更新日:2019/02/21
 

【エアコンの取り付け】業者に依頼する前に、知っておくべき基礎知識

【エアコンの取り付け】業者に依頼する前に、知っておくべき基礎知識

2019/02/21更新:インターネットで購入したエアコンは、取り付けを業者に依頼する必要があります。今回は、エアコンを取り付ける前に確認したい3つのことや業者選びのポイントなど、エアコン取り付けのさまざまな情報をまとめました。

結婚や引っ越し、一人暮らしなどで、「新居にエアコンを取り付けたい!」や、
インターネットでエアコンを購入する場合、取り付けを業者に依頼する必要があります。

また、今のエアコンが古くなり「そろそろエアコンを取り替え時期?」
でも、「まだ頑張って、動いているしな…」と、お悩み中の人や、エアコンの取替時期の目安や、今使っている古いエアコンの処分方法なども知っておきたいですよね?

いずれにしても、エアコンの取り付けに関する知識は、業者に作業を依頼する前にある程度把握しておく必要があります。

  • モップ
    モップ

    今回はエアコンの取り付けについて、わからない…。と困っている人の助けになりたいと思っています!

今回は、エアコンの取り付け業者を選ぶ前に知っておきたい、エアコン取り付けの重要なポイントについて紹介します。

>>プロのエアコン取り付け業者一覧

エアコンを取り付ける前に確認すること

エアコンを取り付ける前に確認すること
  • こまるちゃん
    こまる

    インターネットで、新しいエアコンを買おうと思ってるんだ~♪


  • モップ

    いいねぇ~♪
    でも、購入前に確認しておきたいポイントがあるよ!

新しいエアコンを取り付けるなら、「早速エアコンを購入しなきゃ!」と、電気屋さんや、インターネットでエアコンを探す前に確認しておきたい3つのことがあります。

最近の新築の自宅なら、そんなに神経質にならなくても大丈夫に思えますが、古い自宅や、賃貸の場合は気を付ける必要があります。

エアコンを購入したのに、「取り付けができない!」なんて大変なことにならないように、しっかり確認して下さいね。

1.エアコンを取り付ける部屋の状態を確認する

一軒家の場合は、家の耐力壁(補強材)が入ってある壁に、エアコンを取り付けるには注意が必要です。

地震や台風などの力に耐えられるように、家の各部分に耐力壁(補強材)が設けられています。
その壁にエアコンを取り付けるために配管用の穴をあけると構造上、問題が生じることがあります。

そのため、エアコンを取り付ける前に耐力壁かを確認しておきましょう。

マンションの場合は、部屋によってエアコンを取り付けられない場所があります。
特に共用廊下や真ん中の部屋の場合、エアコンの配管スペースや室外機を置く場所がないことでエアコンを取り付けできません。

ただし、共用部で室外機が置けなくてエアコンが取り付けできなくても、窓があれば取り付けできるタイプのエアコンがあります。

2.電気容量を確認する

電気容量が足りない場合は、エアコンが取り付けできません。
取り付けをしても電源を入れる度に、ブレーカーがダウンして他の電化製品も使えなくなることがあります。

この場合は、電気容量を増やすことで解決できます。「電気工事士」の資格をもった専門の業者に電気工事を依頼しましょう。

また、エアコンのタイプでも100V用と200V用があります。
エアコンを取り付ける場所のコンセントが、100V用か?200用か?確認することも必要です。

3.エアコン取り付ける場所に電源があるか確認する

取り付け位置や電気容量に問題がなくても、そもそも取り付ける場所に電源がなければエアコンが使えません。

電源がない場合は、エアコン取り付け位置まで電源を持ってくる必要があります。

コンセントの増設も、電気工事士の資格をもった専門業者にしかできません。

故障かな!?エアコンの取り替え時期

故障かな!?エアコンの取り替え時期
  • こまるちゃん
    こまる

    他の部屋の古いエアコンの買い替えも、どうしようか迷ってるんだ…。


  • モップ

    エアコンの取り換え時期のを、見てみるといいよ~!

家電製品の寿命は、一般的におよそ10年と把握している人も多いですよね?

内閣府経済社会総合研究所公表のデータによると、エアコンの場合は買い替えるまでの平均使用年数13.6年と発表されています。

このうち、65.2%故障による買い替えなのだそうです

どのような症状が出ていたら、エアコンの買い替え時期なのか知っておくと、慌てずに済みますよね?
そこで、エアコンの取り換えの目安となる5つの症状を紹介します。

  • 冷房、暖房の効力が衰えている
  • 電源を入れても全く動かない
  • 異音がする
  • 水漏れがする
  • ブレーカーが落ちる

1.冷房、暖房の効力が衰えている

エアコン内部に蓄積されたホコリなどのゴミがたまって、冷暖房の効果が衰えています。
掃除をすれば回復する場合がありますが、すぐに効果が衰える場合は、エアコン内部のモーターや基盤の劣化による原因です。

エアコンの効きが悪いと感じる場合は、まず掃除をしてみましょう。
また、ガス漏れが影響している可能性もあるので、チェックしてみて下さい。

それでもダメなら交換を考えましょう。

エアコン掃除は自分でできる!読めばわかるエアコン掃除の手順を紹介
あわせて読みたい
エアコン掃除は自分でできる!読めばわかるエアコン掃除の手順を紹介
リンク(新しいタブで開きます)
エアコンが冷えないのは、ガス漏れが原因!?《対処法》と《修理費用》
あわせて読みたい
エアコンが冷えないのは、ガス漏れが原因!?《対処法》と《修理費用》
リンク(新しいタブで開きます)

2.電源を入れても全く動かない

エアコンの電源が入っているにもかかわらずにエアコンから風がこない場合は、モーターまたは、基盤が完全に機能していないことが原因と考えられます。

3.異音がする

エアコン内部のモーターが劣化して、聞きなれない変な音がする可能性が考えられます。

外に置いている室外機がいつもより大きな音で動いている場合も、室外機内のモーターや基盤の劣化の可能性が高いです。

または虫などが室外機内のプロペラ内部に入り込み、プロペラが回りにくくしていることもあります。

4.水漏れがする

エアコンから水滴が垂れるのは、内部の汚れが影響しています。
掃除で解決できる場合はいいのですが、それでもダメな場合は故障の可能性があります。

エアコンの吹出口から水滴が落ちてくる!原因と対策をまとめて紹介
あわせて読みたい
エアコンの吹出口から水滴が落ちてくる!原因と対策をまとめて紹介
リンク(新しいタブで開きます)

5.ブレーカーが落ちる

エアコンのスイッチを入れる度にブレーカーが落ちる場合は、ショートや漏電の可能性も考えられます。
故障の度合いによっては、修理代がかなり高額になります。

  • モップ
    モップ

    製造から10年経ってなくても故障する可能性もあるよ。

エアコンの不具合は、製造から10年未満の製品でも起こる可能性があります。

ある知り合いの自宅のエアコンは、購入からわずか3年ほどで稼働しなくなって修理を依頼していました。

真夏の一番暑い時期に故障し、メーカーも混んでいて修理に来てもらう段取りが上手く調整できず大変だったようです。

古いエアコンの3つの処分方法

古いエアコンの3つの処分方法
  • こまるちゃん
    こまる

    取り外した古いエアコンの処分は、どうしたらいいのか~?


  • モップ

    取り外した古いエアコンは、家電リサイクル法に基づいて処分しよう!
    3つの処分方法を教えるね~♬

古いエアコンから新しいエアコンに取り換える場合、外した古いエアコンの処分が必要です。

通常のゴミと一緒に気軽に捨てられないのが面倒ですが、エアコンは家電リサイクル法の対象項目です。
正しい方法で処分しましょう。

1.購入店で引取ってもらう

新しいエアコンを購入、取り付けをしてもらうのと一緒に古いエアコン引き取ってもらいましょう。

業者によって、エアコンの取り付け費用に、古いエアコンの処分費用が含まれていることもあります。
または、別料金で引き取ってくれることもあります。

エアコンを購入する際に確認しましょう。

2.「指定引取場所」に持ち込む

地域指定の処分場などに。自分で持ち込みむ方法です。
引き取りに来てもらうこともできますが、持ち込みで処分場に持ち込む場合の方が、費用をおさえられます。

場所や処分費など、詳しい内容はお住まいの市区町村で確認して下さいね。

3.回収業者へ依頼する

不用品の回収業者に依頼して、処分してもらうこともできます。

古いエアコン以外に、同時に処分をしてもらいたい家具や家電が数点ある場合は、こちらの方が費用を安くすむ場合もあります。

不要なエアコンは正しい回収方法で処分!違法な業者は使わない!
あわせて読みたい
不要なエアコンは正しい回収方法で処分!違法な業者は使わない!
リンク(新しいタブで開きます)

少しでもエアコンを長持ちさせる方法

少しでもエアコンを長持ちさせる方法
  • こまるちゃん
    こまる

    エアコンて安くないし、少しでも長持ちさせる方法ってあるかな~?


  • モップ

    なるべくエアコンにかかる負担を、軽減させることが大切だよ~♬

新しいエアコンを取り付けたら、やはり少しでも長持ちさせたいですよね?

