【ファンヒーターの選び方】他の暖房器具とファンヒーターの光熱費比較

ファンヒーターには「電気」「ガス」「石油」の3種類があります。各メーカーから独自の機能がついた便利で安心な製品がでています。種類や機能を理解し、自分のニーズに合うものを選びましょう。また、その他の暖房器具とファンヒーターの光熱費の差も紹介します。

FF式ストーブの取り付け・交換
更新
【ファンヒーターの選び方】他の暖房器具とファンヒーターの光熱費比較

寒くなるとエアコンや、ヒーターなどの暖房器具が必須アイテムとなりますね。

中でもファンヒーターは、室内を温風で包んでくれるので、暖かさを体感しやすい暖房機器です。

種類としては、石油式や電気式、ガス式などがありますが気になるのは価格や燃費です。

また、メーカーによっても商品の特徴などがありますので、メーカーごとの比較も重要です。

安全面の機能や、処分方法についても知っておきましょう。

そこで今回は、ファンヒーターの種類や、料金相場、選び方、光熱費、処分方法について紹介します。

>>プロのFF式ストーブの取り付け・交換業者の一覧

【ファンヒーターの種類】ファンヒーターは3種類ある!

【ファンヒーターの種類】ファンヒーターは3種類ある!

ファンヒーターには3種類あります。

【ファンヒーターの種類】電気ファンヒーター

電気ファンヒーターは、別名セラミックファンヒーターとも呼ばれ、気軽に使用できます。

電源があれば使用できますので、燃料も必要なく移動もしやすく便利です。

電気ファンヒーターの特徴は、部分的に部屋を暖めやすく、人がいる場所を中心に足元や体全体に温風を当てられます。

価格も求めやすく燃料の置き場所なども必要ありません。

賃貸物件や、一人暮らしの人にオススメです。

【ファンヒーターの種類】石油ファンヒーター

石油ファンヒーターは、灯油を燃料としています。

部屋全体が暖まり、機種によって多少広めの部屋でもしっかりと暖かくなります。

また石油ファンヒーターは、使用している場合でも室内が比較的乾燥しにくいというメリットがあります。

室内を暖めて、湿度は下げたくないという時にオススメのファンヒーターです。

【ファンヒーターの種類】ガスファンヒーター

ガスファンヒーターは、ガスを燃料としています。

設置する場合には、専用のガス栓を使用するためガス会社などで、増設工事する必要があります。

設置する場合に手間がかかるのですが、寒い時でもすぐに部屋が暖まるのが特徴です。

ファンヒーターとしてのパワーや、暖まるスピードが早いというメリットがあります。

【ファンヒーターの選び方】選ぶ時の3つのポイント

【ファンヒーターの選び方】選ぶ時の3つのポイント

どのようなファンヒーターを購入すればいいのか、必要な条件に合ったものを探すことが重要です。

ニ-ズに合ったファンヒーターを選ぶために、次のような点を参考にしてください。

【ファンヒーターの選び方】部屋の広さに合わせて選ぶ!

ファンヒーターを購入する時は、使用する部屋の広さを考慮して、対応畳数を調べておきましょう。

特に石油やガスのファンヒーターを購入する場合は、表示されている適用の畳数によってその暖房効果がかなり変わります。

電気ファンヒーターの場合は、部分的にあたためるための暖房器具という特徴から、対応畳数は表示されていないことが多いです。

【ファンヒーターの選び方】安全性から選ぶ!

どのファンヒーターも暖房が目的ですので、熱を持つことがあり、安全面がどうなっているのかに注意しましょう。

特に幼児がいるご家庭では、いたずらによってファンヒーターが誤作動したり、調整部分をいじって過剰に加熱し火災につながったりするということもあります。

危険性があるという面に配慮して「チャイルドロック機能が、装備されている製品を選ぶことをオススメします。

また「オートオフ機能」があるものでは、その部屋を離れた時や、就寝時、外出などの時の消し忘れを防止できます。

一人暮らしの方や、高齢者にもオススメです。

【ファンヒーターの選び方】デザイン性で選ぶ!

ファンヒーターは、暖房効果によって大きなサイズとなり、部屋のイメージとマッチしないことがありました。

最近では、デザインやカラーバリエーションにも配慮されたモデルが出ていますので、部屋の雰囲気とあったものを選択してください。

特に電気ファンヒーターは、コンパクトで多様な形状の物も多くデザイン性が高く、好みに合ったものを選びやすくなっています。

【ファンヒーターの機能】ファンヒーターの有名3社の独自機能

【ファンヒーターの機能】ファンヒーターの有名3社の独自機能

ファンヒーターのメーカーでは、次のような会社がよく知られています。

【ファンヒーターの機能】コロナ(CORONA)

石油式のファンヒーターであれば、コロナが様々な機種のものを製造しています。

コロナは暖房器具の多種多様な製品を販売していますが、特に石油ファンヒーターでは定評があります。

石油ファンヒーターの機能面が充実しており、「消臭機能」や「秒速点火」などが装備されています。

秒速点火というのは、スイッチを入れて稼働させた後にすぐ点火される機能です。

また、高齢者などにも便利「大きめのボタン」「液晶ディスプレイ」となっている商品などもあり操作もしやすくなっています。

【ファンヒーターの機能】ダイソン(dyson)

