【漏電ブレーカーの特徴】漏電ブレーカーが落ちる原因と漏電箇所の特定方法

「漏電ブレーカー」は危険な電気の漏れを察知し、電気の流れを遮断してくれます。これによって、私たちは守られています。そこで今回は、漏電ブレーカーの役割や種類、落ちた時に漏電箇所を特定する方法について紹介します。

コンセント増設・スイッチの修理
更新
【漏電ブレーカーの特徴】漏電ブレーカーが落ちる原因と漏電箇所の特定方法

今や、私たちの生活に電気は必要不可欠ですよね?

毎日の家事に使う家電や、仕事に必要なパソコンなど、全て電気で動いています。

便利な生活を支える電気ですが、電気が漏れる漏電は大変危険です。

しかし、漏電ブレーカーが漏電を察知して、電気の流れを遮断して、漏電の危険から私たちを守ってくれています。

万が一、漏電ブレーカーが働いて、電気を遮断した後はどうしたらいいのでしょうか?

漏電ブレーカーについての知識が少しでもあれば、落ちついて対処できますよ。

そこで今回は、漏電ブレーカーはじめ各種ブレーカーの役割や、漏電の原因や、漏電ブレーカーが落ちた時に漏電箇所を特定する方法について紹介します。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【漏電ブレーカー】漏電ブレーカーとその他ブレーカーの種類

【漏電ブレーカー】漏電ブレーカーとその他ブレーカーの種類

どこの家庭にも、分電盤というものがあるのを知っていますか?

分電盤は、電力会社から家庭に送られてきた電気を各部屋へ分ける役割をしています。

その分電盤の中に、電気の流れを管理しているブレーカーという装置があります。

ブレーカーの役割は電気の使い過ぎや、電気が漏れる漏電が起きた時に、電気を止めてくれます。

3種類のプレーカーの特徴やについて紹介します。

【漏電ブレーカー種類】アンペアブレーカー(サービスブレーカー、契約ブレーカー)

各家庭で使う電気の量は、あらかじめ電力会社との契約により決められています。

家庭で電気を使い過ぎて、決められた電気量を超えてしまった時に、家庭に送られる電気の流れを遮断する装置がアンペアブレーカーです。

アンペアブレーカーが落ちた場合は、一度に電気を使いすぎていることを意味します。

最近ではスマートメーターが普及しており、スマートメーターで電気使用量を設定している場合には、アンペアブレーカーはありません。

【漏電ブレーカー種類】安全ブレーカーの特徴を知ろう!

家庭に一括して送られた電気は、分電盤から細かく行き先を決められ、回路によって各部屋などに送られています。

家庭の全ての電気の流れを管理しているのがアンペアブレーカーなら、安全ブレーカーは、各部屋など回路別に電気を管理しているブレーカーです。

各部屋などで使用している電化製品やコードが、故障などによりショートした場合や、その回路で電気を使いすぎてしまった場合に、回路の電気を遮断してくれます。

【漏電ブレーカー種類】漏電ブレーカーの特徴を知ろう!

漏電ブレーカーは、その名の通り、漏電を察知し電気の流れを遮断するブレーカーです。

漏電ブレーカーが落ちたということは、どこかで漏電している可能性があり、早急に対処する必要があります。

【漏電ブレーカー】漏電ブレーカーが落ちたら漏電している!

【漏電ブレーカー】漏電ブレーカーが落ちたら漏電している!

3種類のブレーカーのなかで、特に気をつけなければいけないのが、「漏電ブレーカー」です。

漏電ブレーカーが落ちたということは、漏電している可能性があることを意味します。

漏電によって起こる2つのリスクについて紹介します。

【漏電ブレーカーが落ちた】感電について知ろう!

感電するとビリビリとしびれるイメージですが、感電は命にも関わることもあり、大変危険です。

身体が水や汗によって濡れていると、電気が流れやすくなるため、さらに危険性が高まります。

【漏電ブレーカーが落ちた】発火について知ろう!

漏電によって発生した火花が、ホコリなどに燃え移り発火することがあります。
漏電による火災も少なくありません。

電気は大変便利で、私たちの生活に欠かせない反面、正しく使い、正しく管理しないと危険なものであることを頭に入れておきましょう。

【漏電ブレーカー】漏電が起こる4つの原因について知ろう!

【漏電ブレーカー】漏電が起こる4つの原因について知ろう!

危険な漏電はどうして起こるのでしょうか?
漏電が起こる4つ原因について紹介します。

【漏電ブレーカー】絶縁体の劣化が原因で漏電する!

電化製品及び電源コードには、漏電を起こさないように、絶縁体という電気を通さない物質でカバーされています。

長年、電源コードを無理な形で使用することによって電源コードが変形してしまったり、経年劣化などにより絶縁体が電気を遮断しきれなくなっています。

これによって絶縁体としての役割を果たせず、漏電を引き起こすことがあります。

【漏電ブレーカー】配線や電源コードの破損が原因で漏電する!

電気は、電源コードや配線の中を通っています。

ネズミが配線をかじってしまったり、電源コードの上に長年重い物を乗せたままにすると、配線や電源コードが破損することがあります。

配線や電源コードが破損すれば、漏電につながります。

【漏電ブレーカー】トラッキング現象が原因で漏電する!

コンセントプラグがしっかりコンセントに入っていないと、コンセントとコンセントプラグの間に隙間が生じます。

この隙間にホコリがたまり、空気中の湿気を吸収すると漏電して、放電、発火してしまう現象のことを「トラッキング現象」といいます。

コンセントプラグが緩んで漏電する場合は、漏れる電気が微量のため、漏電ブレーカーが働かないことが多いので注意が必要です。

【漏電ブレーカー】分電盤内の配線の緩みや、汚れが原因で漏電する!

分電盤内の配線が緩んでいたり、分電盤内にホコリがたまっても漏電、発火につながることがあります。

漏電を防ぐには、定期的にコンセント、コンセントプラグ、電源コード、配線、分電盤が正常な状態になっているかを確認しましょう。
また、掃除してホコリなどの汚れを取り除いておきましょう。

【漏電ブレーカー】落ちた時に漏電箇所を特定する方法がある!

【漏電ブレーカー】落ちた時に漏電箇所を特定する方法がある!

漏電ブレーカーが落ちてしまったら、漏電の可能性があります。

しかし、焦らなくても大丈夫です。

漏電している可能性がある部屋の回路を使用しなければ、他の部屋では電気を使用できます。

漏電ブレーカーを使って漏電している部屋を見つけ出す方法を紹介します。

漏電ブレーカーを操作して漏電箇所を特定する方法

1

漏電ブレーカー内のスイッチをすべて「切」に変更する

スイッチをすべて「切」に変更した後、アンペアと漏電ブレーカーのみを「入」にする。

2

安全ブレーカーのスイッチを段階的に「入」に変更する

安全ブレーカーのスイッチをひとつずつ「入」にする。そうすると異常があるスイッチを「入」にした時に、漏電ブレーカーが落ちます。この落ちた安全ブレーカーの回路に含まれる部屋のどこかで、漏電を起こしているのが特定できます。

3

漏電が起きた部屋が特定したら電化製品のコンセントプラグを抜く

漏電が起きた部屋がわかったら、その部屋にある電化製品のコンセントはゴム手袋をした手で抜いておく。その状態で安全ブレーカーを「入」にしても漏電ブレーカーが落ちるのなら、電化製品ではなく家屋の配線に問題があるということになります。

漏電している電化製品が特定できれば、それ以外の電化製品は問題なく使えます。
漏電している電化製品は危険なので、修理に出すか買い替えましょう。

漏電の原因が電化製品ではなく、配線にあるかもしれません。

また、まれではありますが、ブレーカー自体の故障も考えられます。

漏電箇所が特定できない場合や不安な場合は、すぐに専門業者にみてもらいましょう。

「アンペアブレーカー」や「安全ブレーカー」が落ちる原因

「アンペアブレーカー」や「安全ブレーカー」が落ちる原因

漏電ブレーカーは落ちずに「アンペアブレーカー」「安全ブレーカー」が落ちるのは、一度に電気を使いすぎているのが原因です。

アンペアブレーカーは、家全体の電気使用量が契約している電気量を超えた場合に落ちます。

安全ブレーカーは、回路ごとに規定された電気使用量がオーバーした場合に落ちます。

漏電ブレーカーが落ちるのなら危険なので、漏電箇所を特定する必要がありますが、漏電ブレーカーは落ちずに、アンペアブレーカーや安全ブレーカーが落ちるのであれば、電気を使い過ぎているだけです。

電化製品の使い方を調整して、一度に多くの電気を使わないようにすれば大丈夫です。

同時に使っている電化製品のどれかのコンセントプラグを抜き、落ちたアンペアブレーカー、安全ブレーカーを「入」にすれば復帰します。

安全ブレーカーの場合は、もちろん落ちたブレーカーの回路内の電化製品のコンセントプラグを抜かないと意味がないので注意しましょう。

漏電ブレーカーに関することは専門業者に相談しよう!

今回は、漏電ブレーカーはじめ各種ブレーカーの役割や、漏電の原因や、漏電ブレーカーが落ちた時に漏電箇所を特定する方法について紹介しました。

漏電は感電、発火の危険性があり大変危険です。

漏電ブレーカーは、怖い漏電から私たちを守ってくれています。

漏電しているのであれば、漏電箇所を特定し、電化製品が原因なら修理するか買い替えなくてはいけません。

配線が原因であったり、漏電箇所を特定できなっかたり、不安が残っている場合は、すぐに専門業者に連絡して対処してもらいましょう。

配線などの電気工事は、素人にはできないので、必ず専門業者に任せましょう。

まとめ

  1. 漏電ブレーカーが落ちると火災や、感電の危険性があるので注意する
  2. 漏電ブレーカーが落ちたら、落ち着いて漏電箇所を特定してみよう
  3. 3種類のブレーカーが落ちる原因を知っておくと慌てずにすむ
  4. 素人にはわからないことも多いため、不安なことや困ったことがあれば業者に相談する

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理をプロに依頼するなら

コンセント増設・スイッチの修理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にコンセント増設・スイッチの修理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
136 投票, 平均点: 4.06

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事