定期的に点検にきてもらうとか、面倒なこともなかななかできないと思います。
エアコンを少しでも長持ちさせる方法は、難しいものではありません。

  • こまめに掃除する
  • 使用していない時期は電源を抜く
  • 室外機の前や上にものを置かない

エアコン内部にあるフィルターなどに蓄積されたホコリやゴミを、掃除機で取り除くことでエアコンにかかる負担が軽減されます。

普段は自分でやれる範囲で頑張りつつ、年に1度定期的にクリーニングを依頼しましょう。
キレイな空気を保つことができて、エアコンが長持ちするなら一石二鳥ですね。

【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
あわせて読みたい
【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
リンク(新しいタブで開きます)
エアコンの配管パテって知ってる?壊れていたらパテで自分で直そう!
あわせて読みたい
エアコンの配管パテって知ってる?壊れていたらパテで自分で直そう!
リンク(新しいタブで開きます)

そして、使用しない季節の場合は電源を抜くことでもエアコンの負担が減るだけでなく、光熱費も軽減できます。

また、室外機の上や前にモノを置くことをやめましょう。
特にファンの前にモノを置くと、室外機にかかる負担が大きくなり故障の原因となります。

エアコン取り付け業者の見分け方

エアコン取り付け業者の見分け方
  • こまるちゃん
    こまる

    エアコンの取り付け業者がたくさんありすぎて、選び方がわからないよ…(泣)


  • モップ

    悪徳な業者に、引っかからないポイントを教えるね~♬

先ほど少し触れましたが、最近はインターネットで家電を購入する方も増えています。
エアコンも例外ではありません。

その場合は、別途で取り付け業者を、自分で探す必要があります。​そこで重要なのが、業者選びです。

残念なことに取り付け業者の中には、悪質な業者が存在します。
そういった業者に依頼してしまい、後悔しない為にいくつかのチェックポイントを紹介します。

  • 取り付け場所の確認をしっかりしてくれる
  • 費用の内訳を明確にしてくれる
  • 電気工事士の資格がある

1.取り付け場所の確認をしっかりしてくれる

エアコンの取り付け場所の状態をよく確認せずに設置することは、エアコンの取り付け工事の中でやってはいけない事のひとつです。

一軒家では先に紹介したように耐力壁があり、その壁に配管用の穴を空けてはいけません。
家事態の構造上の耐力が低下する恐れがあり、倒壊の原因となる可能性もあります。

取り付け前に現地調査をして、その部屋の状況をしっかりと確認し、取り付け工事の内容を説明してもらえる業者を選びましょう。

2.費用の内訳を明確にしてくれる

悪徳業者でよくあるトラブルのひとつです。

工事範囲以外で、想定外の追加工事が起きてしまうことがあります。
その為に追加費用が発生しますが、それを逆手に悪用した業者が存在します。

事あるごとに追加工事と称して追加費用を請求してくるので、絶対にこういった業者に引っかからないようにしましょう。

ポイントは、工事の内容と費用の内訳が明確に記載されている見積もりを出してもらうことです。

古いエアコンを回収してもらう場合は、その費用についても確認しましょう。

「エアコン取り付け作業一式」など、不明確な見積もりしか出してくれない業者は避ける方が無難といえます。

3.電気工事士の資格がある

エアコンの取り付けに際して、電気工事士の資格がないとできない作業も存在します。

工事の内容によっては、電気工事士の資格がなくても違法ではなく、誰でもできるものもありますが、電気を取り扱うには電気工事士の資格が必要になります。

この場合、無資格で作業すると法律により罰金などの罰則を課せられます。

また、無資格でエアコンを取り付けた結果、万が一エアコンのトラブルで火災など起きては堪ったものではありませんよね。

不安要素となる部分は取り除いて、安心で安全な工事をしてもらうためにも電気工事士の資格をもった業者を選びましょう。

まとめ

今回は、エアコンの取り付けについて紹介しました。

  • エアコンを取り付ける前に確認すること
  • 故障かな!?エアコンの取り替え時期
  • 古いエアコンの3つの処分方法
  • 少しでもエアコンを長持ちさせる方法
  • これで安心!エアコン取り付け業者の見分け
  • まとめ

エアコンの取り付けや交換は、専門的な知識が必要です。

信頼できる業者に依頼すれば、エアコンの取り付ける場所の確認や電気要領などの不安な部分もきちんと確認して、最適な解決方法を見つけてエアコンを取り付けしてもらえます。

また、取り付けたい場所に電源が無い場合は、電源を増やしてもらうことも可能です。

1年のうちの半分は使用するエアコンは、適切に取り付けてもらい、快適な毎日をお過ごしください。

エアコン取り付け業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコン取り付けをプロに依頼するなら

エアコン取り付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエアコン取り付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインを活用すれば、料金やクチコミなど、サービス選びに必要な情報がすぐに確認できます

「◯◯円~」などの不明瞭な料金表示はなく、追加料金や手数料などもありません。会員登録なしで詳細が見られるので、スタッフ写真や口コミも事前に確認できます。

予約前に聞きたいことがある場合も安心。予約ページ内の「予約の前に出店者に質問する」から担当者に直接質問することができます。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ スタッフ写真や口コミが確認できる
  • ◎ 24時間365日オンライン予約可能
  • ◎ 営業電話なし
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms