布団クリーニング
更新日:2019/10/16

【羽毛布団の洗濯】自分で洗濯・専門業者に依頼、あなたはどっち派?

【羽毛布団の洗濯】自分で洗濯・専門業者に依頼、あなたはどっち派?

羽毛布団の洗濯は、自分で丸洗いする(洗濯機又は浴槽)方法と、があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分が納得できる方法で洗濯しましょう。今回は、【羽毛布団の洗濯前の確認事項・洗濯方法とメリットとデメリット】についてご紹介します。

羽毛布団を清潔に長持ちさせるためには、正しい洗い方・干し方でメンテナンスすることが大切です。

洗濯の方法は

  • 自分で丸洗いする(洗濯機又は浴槽)方法
  • 専門業者にクリーニングを依頼する方法

があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

羽毛布団を劣化させず、ふわふわに仕上げるためには専門業者にクリーニングを依頼するのが1番です。

ただ、それにははやり費用がかかります。
なるべく費用をかけずに羽毛布団を洗濯したい!その気持ちもよ~くわかります。

今からご紹介する中から、あなたが納得できる洗濯方法を選んで下さいね。

  • モップ
    モップ
    この記事でわかること
    • 羽毛布団の洗濯の頻度
    • 羽毛布団が洗えるかどうか確認する方法
    • 羽毛布団の4つの洗濯方法とメリット・デメリット

今回は、羽毛布団の洗濯についてご紹介します。

羽毛布団の洗濯の頻度と4つの方法

羽毛布団の洗濯の頻度と4つの方法
  • こまる
    こまる

    羽毛布団を久々に出したら、なんだか臭いが気になるなぁ。


  • モップ

    ちゃんとお洗濯してるかな?

羽毛布団の洗濯の頻度

羽毛布団は、どのくらいの頻度で洗濯したら良いのでしょう。

厚生労働省は「旅館業における衛生等管理要領」において、ホテル、旅館業者に対し「布団、枕は6ヶ月に1回以上、汚れを除去するために丸洗いすることが望ましい」としています。

一般家庭とは環境が異なるので、これを目安にするとちょっと多いかなぁ。という感じる方が多いですよね。

毎日忙しいのに、そんなに頻繁にお洗濯なんてできない!というのが正直な感想ではないでしょうか。

布団メーカーでは、目立つ汚れがないようなら羽毛布団を丸洗いする必要はないとしている会社もあります。

使用頻度や、使う人によって布団の状態も異なりますし、汚れの気になる・ならないも人それぞれだったりしますね。

ですから、羽毛布団の洗濯の頻度として、これが正解!というのは明確にはないといえます。

ただ、羽毛布団は、洗い過ぎても洗わな過ぎてもよくありません。

半年~年に1度を目安に洗濯することをおすすめします。

羽毛布団の洗濯方法

羽毛布団の洗濯方法は、4つあります。

  • 自宅の洗濯機で洗濯
  • 自宅の浴槽で洗う
  • コインランドリーにもって行く
  • 専門業者に依頼する

それぞれの具体的な方法や、メリット・デメリットをご紹介するので、自分にあった方法がどれか、よく検討してみて下さい。

その前に!!!

羽毛布団には、洗えるものと洗えないものがあります。

まずは、あなたのご自宅の羽毛布団があらえるかどうかチェックしていきましょう。

羽毛布団が洗えるかどうか確認する方法

羽毛布団が洗えるかどうか確認する方法
  • こまる
    こまる

    干してはいるけど、羽毛布団は洗えないと思ってたから洗ってないよ。


  • モップ

    こまるちゃん家の羽毛布団が洗えるかどうか、確認してみよう!

お手持ちの羽毛布団が洗えるか洗えないかを確認する項目は「洗濯表示」「布団の形」「布の素材」の3つです。

check1.洗濯表示

洗濯表示で「手洗い」または「洗濯機の使用可」のマークがあれば水洗いができます。

水洗いができればコインランドリーで洗濯も可能です。

check2.布団の形

布団がキルティング加工されており、布団の裏表が縫い合わさっている形であれば洗濯できます。

キルティング加工されていない羽毛布団は洗濯中に羽毛が寄ってしまうため、洗濯には向いていません。

check3.布の素材

洗濯表示で手洗いや洗濯機の使用がOKと表示されていれば、布の素材はあまり気にしなくても大丈夫です。

羽毛布団にシルクやウールが使われている場合は洗濯できないので注意しましょう。

洗濯機で洗濯する方法

洗濯機で洗濯する方法
  • こまる
    こまる

    羽毛布団て、お家で洗濯できるの?


  • モップ

    洗濯機の大きさやついてる機能によるけど、できるよ。

ここからは、羽毛布団の洗濯方法とメリット・デメリットをみていきましょう。

まずは、自宅の洗濯機を使う方法です。

用意するもの
  • 羽毛布団が入る大きさのネット
  • おしゃれ着用中性洗剤

羽毛布団の洗濯には、おしゃれ着用洗剤を使用しましょう。

普段使用している弱アルカリ性の洗剤は、羽毛を傷めてしまう原因となります。

手順1. 洗濯機の表示の確認

自宅の洗濯機で羽毛布団が洗えるか確認しましょう。

洗濯機の容量が8㎏以上ある洗濯機では、シングルサイズの羽毛布団が洗濯できます。

手順2. 羽毛布団をネットに入れる

羽毛布団に汚れがある場合は、落とせるものは落としてます。

洗濯時に生地の傷みを防ぐため、羽毛布団を折りたたんでからネットに入れます。

縦に細長く三つ折りにして端からくるくると巻いていくか、羽毛布団の空気を抜いきながら小さくなるように巻きます。

手順3. おしゃれ着用洗剤を入れる

洗剤にプラスして重曹も入れると消臭効果があるといわれていますので、試してみるのも良いですね。

手順4. 洗濯・脱水する

洗濯機の機能に「布団洗いコース」があれば選択しましょう。

脱水は羽毛布団の四角を持って上下に振り、羽毛が偏らないように整えることが必要です。

手順5. 乾燥させる

風通しの良い日陰の場所で裏返しながら干します。

厚手の羽毛布団は乾燥させるのに時間がかかるため、よく晴れた日に洗濯しましょう。

羽毛布団は長時間紫外線に当てると劣化してしまうため、日干しせずに日陰で干すことが大切です。

手順6.仕上げ

乾燥後は羽毛布団が固まったり偏ったりしている場合があるため、全体を手で軽くほぐしましょう。

布団乾燥機をお持ちの方は1時間ほど乾燥させるとGOODです。

メリット

  • 費用が安い
  • 自宅で簡単にできる
  • 様子を見ながら洗濯できる

デメリット

  • 洗濯機が小さいと洗えない
  • 乾かすのに時間がかかる
  • 洗濯する日を天候に合わせる必要がある
  • 羽毛が傷む可能性がある

自宅の浴槽で洗濯する方法

自宅の浴槽で洗濯する方法
  • こまる
    こまる

    大きいサイズの羽毛布団が洗濯機に入らないよ(泣)


  • モップ

    それなら、お風呂場で洗う方法があるよ♪

羽毛布団が洗濯機に入らない・・・。でも、自宅で洗濯したい!という場合、浴槽での洗濯方法があります。

用意するもの
  • 羽毛布団が入る大きさのネット
  • おしゃれ着用中性洗剤

手順1. 浴槽に洗剤液を作る

浴槽に15~20㎝ほど水をはり、キャップ1杯の洗剤を入れてよく混ぜましょう。

手順2. 空気を抜いてから羽毛布団を水につける

布団を小さく折りたたんで丸めて空気を抜き、布団の片端を水に浸け、水に浸かった部分の空気を足で踏んで空気を抜く。

これを繰り返して徐々に全体を濡らします。

手順3. 足で羽毛布団を踏み洗いする

踏む面を変えながら、踏み洗いをしましょう。

手順4.すすぐ

水を捨ててきれいな水ですすぎます。水を替えて、3回程度繰り返します。

手順5. 水気を切る

洗い終わった羽毛布団を30分~1時間ほど、浴槽の淵に引っかけておきます。

そうすることで、ある程度の水分を抜くことができます。

手順6. 干す

羽毛布団は厚みがあるうえ脱水をしていないので、完全に乾くまで3日ほどかかります。

風通しの良い場所に干し、生乾きを防ぎましょう。

メリット

  • 洗濯機に比べ、生地が傷みにくい
  • 汚れが分かりやすい
  • 大きい洗濯機がなくても自宅で洗濯できる

デメリット

  • 全て手作業
  • 洗剤のすすぎ残しがあると臭くなる
  • 乾かすのに時間がかかる
  • 洗濯する日を天候に合わせる必要がある

コインランドリーで洗濯する方法

コインランドリーで洗濯する方法
  • こまる
    こまる

    浴槽で洗うのは、あまりにも大変そうだよね。もう少し楽な方法はある?


  • モップ

    コインランドリーなら、大きな羽毛布団が洗えるよ。

自宅の洗濯機が小さい、でも浴室での洗濯はすごく面倒!という方は、コインランドリーを利用する方法もあります。

用意するもの
  • ひも
  • おしゃれ着用中性洗剤
  • テニスボール(必要に応じて)

手順1. 羽毛布団をひもで縛る

羽毛布団を小さくまとめて、ひもで縛りましょう。

手順2. 洗濯機に羽毛布団と洗剤を入れる

あまり大きな洗濯機で洗うと、中で布団が暴れて洗濯機が止まる可能性があります。

洗濯槽の9割が布団で埋まるくらいの洗濯機を選びましょう。一緒に洗濯するものを入れる時も、同量を目安にして下さい。

おしゃれ着用洗剤を入れたら、あとは洗濯機にお任せです。

手順3. 乾燥機に入れる

洗い終わったら、結んだひもを切って乾燥機に入れます。

乾燥機につめる量は3割を超えないようにしましょう。羽毛布団は縦に二つ折りにし、ドラムに沿うように入れます。

「テニスボール」を入れるとたたき効果で布団がふっくらと仕上がり、ダニの死骸や糞を取り除くことができるといわれています。自宅にあれば、ぜひ入れてみて下さい。

乾燥の時間は、1枚60分が目安です。

メリット

  • 洗ったその日に使える
  • しっかりと乾燥できる
  • ふわふわに仕上がる

デメリット

  • 費用がかかる(1枚あたり約2,000円)
  • コインランドリーまで行く手間と時間がかかる
  • 人によっては衛生面が気になる

専門業者に洗濯を依頼する

自宅で洗うよりも、コインランドリーで洗うよりも、更にラクに、そしてキレイに羽毛布団を洗濯できる方法は専門業者に依頼することです。

最近は、丸洗いOK!という表示がされた羽毛布団も沢山販売されているとはいえ、デリケートなものに変わりはありません。

洗濯に失敗して、せっかくの羽毛布団が劣化してしまうとショックですよね。

専門業者に依頼すれば、プロの知識と技術でふわふわに仕上げてもらうことができます。

自分の都合の良い時間に、業者が集荷にきてくれて洗濯をお願いしたい羽毛布団を渡すだけでOK。

各社、こだわりの洗剤や技術があるので、素人が仕上げるのとはワケが違います。

これなら、時間を取られることも、羽毛布団を痛めてしまう心配もありません。

仕事や家事、子育てに忙しい人にピッタリの嬉しいサービスといえます。

メリット

  • 集荷にきてくれる
  • 羽毛布団を傷める心配がない
  • とにかくラク

デメリット

  • 費用がかかる(1枚つにき3,000~5,000円程度)
  • 集荷や受け取りの段取りが必要

まとめ

今回は、羽毛布団の洗濯についてご紹介しました。

  • 羽毛布団は年に1度は洗濯!洗濯の方法は4つある
  • 羽毛布団が洗えるかどうか確認する方法
  • 洗濯機で洗濯する方法
  • 自宅の浴槽で洗濯する方法
  • コインランドリーで洗濯する方法
  • 専門業者に洗濯を依頼する

羽毛布団の洗濯方法は、全部で4つありましたね。

それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、結局どれがあなたにとってベスト?ということを考えてみましょう。

  • できるだけ費用をかけたくない・今すぐ洗いたい人:自宅(洗濯機又は浴槽)洗い
  • 車があり、少しでも費用を安く抑えたい人:コインランドリー
  • 羽毛布団を傷めず、楽に洗いたい人:専門業者

このようにまとめることができますね。

専門業者によると、やはり上2つはどうしても羽毛布団の劣化は避けられないとのことです。

それをわかっていても、どうしても自分で洗いたい人は上の2つから選択しましょう。

自分たちの生活の中で、どこに時間とお金をかけるかは、本当に人それぞれです。

いずれにしても、羽毛布団の洗濯は定期的に行って清潔に保ちたいものですよね。ふかふかのお布団で、快適な睡眠時間をお過ごし下さい。

布団クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

布団クリーニングをプロに依頼するなら

布団クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に布団クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
0 投票, 平均点: 0.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください