IHクッキングヒーターの取り付け・交換
更新日:2020/04/01

【IHクッキングヒーターの取り付け】IHクッキングヒーター交換と取り付け方法

【IHクッキングヒーターの取り付け】IHクッキングヒーター交換と取り付け方法

IHクッキングヒーター取り付け・交換は条件が揃えば自分で行うことも可能です。用意するものも少なく、時間も1時間以内で作業できますよ。重量があるので大人2人がかりでするのがいいですね。今回は、IHクッキングヒーター取り付け・交換について紹介します。

ガスコンロよりも圧倒的に掃除が楽なのが、IHクッキングヒーターです

IHクッキングヒーターのメリットは掃除だけではなく、他にも嬉しいメリットがたくさんあります。

あなたの家のキッチンをこのIHクッキングヒーターに変えたいと考えた時に、自分で取り付けができるのか、業者に依頼するしか方法はないのか気になりますよね?

また、今使っているIHクッキングヒーターが古くなり、交換したい時も「自分で交換できるならしたい」と思う人も多いのではないでしょうか?

素人には難しそうなイメージがありますが、手順さえ分かれば自分で取り付けや交換できます。

そこで今回は、IHクッキングヒーターのメリットや、IHクッキングヒーターの取り付けや交換方法について紹介します。

>>プロのIHクッキングヒーターの取り付け・交換業者の一覧

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターの5つのメリット

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターの5つのメリット

IHクッキングヒーターの取り付けや、交換方法を紹介する前に、IHクッキングヒーターを使う5つのメリットを知っておきましょう。

【IHクッキングヒーター】火を使わないから子供やお年寄りも安心です!

火を使うガスコンロでは火事が心配ですが、IHクッキングヒーターは火ではなく電気を使用しているので火事の心配はありません。

そのため、小さい子供やお年寄りがいる家庭でも安心して使えます。

また、切り忘れ安全防止機能もついているので安心です。

【IHクッキングヒーター】暑い夏でも料理が快適にできる!

ガスコンロでは火を使うので、夏場のキッチンは暑くなります。

IHクッキングヒーターは、電気を使用しているので周囲の温度が上がりにくいのが特徴です。

熱気がキッチンに上がりにくいため、長い時間キッチンにいても快適に調理ができますよ。

【IHクッキングヒーター】手入れが簡単で掃除が楽です!

ガスコンロは凹凸が多く、お手入れが大変ですよね。

年末の大掃除で焦げ付いた五徳に「半泣き…」という目にあった人も多いのではないでしょうか?

IHクッキングヒーターならガラスの天板になっているため、天板をサッと拭くだけで簡単にお手入れができます。

家事の時間を短縮できるのは嬉しいですね。

【IHクッキングヒーター】キッチンが汚れにくい!

ガスコンロの場合は火を使うため油が飛び跳ねやすく、換気扇や壁などが汚れやすくなります。

IHクッキングヒーターなら加熱したときに上昇気流が発生しづらく、揚げ物をしても油が飛び散りにくいです。

そのため、ガスコンロよりも換気扇や壁の汚れが少なく、キッチン全体の掃除が圧倒的に楽になります。

【IHクッキングヒーター】光熱費を節約できる!

IHクッキングヒーターを使うと、スピーディーに調理ができるので光熱費を削減できます。

1ヵ月の光熱費がプロパンガスの場合は1,800円程度、都市ガスの場合は1,300円程度、IHクッキングヒーターの場合は1,000円程度です。

IHクッキングヒーターを使う方が、光熱費はお得です。

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターの役立つ機能

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターの役立つ機能

IHクッキングヒーターの取り付けを検討している人は、料理をする際に役立つ機能も知っておきたいですよね?

主婦(主夫)さんに嬉しい3つの機能について紹介します。

【IHクッキングヒーター】焼き物が美味しく仕上がる!

IHクッキングヒーターは、なべ底の温度を感知して温度を一定に保ちます。

温度はカステラだと140℃、ハッシュドポテトは180℃、サーモンムニエルは200℃など調理する料理によって温度が変わります。

ホットケーキも中までキレイに焼けるので、美味しく仕上がります。

【IHクッキングヒーター】煮込み料理など効率よく料理ができる!

IHクッキングヒーターには、なべ底のこげつきを抑制する機能があり、煮物に合わせたかき混ぜ効果で美味しく作れます。

ちょこちょこお鍋の様子を気にしなくていいので、煮込んでいる間にサラダを仕上げたりと効率よく料理ができるのも嬉しいですね。

【IHクッキングヒーター】焼き魚も手軽に調理できる!

IHクッキングヒーターで焼き魚を作る時は、裏返しや水張り不要で簡単に美味しい焼き魚ができます。

面倒なイメージの焼き魚が簡単にできると和食も楽しめますね。

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターの選び方

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターの選び方

IHクッキングヒーターを購入する時は、どんな機能を優先するかはご家庭によって様々です。

選び方のポイントを知っておくと、長時間迷わなくてすみますよ。

【IHクッキングヒーター】キッチンに合ったIHシステムキッチンを選ぶ!

システムキッチンに埋め込むタイプの「ビルトイン型」と、コンロに置くだけで使える「据え置き型」の2種類あります。

据え置き型はガスコンロだけをIHクッキングヒーターに交換したいという人にオススメです。

【IHクッキングヒーター】料理のスタイルや家族の人数に合わせて決める!

IHクッキングヒーターは料理するスタイルや、家族の人数によって以下の3種類から選べます。

  • IHクッキングヒーター…火を使わずに素早く調理できる
  • オールメタル…すべての金属の調理器具で調理することが可能です
  • ラジエントヒーター…IH非対応の調理器具で調理できる

【IHクッキングヒーター】天井、天板のサイズに合わせる!

新しいIHクッキングヒーターを購入する前に、天井、天板のサイズを測ることが大切です。

  • ワイドタイプ…大きな鍋やフライパンを使って調理したい方向け (75cmがおすすめ)
  • コンパクトタイプ…調理台を広く使いたい方におすすめ

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターを取り付ける方法

【IHクッキングヒーター】IHクッキングヒーターを取り付ける方法

冒頭で説明したとおり、難しそうに思えるIHクッキングヒーターの取り付けや交換ですが、素人でもできます。

用意するもの

必須
新しいIHクッキングヒーター
プラスドライバー
マイナスドライバー
ガムテープ
メジャー

作業の前に、購入したIHクッキングヒーターのサイズに誤りがないか、メジャーで測っておきましょう。

交換の場合は、設定しているIHクッキングヒーターの取り外しから始めます。

古いIHクッキングヒーターを取り外す方法

1

IHクッキングヒーターのブレーカーを落とす

IHクッキングヒーターのブレーカーを落として、コンセントも抜く。

2

IHクッキングヒーターの排気カバーを外す

天板奥の排気カバーを外して、前にある調整ルーバーを取る。

3

IHクッキングヒーターを固定している箇所を緩める

ドライバーを使って手前と奥にある固定器具を緩める。

4

IHクッキングヒーターの縁のパッキンを外す

IHクッキングヒーターの縁にあるパッキンを切って外す。

5

IHクッキングヒーター本体を取り外す

IHクッキングヒーター本体を持ちあげて外して完了。

無事に外せたら取り付け穴が現れるので、そこに新しいIHクッキングヒーターを取り付けます。

重量があるので、1人での作業は難しいかもしれません。
できれば2人で作業しましょう。

新しいIHクッキングヒーターを取り付ける方法

1

天板に傷がつかないように布を巻いて保護する

手前にある天板に傷がつかないように布を巻いて保護する。

2

新しいIHクッキングヒーターをはめ込む

コンセントが引っかからないよう注意しながら、取り付け穴に新しいIHクッキングヒーターをはめ込む。

3

部品やネジを使って前面のパネルを固定する

固定部分を部品で締めて、前面のパネルもねじで固定する。

4

コンセント、ブレーカーを元に戻す

コンセントを刺し、ブレーカーを元に戻す。源スイッチを入れて、試運転して問題がないか確認して完了。

IHクッキングヒーターの取り付けや、交換は全体で40~50分でできます。

自分でできれば、工事費が節約できて嬉しいですね。

【IHクッキングヒーター】ガスコンロからIHへ変更は工事が必要

【IHクッキングヒーター】ガスコンロからIHへ変更は工事が必要

ガスコンロからIHクッキングヒーターの取り付けや、交換する場合は電気工事が必要です。

ただし、家庭のブレーカーが200V以下の場合は工事ができないので注意しましょう。

200Vあるかの確認は、分電盤を開けてアンペアブレーカーの導線が3本(赤、白、黒)あるか確認できれば大丈夫です。

3本の導線と、IHクッキングヒーター用のブレーカーがあるか確認して、200V30A表記されていればIHクッキングヒーターの取り付けができます。

IHクッキングヒーターは安い物であれば 35,000円から、高いものであれば400,000円するものもあります。

先ほど紹介したとおり、購入の際はコンロに置くだけで使える据え置き型であれば取り付けが簡単です。

電気工事費を含めた相場料金は、80,000円~300,000円程度でIHクッキングヒーターに交換できます。

インターネットから専門業者に無料で見積もりができるので、数社に見積もりをして条件や予算に合った業者に依頼しましょう。

自分でIHクッキングヒーターの取り付けできないら業者に依頼しよう!

今回は、IHクッキングヒーターのメリットや、IHクッキングヒーターの取り付けや交換方法について紹介しました。

IHクッキングヒーターは火を使わずに調理ができるので安心、安全に使えるだけでなく、光熱費もお得になるのでオススメです。

お手入れも簡単で調理も手間をかけずにできるため、忙しい人こそIHクッキングヒーターで家事のストレスを減らせると嬉しいですね。

まとめ

  1. IHクッキングヒーターは家事や家計に大助かりのメリットがたくさんある
  2. IHクッキングヒーターには「ビルトイン型」と「据え置き型」がある
  3. IHクッキングヒーターを選ぶ時は、人数や天井、天板のサイズに合わせるのがポイント
  4. 自分でIHクッキングヒーターの取り付け・交換をすることも可能です
  5. ガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換は専門業者の工事が必要です

IHクッキングヒーターの取り付け・交換業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

IHクッキングヒーターの取り付け・交換をプロに依頼するなら

IHクッキングヒーターの取り付け・交換を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にIHクッキングヒーターの取り付け・交換の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
53 投票, 平均点: 3.77

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください