家の表情を決める!エクステリア工事で重要な門扉選びをプロが伝授

あなたの自宅の顔ともいえる門扉選び。どのようなものを設置するべきか、とても悩みますよね。今回は、素材・デザイン・価格だけではない「門扉選び」に欠かせないポイントをエクステリア工事のプロがわかりやすくお教えします。安心できる業者選びのコツも伝授します

更新日:2018/09/21
 
家の表情を決める!エクステリア工事で重要な門扉選びをプロが伝授

あなたの自宅の表の顔ともいえる「門扉選び」
どのようなものを設置すべきか、お悩みではありませんか?

素材・デザイン・価格だけではない、門扉選びに欠かせない重要なポイントがあります。また、業者選びのことも気になりますよね。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    はじめまして。プロの技で、あなたを笑顔に!を本気で目指しているほっとクンと申します! 今回はエクステリア工事の中でも、特に「門扉選び」で困っている人の助けになりたいと思っています!

今回は、エクステリア工事のプロが「門扉の選び方や設置の費用」について、わかりやすくお教えします!

門扉にはさまさまな種類がある

門扉にはさまさまな種類がある
  • こまるちゃん
    こまる

    自宅に門扉を設置したいんだけど、わからないことだらけ~。


  • ほっとくん

    どんな種類の門扉にするかを決める為に、まずは種類を見ていこう!

ご自宅のエクステリア工事の中で、玄関前の表情を決めるとても重要なのが「門扉」です。

  • カーポートの前に設置する伸び縮みするフェンス
  • 高級な邸宅の門構えを彩る門戸(もんこ)
  • 外回りのフェンスと一体化した開き戸

など、そのバリエーションは多岐にわたります。

インターネットで「門扉」というキーワードで検索すると、建材メーカーの製品紹介だけでも、丸一日かけても見切れないほどのメーカー・製品紹介がずらりと出てきますよね。

また、門扉の素材自体も非常に多岐にわたります。
木製の物からアルミ製(最近の個人住宅の場合はアルミ製が殆どです)、ステンレス製や鉄製の鋳物まで、ありとあらゆる素材が使われています。

使われる素材やデザインにより、価格は大きく異なります。木製のDIYで施工できる製品は比較的リーズナブルですが、鉄製の鋳物の門扉やステンレス製の鏡面加工が施された製品などは、下手すると扉1枚で100万円!なんてものもあります。

押さえておきたい!門扉を選ぶ際のポイント

押さえておきたい!門扉を選ぶ際のポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    見た目もカッコよくて、開け閉めが面倒じゃない門扉がいいなぁ。


  • ほっとくん

    毎日出入りする場所だから、使い勝手が良い門扉を選びたいよね。

門扉を新設、あるいは交換する際、どんな門扉を選ぶのかが一番の悩みどころですよね。

  • どのような機能を門扉に求めるか
  • 普段のライフスタイル

これによって、その選択方法が変わります。

具体的な例を2つあげてみますね。

車庫への車の出し入れを頻繁に行う場合

伸縮フェンスか幅の大きなスライド門扉を選ぶケースが一般的です。

玄関前・勝手口前に門扉を設ける場合

防犯の意味合いも兼ね、玄関前または勝手口前に門扉を設ける場合は、片開きの門扉を選ぶ方が多いです。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    さらに門扉選びには、素材も重要なんだ。

使用頻度の多寡や耐久性をどこまで求めるかを加味すると、素材選びも重要です。

一般家庭の場合

コストと耐久性のバランスの良さから、現在はアルミ製の門扉を選ぶ方が多いようです。

業務用・施設等で設置する場合

より防犯性を高めるため、鉄製あるいはステンレス製のスライド門扉を選ぶケースがよくあります。鉄製の門扉はステンレス製より価格は安めですが、定期的に錆落としやペンキの塗り直しが必要になります。

海の近くの場合

錆びにくいステンレス製あるいは鉄製の溶融亜鉛メッキ加工を施した門扉を選ぶと耐久性が上がります。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    ちょっと余談ですが、分譲マンションにおける門扉について、こんな体験談を。

ある人は門扉付のマンションにこだわって購入したものの…お子さんが生まれてから、ベビーカーを押しながら門扉の開け閉めが面倒になったそう。

抱っこ紐をしながら、おむつなどの大荷物を抱えて門扉を開け閉めするのが大変で、門扉付にこだわる必要なかったかも(泣)と思っているようです。

戸建ての場合は防犯などの観点からも門扉の必要性を感じますが、マンションの場合はセキュリティーがしっかりしていれば、門扉にこだわらなくても良いのかもしれませんね。(あくまでも個人的な意見ですが)

自分で出来る?門扉の施工

自分で出来る?門扉の施工
  • こまるちゃん
    こまる

    門扉の設置って自分でできる?


  • ほっとくん

    100%不可能ではないけど、プロに頼む方が安心だよ。

門扉の施工は、ご自身で出来なくはないですが、非常に難易度の高い工事となります。門扉を設置する地面の状況により、施工方法が大きく変わります。

土の上に施工する場合

門柱を地中深く埋め込む必要がある為、大きな穴をあけ、門柱を少なくとも1mは埋め込まなければなりません。その上で、門柱がずれないようにきっちり固定したうえで、埋戻しを行う必要があります。

土をそのまま戻すだけでは根元がぐらつきますので、砂や土を入れ、水をかけながら突き固めなければなりません。

舗装面の上に門柱を立てる場合

舗装面をはつり機やアスファルト(コンクリート)カッターで切断し、更に地中深く掘らなければならず、素人の手には負えない工事になってしまいます。

コンクリート製の沓石(くついし)に柱を差し込む製品もあります。簡易的な門扉ならよいのですが、沓石を置くだけの製品は中長期使用には不向きです。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    新設は不可能でも、修理や交換なら、自力でやってしまう人もいるみたい。スゴイッ!

門扉の設置工事の費用はいくらかかる???

門扉の設置工事の費用はいくらかかる???
  • こまるちゃん
    こまる

    門扉の設置工事にかかる費用って大体いくらくらい?


  • ほっとくん

    製品の種類やサイズ、施工状況や業者によって異なるんだ。目安になる例を紹介するね。

門扉の設置工事を行う場合、次の費用が必要になると考えておきましょう。

材料費

門扉材料の費用です。扉本体・門柱のほかに、ハンドル部分に鍵がかかるようにする為にはオプションでシリンダー錠の費用がかかります。

施工費

職人さんの手間賃、門柱を固定する為に必要なコンクリート・モルタルなどの材料費が別途必要になります。

また、舗装面を切断するには専用の工具が必要になる為、その工具使用料や切断機の刃先部分の交換費も発生します。スライド門扉などを設置する場合は、門扉の下側にレールを設置したり、レールが走る部分の舗装面を平らにするための費用がかかります。

現地調査費

門扉の設置箇所がどのような状況なのか、事前に確認してもらうことが非常に重要です。

仮に調査費が有料だとしても、長期間安心して使用し続けるためには費用として掛かるものだと認識しておきましょう。

設計費

門扉を既製品ではなく、オリジナルで作成してもらう場合に必要です。

デザインだけではなく、強度計算や素材選び、施工方法まできちんと検討しなければならない為、場合によっては設計費が発生するものと考えておいた方が間違いありません。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    門扉の設置工事には、この4つの費用の合計金額が必要だよ。

製品の種類やサイズ、施工状況により価格は大きく変動しますので一概には言えません。

目安として、例をあげると

  • 巾約0.8m、高さ1m位
  • 一般的な片開きのアルミ門扉

という条件で、トータル約10万円~12万円くらいの費用がかかるようです。

門扉の施工業者を選ぶ時のポイント

門扉の施工業者を選ぶ時のポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    沢山業者がありすぎて、どうやって選べばいいのか悩む~。


  • ほっとくん

    3つのポイントを押さえて、信頼できる業者を選ぼう!

門扉の設置をプロにお願いする際、どのような業者にお願いするのか悩みますよね。

  • リフォーム業者
  • 町の便利屋
  • 建設会社

このような業者にお願いするケースが多いです。

昨今、大きな台風や地震などが頻繁に発生するようになってきました。門扉も強風で飛んでしまったり、大雨で流されてしまわないように、きちんと施工してもらいたいものですよね。

そこで重要なのが、施工の質と気配りのできる業者選びです。

規模の大きな会社のほうが材料を安く仕入れることが可能ですので、トータル費用を安く抑えられる可能性があります。

が!!!

大きな会社は施工を下請け業者さんに丸投げするケースが殆どですので、その下請け業者さんにより施工の質が左右されます。

どの業者さんお願いするにしても、気を付けなければならないのは、3つのポイントです。

  • 見積明細をきちんと出してくれる
  • 現地調査に快く応じてくれる
  • 工事中の近隣挨拶がちゃんとできる

専門性が高い工事ですので、それなりの知識と経験がなければ、しっかりとした門扉の施工はできません。施工実績は、業者のホームページ等で確認しましょう。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    舗装面を切断し柱を立てる工事一つとっても、業者による違いがはっきりと出るんだって。

安心できる業者は、近隣の住民の方に「〇〇さんのお宅で門扉の設置工事を行うので、舗装面を切断するときに少々大きな音が出たり、少々コンクリートの粉が飛ぶかもしれません」ときちんとお断りしてから工事に入ります。

逆に、信じられない話ですが、筆者が見た酷い業者さんは、門柱を固定するときに使ったモルタルが余り、持ち帰るのが面倒だからと言って、水で薄めて道路の側溝に流していました!

あり得ませんが、質の悪い施工業者さんでこのような方がいるのもまた事実なんです。

それなりに高価で専門性の高い工事になりますので、必ず3社以上の相見積を取り、その会社の施工実績などを調べましょう。

ちょっと面倒に思えますが…安心できる業者に施工を依頼して、気持ちよく工事してもらいたいですよね。

まとめ

エクステリア工事における、門扉の選び方や設置の費用をご紹介しました。

  • 門扉にはさまさまな種類がある
  • 押さえておきたい!門扉を選ぶ際のポイント
  • 自分で出来る?門扉の施工
  • 門扉の設置工事の費用はいくらかかる???
  • 門扉の施工業者さんを選ぶ時のポイント
  • まとめ

家や建物の表情を決めると言っても過言ではない門扉の設置工事。

いきなり業者に問い合わせて、業者の言いなりで設置するよりも、あなたが門扉にどこまでの機能を求めるか・どの程度の年数使うかをきちんと決めておくことをおすすめします。

その上で、必ず3社以上の相見積を取り、施工経験豊富で近隣住民にもきちんと気配りができる業者を選びましょう。

この記事が、あなたの素敵で快適な住まいづくりのお役に立てば幸いです。

門扉の設置・交換業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms