庭木の剪定(手作業)
更新日:2019/04/19

月桂樹はどうやって育てるの?効能や利用方法も合わせてご紹介!

月桂樹はどうやって育てるの?効能や利用方法も合わせてご紹介!

私たちの食卓で大活躍の月桂樹(ローリエ)は、自宅の庭でも育てることができます。日陰や狭い場所でも育てやすく、幅広い世代の方に人気です。大きくなると、樹高5m~10m以上に成長し、剪定が必要です。今回は、月桂樹(ローリエ)の育て方や効能などをご紹介。

お魚やお肉の臭み消し、香辛料などとして使える月桂樹(ローリエ)は、色々な用途で使えるので、お家で育てられたら嬉しくありませんか?

月桂樹(ローリエ)は、適切な方法で植え付けや、剪定すれば、お家でも育てられますよ。

植え付けや、剪定に適切な時期や、正しい育て方を知っておくだけで、自分でも月桂樹の栽培ができます。

  • モップ
    モップ
    この記事でわかること
    • 月桂樹(ローリエ)の植え付け方法
    • 月桂樹(ローリエ)の剪定方法
    • 月桂樹(ローリエ)の効能や、使い方

今回は、自分でできる月桂樹(ローリエ)の植え付け方法や、剪定方法について詳しく紹介します。
月桂樹の効能や、利用方法についても合わせて紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

月桂樹(ローリエ)とは?

月桂樹(ローリエ)とは?

月桂樹(ローリエ)は、地中海原産のクスノキ科の常緑樹です。
常緑樹なので、一年中緑を絶やしません。

月桂樹(ローリエ)は、雄と雌の木があり、雄の場合は黄色い花、雌の場合は白い花が咲きます。

大きくなると、樹高5m~10m以上に成長します。

日陰になりやすい場所でも育てられたり、狭い場所でも育てやすので、家のシンボルツリーに選ばれる方も多いです。

月桂樹(ローリエ)は、フランス語だとローリエ、英名だとローレルまたはベイリーフ、ベイリーブスとも呼ばれ、香辛料として広く流通しています。

ローリエはスーパーの香辛料コーナーでよく売られているので、ローリエと聞くとピンとくる方も多いでしょう。
カレーやシチューなどの煮込み料理にもよく使われていますよね。

「月桂樹は、葉っぱを料理に使えるのがいい!」と、幅広い世代の方に人気があります。

また、中国では、リウマチや関節炎などに効く漢方薬として使われています。

月桂樹(ローリエ)の購入方法

月桂樹(ローリエ)の購入方法

月桂樹(ローリエ)は、生垣や、庭木としてよく見られます。
また、ハーブの一種でもあり、葉は調味料になり重宝されてます。

月桂樹(ローリエ)を購入するには、苗で購入が一般的です。
一番小さいサイズだと、3号サイズ(9cm)のポット苗として販売されています。

LAND PLANTS 月桂樹(ゲッケイジュ) 4号サイズ
LAND PLANTS
売り上げランキング: 282,113

月桂樹(ローリエ)は、雄と雌の木があり、流通しているのは雄がほとんどです。
園芸店で雄花、雌花として区別して販売されることは、ほぼないです。

月桂樹(ローリエ)のように、雄と雌があるのは、イチョウなども雄と雌があります。

月桂樹(ローリエ)の植え付け方法

月桂樹(ローリエ)の植え付け方法

月桂樹(ローリエ)は、鉢植えでも地植えでも大丈夫です。
なので、お好きな植え付け方法を選ぶましょう。

鉢植えの場合

鉢植えの植え付けは、環境のいい時期(真夏と真冬以外)ならいつでも可能です。

用意するもの
  • 赤玉土
  • 腐葉土
  • 鉢底石
  • 月桂樹(ローリエ)

手順1. 土を用意する

赤玉土と腐葉土を配合し土を使ったり、市販の培養土を用意する。

手順2. 鉢を用意する

鉢を選ぶ際は、苗よりも一回り大きいものを選びます。大きすぎる鉢を選ぶと、土の量に比べて根が少ない状態になり、根腐れしやすくなるので要注意です。

手順3. 鉢に順番に入れていく

鉢の底に、鉢底石、土の順に入れ、苗の根を軽くほぐしてから植える。

月桂樹が成長して植え替えする場合は、4~5月頃がベストです。
その際は、根を傷付けてしまわないよう注意しましょう。

地植えの場合

地植えの植え付けは、春と秋がオススメです。

手順1.植え替える場所を決める

地植えの場合は、植え替えることがないので、植える場所はよく考える。できれば、日当たりが良く、強い風が当たらないような場所がいいですね。

手順2. 月桂樹を植える

月桂樹の種類によっては大きく成長するものもあるので、どのくらい成長するかを事前に確認して、周りの木とのバランスを考えながら植えることをオススメします。
余分な枝葉をカットしてから植えることで、水分の蒸発を抑えられて、早く根付くようになります。

月桂樹(ローリエ)の剪定方法

月桂樹(ローリエ)の剪定方法

月桂樹(ローリエ)の剪定は、3月~4月上旬頃、10月~11月頃にするのが最適です。

しかし、やむをえない場合は、真夏と真冬以外はいつでも剪定可能です。
具体的な剪定方法は、以下の通りです。

用意するもの
  • 剪定バサミ

手順1. 高さを調節する

月桂樹は横に広がりにくい植物ですが、そのままにしておくと樹高が高くなります。もし、樹高が高くなっていたら、伸びている枝の付け根まで切りましょう。そうすることで、月桂樹をお好みの高さに調節できます。

手順2. 不要な枝を切る

枝や葉が込み合ってくると、日当たりや風通しが悪くなり、木の元気がなくなったり、病害虫が増えたりします。ですから、太くて長すぎる枝や交差する枝、重なり合っている枝などを切って、スッキリさせましょう。

手順3. 新芽を切る

6月頃になったら新芽が生えてきます。その時に新芽を切ると、月桂樹の成長を抑えられます。樹高が高くなりすぎるのを防げるので、樹高が気になる方にはオススメの方法です。

定期的に間引き剪定すると、よりキレイに生長します。

間引き剪定とは、混み合ってきた枝や、枯れてきた枝を根元から取り除くことをいい、月桂樹の樹形を保つためには欠かせない作業です。

剪定は難しそうなイメージがありますが、何度か剪定することでコツをつかめます。
最初は不安に感じるかもしれませんが、1度挑戦してみるといいですよ。

月桂樹(ローリエ)の栽培

月桂樹(ローリエ)の栽培

月桂樹(ローリエ)の栽培環境

日当たりのよい場所を好みますが、明るい日陰でも育ちます。
もともと月桂樹(ローリエ)は地中海が原産の植物のため、極端に寒い地域で地植えにすることは難しいかもしれません。

月桂樹(ローリエ)の水やり

地植えの月桂樹(ローリエ)は、植え付けてから根付くまでは水やりが必要ですが、確実に根付いてからは水やりは必要ありません。

鉢植えの月桂樹(ローリエ)は、乾いたらたっぷりとを目安に水やりをします。
基本的には、月桂樹(ローリエ)は乾燥に強い植物です。

月桂樹(ローリエ)の肥料

2月に寒肥えとして、有機肥料を株元から少し離れた場所に穴を掘り埋めておきます。
鉢植えの月桂樹(ローリエ)は、固形肥料を株元にばらまきします。

ハイポネックス マグァンプK 中粒 600g
ハイポネックス
売り上げランキング: 238

月桂樹(ローリエ)の効能

月桂樹(ローリエ)の効能

消化促進

月桂樹(ローリエ)には消化を促進する作用があり、胃腸の不調に効果があります。
そのため、昔から生薬として使われてきました。

弱った胃を整えて消化を助けるので、食欲不振の改善にも効果的です。
また、肝臓や腎臓の働きをよくする効果もあります。

抗酸化作用

オイゲノールという香り成分には抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑え、細胞を修復します。

そうすることで、免疫効果が高まり、がんや動脈硬化などの体のトラブルを防ぎます。
体の様々な不調を予防するのに効果的なので、老若男女問わず、摂取することをオススメします。

炎症を抑える

月桂樹(ローリエ)は、穏やかな麻酔作用があるといわれています。
炎症を抑え、痛みをやわらげる効果があり、関節痛やリウマチ、生理痛、神経痛などを緩和させてくれます。

月桂樹には関節炎の薬などに配合されているパルテノリドという成分が含まれているので、葉を湿布のように貼るだけで、痛みがやわらぐこともあります。

また、料理に月桂樹を使って摂取しても、同じ効果を得られます。

皮膚トラブルの緩和

シオネールという香り成分には、血の巡りをよくする効果があります。

血の巡りを整えることで冷え性を改善し、肌トラブルを緩和させます。
また、頭皮の血の巡りがよくなることで、抜け毛予防にもなるでしょう。

月桂樹(ローリエ)の利用法

月桂樹(ローリエ)の利用法

料理に使う

お肉やお魚の臭み消し、香辛料として使えます。
カレーやシチュー、煮込み料理には、月桂樹の葉を2~3枚入れて煮込むと、とてもよい香りになりますよ。

また、乾燥した葉か生の葉を使うか悩んだ時は、乾燥した葉をオススメします。
苦みが控えめなので、料理に使いやすいです。

薬用として使う

月桂樹の生の葉をお風呂に入れると、様々な効果が期待できます。

神経痛や肩こりの改善、疲労回復、冷え性解消にいいですよ。
また、体の痛みが気になる場所に葉を貼って、湿布のように使うのも1つの方法です。

お茶として使う

乾燥した月桂樹の葉をミルで挽くことで、茶葉として利用することも可能です。
ミルがない場合は、はさみで葉に切り込みを入れれば大丈夫です。

1日2杯を目安に、食間や疲れた時に飲むのがオススメです。
シナモンやミルクなどを入れて、アレンジして楽しむのもいいですよ。

リースやスワッグにする

月桂樹(ローリエ)の葉や枝は、スワッグや、リースの花材として使えます。
スワッグやリースにすることで、インテリアとして楽しめるのはいいですよね。

インターネットや様々な本に作り方が載っているので、月桂樹(ローリエ)の葉が余った時は是非スワッグやリース作りに挑戦してみてくださいね。

まとめ

今回は、自分でできる月桂樹(ローリエ)の植え付け方法や、剪定方法について紹介しました。

  • 月桂樹(ローリエ)とは?
  • 月桂樹(ローリエ)の購入方法
  • 月桂樹(ローリエ)の植え付け方法
  • 月桂樹(ローリエ)の剪定方法
  • 月桂樹(ローリエ)の栽培
  • 月桂樹(ローリエ)の効能
  • 月桂樹(ローリエ)の利用法
  • まとめ

仕事や家事などで忙しかったり、自分で月桂樹の植え付け・剪定をするのが不安だったりする時もあります。

そんな時は、その道のプロである専門業者にお願いするといいでしょう。
適切な方法で植え付け・剪定をしてもらえるので、大切な月桂樹を長く栽培できます。

また、準備や後片付けもお願いできるので、忙しい方にとっては助かりますよね。

庭木の剪定(手作業)をプロに依頼するなら

庭木の剪定(手作業)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に庭木の剪定(手作業)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
1 投票, 平均点: 5.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事