂いを放つものなどは身に着けないようにしましょう。

蜂に刺された!?刺された時の2つの症状

蜂に刺された!?刺された時の2つの症状

蜂に刺されたら全身症状か、局所症状なのかを確認しましょう。
局所症状であれば応急処置程度で問題がないことが多いです。

蜂刺されの「局所症状」とは?

鉢に刺された周辺だけに、痛みや腫れなどの症状が現れるのを「局所症状」といいます。蜂に刺された箇所は一時的に激痛が走り、刺された箇所を中心として赤く大きく腫れます。
その後は激痛がゆみへと変わり、腫れがおさまりシコリが残ります。
局所症状の場合は1週間程度で刺された跡も消えます

蜂刺されの「全身症状」とは?

刺された症状が全身に現れた場合は、すぐに病院に行きましょう。
全身の症状の軽い症状は発汗や吐き気、めまいやふるえなどが起きます。
また中程度の症状は吐き気やめまい、頭痛、息苦しさ、喉のしび乾き、嘔吐などです。

重い症状になると全身にじんましんができたり、激しい動悸がでたり血圧が降下したりして、呼吸困難や意識障害などの重篤な状態になります
このような重度の症状が出た場合を「アナフィラキシーショック」と言います。
アナフィラキシーショックになるのは、蜂に一度に刺された事がある人の1,000人中2人程度だそうです。

蜂に刺された箇所を応急処置する方法

蜂に刺された箇所を応急処置する方法

蜂に刺された場合は、適切な方法で応急処置しましょう。

準備物

  • ピンセット
  • 抗ヒスタミン軟膏
  • 保冷剤

手順

1

ピンセットを使って蜂の針を取り除く

刺された箇所に針が残っていればピンセットなどで取り除く。ミツバチに刺された場合は針が残ることが多いです。ミツバチの針には返しがついているので、一度蜂が刺すと抜けにくく、毒袋の腹部の末端と針が一緒に残る。毒袋があり指で摘んで抜こうとすると、毒をさらに体内に注入してしまう可能性があるので注意する。

アシナガバチやスズメバチなどの針には、返しがないので刺された部分に残ることはあまりありません。

2

毒を絞り出して水道水で洗い流す

刺された場所から毒を絞り出すようにして流水で洗い流す。蜂の毒はタンパク質で出来ているので、水に溶けやすいため大量に水を出しながら洗い流す。
口で吸って毒を出さないように注意する。毒が唾液に溶け口の中の傷や歯茎などから毒が入る場合もあります。毒を吸い出すポインズンリムーバーという道具が販売されているのであると便利です。

3

虫刺され用の抗ヒスタミンが入っている薬を塗る

蜂に刺された箇所が激痛で赤く腫れるといる場合は、抗ヒスタミン成分を含んだ​ステロイド系の軟膏を塗る。痒みや腫れが出た段階で塗っておくと抗ヒスタミンは効果的です。

4

刺された患部を保冷剤で冷やす

刺された箇所は保冷剤などで冷やす。刺された箇所にある血管を冷やすと収縮し毒などを吸収しにくくなります。そして血管の中に蜂の毒が入るのを遅らせる事ができます。

5

医療機関で診察してもらう

医療機関に受診したり、救急車を呼び一刻も早く治療してもらう。応急処置してもアナフィラキシーショックが出た場合は、医療機関に行き一刻も早く治療する必要があります。
全身症状が刺されて15分以内に出た場合は、アレルギー内科を受診する。また刺された部分が異常に腫れたり激痛の場合は、皮膚科へ行く事をオススメします。

おすすめ

アナフィラキシーショックによるアレルギー反応

アナフィラキシーショックによるアレルギー反応

アナフィラキシーショックという言葉はテレビなどでよく耳にしますが、どんな症状がでるのでしょうか?
アナフィラキシーショックとは、アレルギー反応が通常よりも大きくでることです。

症状は下記のような症状です。

  • かゆくなる
  • 皮膚炎
  • 嘔吐
  • 寒気
  • 意識がなくなる

蜂の毒にはアレルギー反応を起こす成分が含まれているので場合によっては、重症化してアナフィラキシーショックに至る可能性があります。
アナフィラキシーショックを引き起こす代表的な蜂は「スズメバチ」「アシナガバチ」です。

蜂に刺されたら病院は何科に受診する?

蜂に刺されたら病院は何科に受診する?

もし蜂に刺されたら病院の何科を受診したらいいのでしょうか?
何科に受診するかは、蜂に刺されたあとの症状の出方次第で診療科が決まります。

刺された箇所が痒みや腫れている場合は「皮膚科」

応急処置して耐えられる痛みやかゆみの場合は、数日で収まってきます。
しかし、刺されたところの腫れや痒みが異常な場合は皮膚科で見てもらいましょう

全身症状がでている場合は「アレルギー内科」

刺されて5分以内で全身症状を感じる場合は、すぐにアレルギー内科を受診しましょう。病院によって受診できる年齢が違います。
外科・内科・総合病院の緊急外来は病院によっては断られてしまうこともあるようです。

普段から周辺の皮膚科やアレルギー内科の病院がどこにあるか確認し、蜂に刺された場合は病院に電話してから行くようにすると安心ですね。

おしっこかけると蜂刺されが治まるって本当?

蜂刺されにおしっこをかけると腫れが治まるって本当?

皆さんは「蜂に刺されたときは、おしっこをかけるといい」という話を耳にしたことはありませんか?
しかし、これは俗説です。
尿中のアンモニア成分が刺された時に効果があると信じられ広まったうようですが、全く効果はありません。

現代では蜂の毒はタンパク質で、アンモニア水でも中和できないことがわかっています。尿をかけてしまうと傷口に雑菌が入り込んでしまうことがあります。
蜂に刺されたときよりも、さらに傷口が腫れてしまったりすることがあるので絶対にやめましょう。

業者に蜂を駆除してもらう料金相場は?

業者に蜂を駆除してもらう料金相場は?

家の近くで蜂の巣を発見したら、業者に駆除を依頼するのがオススメです。
業者に依頼すれば、的確に蜂の巣を駆除してくれます。
いつでも連絡がつくよう24時間365日対応業者もいます。
駆除も蜂1匹から対応してくれ、最短では15分で蜂の駆除が可能です。

蜂の種類は「スズメバチ」「オオスズメバチ」「アシナガバチ」「ヒメスズメバチ」「ミツバチ」などの駆除してくれます。

蜂の巣の駆除費用は1箇所あたり10,000~20,000円程度が相場です。
蜂の種類や巣の場所によって追加費用がかかる場合もあるので、まずは見積もりを出してもらいましょう。

蜂に刺されたら病院に受診して駆除は業者に依頼

今回は、蜂に刺された時に対処する方法や、蜂に刺された時の症状について紹介しました。

蜂に刺された後に体調が悪くなったり異変を感じる場合は、医療機関にすぐに行きましょう。
蜂の巣を見つけた場合は、刺されないうちに駆除するのが賢明です。
時間が経つごとに蜂が繁殖して巣の中が大きくってしまい被害も大きくなります。

蜂の巣駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

蜂の巣駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った蜂の巣駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

記事を探す