最終更新日:

起動時にアプリが実行させれる!win10のスタートアップをアプリで設定する方法

win10のスタートアップにアプリを登録すると「アプリを自動で開ける」「時間の節約にもなる」という2つのメリットがあります。今回は、win10のスタートアップ設定方法や注意点を詳しく紹介します。意外に簡単なので、ぜひトライしてみて下さいね。

起動時にアプリが実行させれる!win10のスタートアップをアプリで設定する方法

win10スタートアップをアプリ登録するメリット

win10スタートアップをアプリ登録するメリット
win10スタートアップをアプリ登録するメリット

win10のスタートアップにアプリを登録すると「アプリを自動で開ける」「時間の節約になる」という2つのメリットがあります。

アプリを自動で開ける

スタートアップにアプリを登録するとWin10を起動した時に、自動的に好きなアプリ(例えばブラウザやメールソフト、付箋ソフトやバックアップソフトなど)を起動してくれます。

パソコンの起動とともに作業を始められるので、忙しいビジネスマンや在宅で仕事する主婦の人にはとっては助かります。

時間の節約になる

アプリを探して開く場合は時間がかかったり、個別にアプリを起動するのが面倒に感じたりします。win10スタートアップにアプリを登録しておけば自動でアプリを起動してくれるので、使いたいアプリを探して開くという作業する必要がなくなります。

時間の節約にもなるのでパソコン(win10)を使用する頻度が高い人は、スタートアップを活用するといいでしょう。

win10スタートアップのフォルダの場所はどこ?

win10スタートアップのフォルダの場所はどこ?
win10スタートアップのフォルダの場所はどこ?

Win10のスタートアップを設定するためにはフォルダを開く必要があります。

「Windows10」のスタートアップフォルダの場所は「Windows7」や「Windows 8」と同じ場所です。

フォルダの場所

  • C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
  • %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
  • (全ユーザー共通のフォルダの場合)C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

「AppData」フォルダは隠しフォルダになっています。クリックしてフォルダの場所を見つけるには、隠しフォルダを表示設定する必要があります。

エクスプローラーに以下の文字列をコピーアンドペーストしても(win10)スタートアップフォルダを開けます。こちらの手順の方がスマートに開けます。

文字列

  • shell:startup
  • (全ユーザー共通のフォルダの場合)shell:common startup

スタートアップフォルダの場所を頭に入れておくと、設定がスムーズにできます。

win10スタートアップの設定したい人は、試しに一度フォルダを開いてみるといいでしょう。

win10スタートアップのアプリを登録する方法

win10スタートアップのアプリを登録する方法
win10スタートアップのアプリを登録する方法

win10スタートアップにアプリを登録するのは難しそうなイメージがありますが、手順を踏んで行えば自分でもできます。

1

登録したいアプリのショートカットをデスクトップに置く

Win10の起動と同時に立ち上げたいアプリのショートカットをデスクトップに置きます。アプリだけでなく文書や、画像ファイルなどのショートカットでも大丈夫です。

2

win10スタートアップフォルダを開く

アプリのショートカットをデスクトップに置いたら、win10スタートアップフォルダを開きます。登録したいアプリがユーザーごとに違う場合は、ユーザー個人のスタートアップフォルダを開きます。全ユーザーが同じアプリを登録したい場合は、全ユーザー共通のwin10スタートアップフォルダを開きましょう。

3

アプリをwin10スタートアップフォルダに移動する

デスクトップに置いたアプリのショートカットを、win10スタートアップフォルダに移動します。この時、本体ファイルをスタートアップフォルダに移動してしまうと、システムの巻き戻りなどでファイルのデータが消えてしまう可能性があります。win10スタートアップフォルダに移動する時は、必ずショートカットを移動させるようにしましょう。

これでwin10スタートアップのアプリを登録できます。実際にできるかどうか確認する場合はサインアウト、サインインしてみましょう。または再起動してwin10の起動と同時にアプリが立ち上がるかどうか確認してみましょう。

win10スタートアップのアプリを無効化する方法

win10スタートアップのアプリを無効化する方法
win10スタートアップのアプリを無効化する方法

win10のスタートアップの必要がなくなったアプリは以下の方法で無効化できます。

1

タスクバーからタスクマネージャーを開く

タスクバーにマウスカーソルをもっていきます。そこで右クリックするとメニューが表示されるので「タスクマネージャー」をクリックして開きます。

2

タスクマネージャーからスタートアップを開く

タスクマネージャーを開いたら「スタートアップ」のタブをクリックします。スタートアップに登録されているアプリが表示されます。

3

無効化したいアプリの状態を無効に切り替える

win10の起動と同時に立ち上げる必要がなくなったアプリを選び、状態を「有効」から「無効」に変更します。アプリを再び自動起動したい場合は状態を「有効」に戻せばOKです。「有効」「無効」を切り替えることが可能なので、一時的にスタートアップを無効化したい時はとても便利です。

アプリが必要なくなったから「win10のスタートアップからアプリを削除したい!」という場合もありますよね。そんな時は無効化するのではなくwin10スタートアップフォルダのショートカットを削除しましょう。

不要になったアプリを削除することでパソコンの起動がよりスムーズになったり、気持ちがスッキリしたりします。

スタートアップのアプリを登録しすぎはダメ!?

スタートアップのアプリを登録しすぎはダメ!?
スタートアップのアプリを登録しすぎはダメ!?

スタートアップにアプリを登録するとwin10起動と同時に自動でアプリが立ち上がるのでとても便利です。便利なのでスタートアップに色々なアプリを登録したいと思いますが、スタートアップにアプリを登録しすぎるのはあまりよくありません。

たくさんのアプリを登録するとwin10の起動が遅くなったり、パソコンの作業速度が遅くなったりします。スムーズに作業するためのスタートアップなのに、起動や作業速度が遅くなるのは困ります。

スタートアップを上手に活用するには、起動時に立ち上げる必要がないアプリはすぐに削除するといいでしょう。使わないアプリは無効化ではなく、しっかりと削除することが大切です。

快適にwin10を使うためにも定期的にスタートアップのアプリを見直すことをオススメします。

スタートアップの設定が難しい時は業者に依頼できる

今回はwin10のスタートアップを設定する方法や、無効化する方法について紹介しました。しっかりと手順を踏んですれば自分でもできます。

パソコンの設定が難しいと感じたり、自分でスタートアップを設定する時間がない時は専門業者に依頼するといいでしょう。専門業者はその道のプロなので、安心して依頼できます。「誤って大切なソフトを削除してしまった…」「パソコンが動かなくなった…」というトラブルも防げますよ。

まとめ

  1. win10のスタートアップにアプリを設定すると自動で開けてラク!時間の節約になる
  2. win10のスタートアップアプリを登録のしすぎはパソコンが遅くなる可能性がある
  3. 使わないアプリは無効化し必要なアプリのみ設定しよう

関連記事

パソコン設定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

パソコン設定ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったパソコン設定の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す