ダイソンは、電気ファンヒーターを主に製造しているメーカーです。

ダイソンの電気ファンヒーターは、空気清浄の機能が装備たれているのが特徴となっています。

特に室内のホコリなどが、電機ファンヒーターを稼動させた時に舞うのが気になる場合には「空気清浄機能」があるのでオススメです。

空気清浄機として風量を調整して使用することも可能で、扇風機としても使用でき機能面で優れています。

そのため冬季だけでなく、1年中使用できる点がメリットです。

【ファンヒーターの機能】ダイニチ(Dainichi)

ダイニチは、様々な機種のファンヒーターを製造販売しており石油式や、電気式の製品も取り扱っています。

ダイニチのそれぞれのファンヒーターの特徴は、稼働音が全体に静かな製品が多いです。

なかには「加湿機能」も装備している製品があります。

機能面が充実しており、より快適に使用したいという場合には検討してください。

デザインやカラーがシンプルで、室内の雰囲気に合わせやすいものとなっています。

【ファンヒーターの費用】ファンヒーターの光熱費と製品価格

【ファンヒーターの費用】ファンヒーターの光熱費と製品価格

ファンヒーターの燃料コストや製品価格は、どの程度かかるのか気になりますよね。

毎月の光熱費は少しでもおさえたいので、製品価格や基準を知っていると比較しやすいです。

お得に生活するために、ぜひ参考にしてみて下さい。

【ファンヒーターの費用】1時間あたりの光熱費

ファンヒーター、エアコン、石油ストーブで光熱費の比較してみました。

【ファンヒーターの費用】6畳の部屋で1時間使用した場合の光熱費

  • ガスファンヒーター…約11円
  • 石油ファンヒーター…電気代としてエコモードで20円、通常モードで100円程度+灯油の燃料費が26円
  • 電気ファンヒーター…弱運転(600W)で約16円、強運転(1200W)では、32円程度
  • エアコン…電気代として約3円~40円程度

以上のようになりますが、電気代や灯油代は、時期により変化します。

【ファンヒーターの費用】ファンヒーターの製品価格

ファンヒーターの価格は、機種やメーカーによって異なりますが参考となる価格を紹介します。

機能などの違いで、値段に差が出るので、求める機能と予算をよく考えてくださいね。

参考までに有名メーカーのファンヒーターの価格を紹介します。

  • ダイソン…電気ファンヒーター32,000円程度
  • パナソニック…加湿機能付きセラミックファンヒーター17,800円
  • コロナ…石油ファンヒーター(木造9畳程度対応)11,000円程度
  • ダイニチ工業…石油ファンヒーター10,500円程度
  • ORITZ…ガスファンヒーター(木造10畳程度対応)9,000円程度

また、工事費は別途必要となります。

【ファンヒーターの処分】ファンヒーターを処分する方法

【ファンヒーターの処分】ファンヒーターを処分する方法

ファンヒーターは、他の電化製品など同様に消耗品となります。

そのため使用していると次第に故障や、不具合が起きて処分しなければいけない時がきます。

ファンヒーターの正しい処分方法を紹介します。

【ファンヒーターの処分】自治体の指定に従う!

一般的には、自治体の指定した処分方法に従って捨てるのが楽でしょう。

お住まいの自治体のHPで確認してみましょう。

粗大ゴミ扱いになる場合には、粗大ゴミ券やシールなどを購入してファンヒーターに貼り付けます。

その後指定された場所まで運び回収が終了します。

【ファンヒーターの処分】不用品回収業に依頼する!

不用品回収業者にファンヒーターを回収してもらう場合は、手数料が必要となります。

単品で回収してもらう方が高くつくことも多いため、他に家具など回収して欲しいものがたくさんある時にオススメの方法です。

【ファンヒーターの処分方法】家電量販店に持ち込む!

家電量販店で新しいファンヒーターを買うのであれば、古い方を無料または有料で引き取ってくれる場合があります。

その家電量販店で購入した商品であれば、持ち込めば無料になることもあります。

古いファンヒーターの処分には、廃棄費用が本来であれば必要となりますので、お店に連絡してどのような対応になるか確認して処分してください。

自分に合ったファンヒーターを選ぼう!

今回は、ファンヒーターの種類や、料金相場、選び方、光熱費、処分方法について紹介しました。

ファンヒーターを購入する場合は、配置する部屋の広さよりも大きめの適応畳数がオススメです。

特に石油ファンヒーターは、タンク容量によって給油回数が変わりますので、大きい製品ほど回数が少なくてすみます。

また機能面でも省エネ対応や、ターボ機能なども検討して、より快適に過ごせるファンヒーターをご購入ください。

まとめ

  1. ファンヒーターの種類は「電気」「ガス」「石油」の3つある
  2. ニーズに合うファンヒーターを選ぶには、部屋の広さ、安全性、デザイン性がポイントです
  3. 有名3社のファンヒーターの機能を知って、他とも比較してみよう
  4. ファンヒーターを購入する際費用はもちろん、1時間あたりの光熱費もある程度把握しておくと安心です
  5. 古いファンヒーターの処分は3つの方法から選ぼう

FF式ストーブの取り付け・交換業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

FF式ストーブの取り付け・交換をプロに依頼するなら

FF式ストーブの取り付け・交換を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にFF式ストーブの取り付け・交換の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください