インターネット設定
更新日:2019/07/09

パソコンが重い…初心者でもすぐできる!重いパソコンを高速化する方法

パソコンが重い…初心者でもすぐできる!重いパソコンを高速化する方法

パソコンが重い…、遅い…。仕事や調べものが捗らずイライラしますよね。考えられる原因は、大きく4つあります。ディスク内の掃除や整理を行い、常駐アプリを無効化することで、そのほとんどが解決できるはずです。今回は重いパソコンを高速化する方法をご紹介します。

パソコンの起動が重かったり、アプリケーションの起動が遅くてイライラしたことはありませんか?

それには、いくつかの原因と解決策があります。

パソコンに詳しくないから自信がない…。そんな方でも大丈夫です!

今回は、パソコンの重さを解消する方法をプロがお教えします。

>>パソコン設定業者の一覧

パソコンの動きが重くなる原因は大きく4つある

パソコンの動きが重くなる原因は大きく4つある

毎日のように使うパソコン。仕事や趣味に欠かせないもののひとつですが…

  • 電源を入れてもすぐに起動しない。
  • 何かのアプリケーションを立ち上げても「応答なし」というメッセージがいつまでも出続ける。

使い続けていると、このような問題がでてきますよね。

あるいは砂時計がいつまでもぐるぐると回っている状態が続き、イラついて思わず「閉じる」ボタンをクリックするとパソコンがフリーズしてしまう、なんてこともありますよね。

なんで今なの~!という時に、その状態になるととてもイライラしますよね。

このような状況になりやすい原因は、大きく分けて4つあると思われます。

原因その1:パソコンのスペックが低い

パソコン自体の容量とプロセッサのスペックが低い可能性があります。

原因その2:必要ないアプリが常時起動している

見た目にはわからない隠れアプリが常時起動しているかもしれません。

原因その3:CPUの空き容量不足

パソコンのCPU(中央演算処理装置)の空き容量が足りないことが考えられます。

原因その4:ディスク内のデジタルゴミ

ディスク内に不要なデジタルデータのゴミが残ったままになっていることも影響します。

  • モップ
    モップ

    早速、パソコンの重さを解消する方法をみていこう!

パソコンを高速化する方法【STEP1.パソコンのスペックを確認する】

パソコンを高速化する方法【STEP1.パソコンのスペックを確認する】

パソコンのスペックの中で注目すべきポイントは「ハードディスクの容量」「CPUプロセッサの種類」です。

ハードディスクの容量は最低でも4GBは必要

筆者もパソコンにまだ全然詳しくないときは「ハードディスクって何よ?硬い皿のことか?」程度にしか思っていなかったのですが(苦笑)、全然違います!

パソコン内のアプリケーションやデータを保管する場所のことで、この保管場所の容量が少ないとパソコンの起動が重くなったり、アプリケーションの立ち上がりが遅くなります。

「GB(ギガバイト)」という言葉でハードディスクの容量を表します。

普通に使っていてサクサク動く為には、最低でも4GBの容量は欲しいと言われています。

CPUプロセッサの種類

cpuプロセッサとは、計算を行う演算回路のことです。

実際には計算を行う回路だけでなく、どのような計算を行うのか記憶する回路、計算途中や計算結果のデータを記憶する回路等もあります。

よくCPUを人間の脳に例えることがありますが、CPU のコアは脳の中枢部分にあたります。

このCPUコアが一つの物を「シングルコアプロセッサ」といい、2つ以上の物を「マルチコアプロセッサ」といいます。

シングルコアのCPUは長時間の使用や膨大なデータを処理することにより発熱しやすくなり、処理速度が遅くなります。

マルチコアのCPUは同時に複数のデータ処理を行うことができるようになり、発熱しにくくなり処理速度が早くなります。

パソコンを高速化する方法【STEP2.ディスク内の掃除と整理】

パソコンを高速化する方法【STEP2.ディスク内の掃除と整理】

ディスク内の「デジタルゴミ」が残ったままになっていたり、データファイルを保存する「引き出し」がパソコン内で散らかったままになっているとパソコンが重くなりがちです。

ディスク内のデジタルゴミの掃除と、整理整頓を行えば、動きが随分と軽くなります。

ディスク内のデジタルゴミの掃除の手順

「ディスククリーンアップ」という操作を行います。

デジタルゴミの中でもとくに多いのが、パソコンにダウンロードした使用していないファイルや、一時ファイルと呼ばれるものです。

ディスククリーンアップを定期的に行うことにより、これらのデジタルゴミをきれいに掃除しましょう。

Windows10におけるディスククリーンアップの方法をご紹介します。(Windows7や8でもやり方は同じです)

1

スタートメニューからPCを表示

左下のスタートメニューからPCを表示する。

2

プロパティーをクリック

ディスクのクリーンアップをしたいドライブを右クリック→「プロパティ」をクリック

3

ディスクのクリーンアップを開始

真ん中の右辺りに表示されている「ディスクのクリーンアップ」をクリック→不要なものにチェックを入れてOKをクリック

完了!

ディスク内の整理整頓の手順

「デフラグ(最適化)」と呼ばれる操作を行います。

ディスク内からデータを取り出す為に無造作に置きっぱなしにしたデータファイルやフォルダを整理整頓し、効率よくデータが取り出せたりスムーズに動くようにします。

この操作によりパソコンがサクサク動くようになります。

こちらも、Windows10を例に手順を紹介します。

1

コントロールパネルを表示する

左下のスタートをクリック→Windowsシステムツールをクリック→コントロールパネルを表示

2

ドライブのデフラグと最適化を表示する

システムとセキュリティをクリック→管理ツールをクリック→ドライブのデフラグと最適化をクリック

3

「最適化」を実行する

実行したいドライブ名をクリック→最適化をクリック→「実行中」の表示を確認→実行日時と「OK」の表示がされる

完了!

フォーマットはクリックしない!

このデフラグボタンとなりに「フォーマット」というボタンがよく並んでいますが、くれぐれも押し間違えないように注意してください!

このボタンをうっかり押してしまうとパソコンが初期化されてしまいます。

大事なデータやアプリケーションまでなくなってしまう危険性が極めて高いので十分注意して下さい。

パソコンを高速化する方法【STEP3.隠れ起動しているソフト・アプリをチェック】

パソコンを高速化する方法【STEP3.隠れ起動しているソフト・アプリをチェック】

Windowsパソコンの場合、起動に合わせて自動で立ち上がる「スタートアップ」という機能が内蔵されています。

非常に便利な機能である反面、スタートアップアプリは、普段使わないアプリまで起動してしまう為、パソコンの起動や動作を遅くする原因となってしまいます。

このスタートアップアプリが少ないうちはそれほど影響は出ないのですが、数が増えすぎるとシステムに過度な負荷をかけてしまいます。

こうしたアプリの多くは、常駐アプリとしてタスクトレイにアイコンが表示されていますが、なかには通常の方法では起動状態が確認できないものもあります。

そんなときに役立つのが、システムツールの「タスクマネージャー」という機能です。

基本的にはシステム状態をチェックするためのツールなのですが、ほかにもタスク切り替えや、スタートアップアプリの無効化なども行うことが可能です。

1

タスクマネージャーを表示する

左下のスタートをクリック→Windowsシステムツールをクリック→タスクマネージャーを表示

2

不要なアプリを無効にする

「詳細」をクリック→無効化したいアプリを右クリック→タスクの終了をクリック→プロセスの終了をクリック

完了!

やみくもに無効化しないことも大切!

スタートアップアプリの中には、パソコンの基本動作に必要なアプリもありますので、やみくもに無効化しないことが大切です。

自分なりに調べてみてもよくかわないものは、無効化しないことをおすすめします。

それでも重いパソコンを高速化したい時はどうする?

それでも重いパソコンを高速化したい時はどうする?

それでもなおパソコンの起動や動作が重い、という場合は、ソフトを軽量で動作が軽いものにすることで、パソコンの動作速度を速くできる可能性があります。

例えば、インターネット検索機能を「インターネットエクスプローラー」から「Google Chrome(グーグルクロム)」にするだけでも動きが早くなる可能性があります。

また、ウィルスソフトの種類を変えるだけでも高速化できる可能性があります。

同様に、プリンターの起動ソフトも、印刷・スキャン等必要とする機能以外にもいろんなアプリが付属しています。この不要なアプリを削除すると、動きが早くなる可能性があります。

一度見直してみてはいかがでしょうか。

さらに、ご自身で試せることは一通り試してもなお起動が遅い、このようなときは、迷わずプロに相談しましょう。

詳しくない人が見よう見まねで操作すると、ついうっかり大事なデータまで消去してしまう危険性が非常に高いです。

例えば前述した「フォーマット(初期化)」ボタンをうっかりクリックしてしまうととんでもないことになってしまいます。

一見単独で動くように見えるアプリも実は他のアプリと連動していて、単純にこのアプリは使わないと判断してしまい削除してしまうと、肝心なものまで動かなくなる危険性があります。

無理をせず、プロに相談してみて下さいね。

パソコンが重いときは、まずディスククリーンアップやデフラグを行ってみて!

今回は、パソコンが重い原因と対処法をご紹介しました。

パソコンが重いときは、まずは簡単にできるディスククリーンアップやデフラグを行いましょう。

それ以上高度な設定ができない場合は、迷わずプロに相談することをおすすめします。

大切なデータが消えてしまわないよう、慎重に対応して下さいね。

まとめ

  1. パソコンが重くなる原因は4つある。
  2. スペックを確認、ディスクの掃除&整理、常駐アプリの無効化で高速化できる。
  3. それでも重い時は、検索機能やウイルスソフトを変更。最終的にはプロに相談!

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

インターネット設定をプロに依頼するなら

インターネット設定を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にインターネット設定の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.34

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください