【トイレ交換】料金相場やトイレ交換を失敗しないためのポイントを紹介

最近「調子が悪い…」「突然故障した…」などのトラブルを経験したことはありませんか?トイレ交換する前に、知っておきたい情報がたくさんあります。今回は、トイレ交換の時期や、気になる料金相場(本体料金・工事料金)、失敗しないポイントについて紹介します。

トイレリフォーム
更新
【トイレ交換】料金相場やトイレ交換を失敗しないためのポイントを紹介

最近トイレの「調子が悪い…」「突然故障した…」などのトラブルを経験したことはありませんか?

トイレの故障は、修理で解決する場合と、トイレ本体の交換が必要な場合があります。

トイレ交換が必要になった場合は、トイレの種類や、依頼する業者によって費用や工事内容が違います。

そこで今回は、最新トイレの特徴や、トイレ交換の料金相場や、失敗しないポイントについて紹介します。

>>プロのトイレリフォーム業者の一覧

【トイレ交換】トイレの耐用年数と交換時期の目安

【トイレ交換】トイレの耐用年数と交換時期の目安

トイレの耐用年数は15年~20年といわれていますが、トイレ交換を考えるポイントは大きく分けて3つあります。

【トイレ交換】トイレが故障したら交換の目安です!

トイレの便器は、陶器でできているものが多く、交換の必要性はほぼありません。

しかし、配管やパッキンの部品の交換、タンク内の修理は必要です。

部品は製造中止になってから10年ほどで、在庫の保有期間が終了します。

部品交換を希望しても、廃盤によりやもう得ずトイレ交換になるケースがあります。

また、修理よりも交換した方がメリットとなる場合もあります。

部品交換ですむ場合の修理費用は、8,000円~15,000円が相場です。

トイレ設置から数年しか経っていない場合は、迷わず修理をオススメします。

しかし設置から15年以上経っているトイレは、部品交換しても一時的な修理となる可能性が高く、数ヵ月~1年後にまた故障した場合は、費用が高くつくことがあります。

トイレが故障した時は、修理と交換どちらがメリットになるかを見極めることが大切です。

【トイレ交換】同居や介護など暮らしが変化した時は交換の目安です!

息子夫婦と一緒に暮らすので「トイレをキレイにしたい…」両親の介護を自宅でするので「手すりを付けたい…」など、暮らしの変化でトイレ交換を検討される人も多いです。

介護がきっかけの場合は、車いすが通れる床の段差解消や、ドア交換などのバリアフリーリフォームとなります。

【トイレ交換】快適さを求める時が交換の目安です!

トイレに美しさや快適さを求めるのも、トイレ交換を考えるきっかけの一つです。

トイレは日常で欠かすことのできない場所のため、長年の黄ばみを解消したり、不便な和式を洋式に変えたりすることで、暮らしが豊かに変わります。

【トイレ交換】トイレの本体価格や工事の料金相場

【トイレ交換】トイレの本体価格や工事の料金相場

トイレ交換の工事費用は、トイレの種類と業者によって変わります。

そこで、トイレ交換にかかる料金相場について紹介します。

【トイレ交換】トイレ本体価格

  • タンクと本体が別になっている組み合わせトイレ:20,000~40,000円
  • 一体型のトイレ…50,000~150,000円
  • タンクレス…100,000~300,000円
  • システムトイレ…200,000~400,000円

システムトイレとは、トイレ本体と手洗いや収納がセットになったトイレのことです。

【トイレ交換】工事の料金相場

  • 既存トイレ撤去費用…3000~10,000円
  • 取り付け工事費用…20,000~200,000円
  • 和式から洋式への変更工事費用…250,000~400,000円

【トイレ交換】考えられる追加工事の料金費用

  • 壁と床のリフォーム費用…30,000~100,000円
  • コンセント増設…20,000~50,000円

内装工事する時は、トイレ本体の撤去が必要です。

将来的に床や壁の張替えを検討している人は、トイレ交換のタイミングで同時にリフォームした方が費用はがおさえられます。

近年のトイレはサイズがコンパクトで、既存トイレのあとが残ることもあります。

トイレ交換する時は、床と壁の張替えも視野に入れましょう。

また、暖房便座や温水暖房便座にはコンセントが必要です。

トイレ内にコンセントが設置されていない場合は、増設工事が別途必要です。

【トイレ交換】便座交換の料金相場

トイレの便座は大きく分けて「普通型便座」「暖房便座」「温水暖房便座」の3種類あります。

便座体と取り付けにかかる費用が必要です。

  • 普通便座…3,000~50,000円
  • 暖房便座…6,000~10,000円
  • 温水暖房便座…30,000~110,000円
  • 便座交換取り付け費用…10,000~15,000円

【トイレ交換】トイレ交換を失敗しないためのポイント

【トイレ交換】トイレ交換を失敗しないためのポイント

トイレ交換で失敗しないための3つのポイントを紹介します。

【トイレ交換】業者選びを慎重にする!

トイレの排水位置や、配線の設置方法など、トイレ交換工事は複雑になることがあります。

業者は慎重に選びましょう。

工事内容や故障した時の保証の有無、アフターフォーローが大切になります。

一戸建てにお住まいの人は、新築時の施工会社に連絡するのが一番ですが、リフォーム対応していない場合もあります。

そんな時は、インターネットで評判を調べたり、トイレ交換を経験した知り合いに評判を聞いたりしましょう。

【トイレ交換】ショールームで実物を確認する!

ショールームへ行き、トイレに座った時の高さや、便座の座り心地を確認すると安心です。

トイレの色もカタログと実物が違って見えることがあるので、実際に見に行った方が想定外を防げます。

【トイレ交換】トイレ交換のDIYはおすすめできない!

トイレ交換の詳しい知識がないまま、DIYをすることはおすすめできません。

誤った配管設置してしまうと水漏れします。

自分で手をかけたトイレ交換を途中から業者に依頼すると、料金が高くつく可能性があります。

便座交換は自分で交換できますが、トイレ交換は業者に依頼しましょう

【トイレ交換】最新トイレの機能と特徴を知ろう!

【トイレ交換】最新トイレの機能と特徴を知ろう!

トイレ交換する時に迷うのがメーカーや、機種ですよね。

各メーカーの最新トイレの機能や、特徴について紹介します。

【トイレ交換】TOTOの除菌水

トイレの汚れを浮かせてしっかり流し、仕上げに除菌してくれるのでキレイが長く続きます。

便器の凹凸がなく、フチ裏もないので掃除が楽です。

除菌水は薬剤の使用ではなく、電気分解によるものなので、環境にも優しく安心安全な仕組みになっています。

【トイレ交換】LIXILの100年クリーン

便器の材質に水となじみやすいアクアセラミックを使用し、従来の陶器ではできなかった頑固な水アカや汚物もどちらも落とします。

さらにキズに強く、銀イオンの抗菌パワーで細菌の繁殖もおさえられます。

【トイレ交換】Panasonicの全自動お掃除

ミリバブルとマイクロバブル2種類の細かい泡が、便器内を掃除してくれます。

ぐるぐると渦巻き状に旋回して、勢いよく汚物を流しきるパワフル水流です。

便器に有機ガラス系の素材を使用しており、水アカや汚れが付きにくく、いつも清潔な状態が保てます。

【トイレ交換】トイレは2つ種類ある!

トイレはタンク、便器、便座が一体となった「一体型」と「タンク別型」があります。

一体型にはその名の通りタンクがない「タンクレス型」もあり近年話題です。

【トイレ交換】一体型のメリット

  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 凹凸が少なくほこりが溜まる溝がないので掃除がしやすい

【トイレ交換】一体型のデメリット

  • 故障した場合、全交換となる
  • メーカーによっては機能が決まっていることがある(欲しかった機能が付いていない場合もあり)
  • タンク別より費用が高い

【トイレ交換】タンクレスのメリット

  • タンクがないことによって空間が広くなる
  • 凹凸がない形で掃除がしやすい
  • 水道直結のため、連続で流すことが可能

【トイレ交換】タンクレスのデメリット

  • 手洗い器を付けたい場合は、別に設置する必要がある
  • ある程度の水圧が必要なので、場所によっては使用不可
  • 電気を使用しての仕組みとなっているため停電時には使えないこともある
  • (ただしメーカーによっては停電時の対策が取られているものもある)

【トイレ交換】タンク別型のメリット

  • 故障した場合、壊れた部分だけの修理が可能
  • 「タンク」「便座」「便器」とそれぞれ好きなパーツを選べる
  • 必要最小限の機能を選べるためコストを抑えることが可能

【トイレ交換】タンク別型のデメリット

  • パーツとパーツの間に溝があるためにほこりが溜まりやすい
  • スタイリッシュさには欠けるため、おしゃれな空間になりにくい
  • タンクがある分、空間が狭いと圧迫感を感じる

【トイレ交換】トイレ交換する時の工事の流れと工期

【トイレ交換】トイレ交換する時の工事の流れと工期

トイレ交換する工事の流れと、工事に必要な日数について紹介します。

トイレ交換する工事の流れ

  • トイレの壁や床を養生する
  • 既存便器を取り外して撤去する
  • 必要に応じて給排水工事する
  • 壁や床の内装工事する
  • 新しいトイレを設置して動作確認する
  • 取り扱い説明して引き渡しする

トイレ交換の工期

  • トイレの便座交換のみ…2時間
  • トイレ本体の工事…半日
  • 壁と床の張替えもする場合…1日~2日
  • 和式から洋式への工事…2~5日

トイレ交換はプロの業者に依頼しよう!

今回は、最新トイレの特徴や、トイレ交換の料金相場や、失敗しないポイントについて紹介しました。

トイレは暮らしの変化や、快適さを求めるなどのきっかけから、トイレ交換を検討する時期がやってきます。

突然の変化に慌てることがないよう、トイレ工事に関する近年の傾向や製品の特徴を知っておくと安心ですね。

まとめ

  1. トイレ交換は、耐用年数による寿命以外にも、急な故障、同居や介護などの暮らしの変化によって検討が必要です
  2. トイレ交換にかかる費用は、トイレの種類と業者によって異なる
  3. 最新トイレの機能と特徴を確認して、気になるものをショールームに見に行こう
  4. トイレ交換工事の流れや工期を参考に、予定を見ながら業者に相談しよう

トイレリフォーム業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレリフォームをプロに依頼するなら

トイレリフォームを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にトイレリフォームの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事