最終更新日:

【窓の防犯対策】空き巣被害に合わないために窓の防犯対策しよう!

空き巣に狙われないためには、窓の防犯対策が欠かせません。内側の鍵をかけるだけでは完璧とはいえません。市販の防犯グッズを使ったり、物置などの配置を考える必要があります。あなたの家を狙ってくる空き巣に「この家は難しそうだ」と思わせる窓の防犯対策しましょう。

【窓の防犯対策】空き巣被害に合わないために窓の防犯対策しよう!

自宅の防犯対策、どこまでしていますか?

玄関や勝手口は意識しても、窓はあまり意識されていない人も多いのではないでしょうか?

空き巣は、窓から侵入することが多いですよね。

空き巣に入られないためには、窓の防犯対策がとても大切です。

そこで今回は、窓を防犯するグッズや、空き巣に対する防犯対策について紹介します。

安心して暮らせる住まい作りにお役立てください。

>>プロの窓の防犯業者の一覧

【窓の防犯】空き巣の3つの侵入手口を知ろう!

【窓の防犯】空き巣の3つの侵入手口を知ろう!

空き巣は、戸締りしていない窓や出入り口を探して侵入することもありますが、戸締りしてある窓から侵入することもあります。

物音をあまり立てずに、しかも簡単に窓ガラスを割れる方法を心得ているためです。

窓からの侵入は、6割にものぼるといわれています。

具体的な3つの侵入手口について紹介します。

【窓の防犯】こじ破り

窓の枠とガラスの間にドライバーをこじ入れて、ガラスにヒビを入れます。

これを繰り返し、3箇程度ガラスにひびを入れるだけで、簡単にガラスに穴が開いてしまうのです。

ガラスに穴が開けば、窓のクレセント錠を解錠されてしまいます。

【窓の防犯】焼き破り

窓ガラスをガスバーナーで熱します。

熱くなったガラスに水をかけると、急激な温度変化に耐えられないガラスは割れてしまいます。

【窓の防犯】突き破り

先のとがったアイスピックなどでクレセント錠付近のガラスに小さな穴を開け、そのままアイスピックを差し込んで、クレセント錠を突き倒します。

【窓の防犯】窓を防犯対策する3つのポイント

【窓の防犯】窓を防犯対策する3つのポイント

いくら物音をあまり立てずに侵入する方法を知っているとはいえ、空き巣も手あたり次第に侵入する訳ではありません。

捕まっては元も子もないため、空き巣に入りやすい家を日々探しています。

そう、空き巣は必ず下見しています。

  • どの家が時間をかけずに侵入できるのか?
  • どこから目立たずに侵入できるのか?
  • 逃走経路は確保できるか?

例えば、庭木や塀、物置などの位置次第で、足場にできてしまいますよね。

また、窓の様子が外から見えにくいと、空き巣に狙われてしまう可能性が高まります。

下見の時点で、空き巣に「この家は難しそうだ…」と感じさせることが肝心ですね。

そう感じさせるための重要ポイントは「時間」「音」「人の目」です。

このことから、家をもう一度よく見直しましょう。

  • 侵入するのに時間がかかる
  • 侵入したら音がする
  • 人の目につきやすい

【窓の防犯】空き巣が侵入しにくくなるグッズ

【窓の防犯】空き巣が侵入しにくくなるグッズ

侵入するのに時間がかかる窓とは、具体的にどんな窓なのでしょうか?

具体的にできる6つの窓の防犯対策について紹介します。

【窓の防犯】補助錠を設置する

一般的には、窓の鍵はクレセント1つだけです。

補助錠を付ければ、それだけ侵入するのに時間がかかります。

窓の上部、下部に補助錠を付けましょう。

また、クレセントが開けられないように、クレセント自体に取り付ける鍵もあります。

【窓の防犯】防犯フィルムを貼る

簡単に窓ガラスを切ったり、割ったりできないように、窓ガラスに防犯フィルムを貼りましょう。

【窓の防犯】ロック付きのクレセントにする

窓の交換が必要になりますが、ロック付きのクレセントはおすすめです。

クレセント自体に、鍵穴式の鍵や、ダイヤル式の鍵が付いているため、侵入時間を稼げます。

【窓の防犯】二重窓を取り付ける

鍵の数を増やすのももちろんですが、窓の数を増やすという方法もあります。

二重窓にすれば、侵入するのに倍の時間がかかり、空き巣に嫌がられるでしょう。

また、二重窓にすれば、防犯対策の他、騒音の緩和や断熱効果なども期待できます。

【窓の防犯】防犯ガラスにする

二枚のガラスの間に、防犯用の特殊なフィルムが挟んである防犯ガラスは、なかなか割れません。

【窓の防犯】シャッターや雨戸、面格子を取り付ける

大きな窓ならシャッターや雨戸、小さな窓なら面格子を取り付けて、窓を守るという手もあります。

【窓の防犯】音で空き巣の侵入を検知するグッズ

【窓の防犯】音で空き巣の侵入を検知するグッズ

大きな音を発する窓の防犯ブザーを取り付けると防犯対策になります。

防犯ブザーにも種類があります。

  • 窓の開閉を感知してブザーが鳴るタイプ
  • 窓の振動や衝撃を感知してブザーが鳴るタイプ
  • 開閉、衝撃両方を検知するタイプ

自分で簡単に取り付けられる商品も販売されているので、設置を検討してみましょう。

また、不審者が侵入したことを検知する赤外線センサーを、室内や屋内に設置する方法もあります。

赤外線センサーは、不審者の侵入を音や光で威嚇するものです。

空き巣を抑止する効果が期待できます。

防犯ブサーと1台2役してくれる商品も販売されています。

さらには防犯カメラを取り付けて、画像をスマホなどで確認できます。

いずれにしても、空き巣や不審者の侵入を早めに検知することが大切です。

家周りの防犯対策として、門扉やフェンス、物置などのエクステリアで、簡単に侵入させないことも重要なことです。

しかし、配置次第で死角ができてしまうため注意が必要です。

窓や出入口のドアが死角になると、空き巣にとっては好都合になってしまいます。

できるだけ人から見えるようにしましょう。

家の窓とエクステリアの配置を再度見直してみて下さいね。

窓の防犯についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、窓を防犯するグッズや、空き巣に対する防犯対策について紹介しました。

防犯意識を高めて、空き巣に狙われない環境を作りましょう。

市販のグッズは、比較的お値段もかからないので、積極的に利用してみて下さい。

家族で話し合ったり、専門家の意見を参考に防犯や防災から身をまもる対策しいたいですね。

まとめ

  1. 空き巣の6割は窓から侵入です。今すぐ窓の防犯対策しよう
  2. 「これは侵入不可能…」と思わせる重要ポイントは時間、音、人の目の3つです
  3. 手軽に買える窓用の防犯グッズが、たくさんあるので利用してみよう

窓の防犯業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

窓の防犯ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った窓の防犯の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

記事を探す