【マッサージオイルの人気商品】マッサージオイルの選び方と使い方を解説

日々の疲れやむくみをとるには、入浴後のマッサージが効果的です。血液やリンパの流れをよくします。肌に負担をかけず潤いを与えるマッサージオイルを使って、優しく行いましょう。今回は、マッサージオイルについてご紹介します。ぜひ、試してみて下さいね。

出張マッサージ(オイルマッサージ)
更新
【マッサージオイルの人気商品】マッサージオイルの選び方と使い方を解説

日々の疲れがたまりにたまった体を癒したいけど、サロンに通う時間も余裕もないと困っていませんか?

そんな時は、自分でマッサージオイルを使って、セルフでマッサージをしてみましょう。

毎日続けることで肌に潤いを、体に活力を与えて、疲れが取れやすくなりますよ。

そこで今回は、マッサージオイルの選び方や、マッサージオイルの使い方や、使う時の注意点についてを紹介します。

>>プロの出張マッサージ業者の一覧

【マッサージオイル】体に優しい人気のマッサージオイル4選

【マッサージオイル】体に優しい人気のマッサージオイル4選

セルフマッサージする時は、何もつけずにすると皮膚同士がこすれて、肌を痛めてしまいます。

肌を保護してくれる、マッサージオイルを活用しましょう。

マッサージオイルにはたくさんの種類がありますが、中でもおすすめのオイルを4つ紹介します。

【マッサージオイル】ホホバオイルについて知ろう!

ホホバの実から抽出されたオイルです。

マッサージオイルのほとんどが顔や体のみ使用可能ですが、ホホバオイルは全身に使えるので、これ1つで全身をマッサージできます。

刺激が少なく、敏感肌の人でも使いやすいオイルです。

保存も1年ほどできて、長持ちします。

【マッサージオイル】アーモンドオイルについて知ろう!

アーモンドの種から抽出されたオイルです。

アーモンドに含まれているビタミンEが豊富で、美肌やアンチエイジングに効果的です。

さらに髪のダメージを補正してくれます。

控えましょう

ただし、ナッツ類にアレルギーがある人は使用を。

アレルギー反応があるかどうかは、パッチテストなどで確認してください。

【マッサージオイル】グレープシードオイルについて知ろう!

ブドウでワインを作った後、余った種から抽出されるオイルです。

ビタミンEとポリフェノールが含まれていることからアンチエイジング効果があります。

また、不和脂肪酸の成分もあることからコレステロールを下げる効果もあります。

香りもほとんどなくべたつかずに広がりやすいので、夏におすすめのオイルです。

【マッサージオイル】マカダミアナッツオイルについて知ろう!

マカダミアナッツにはパルミトレイン酸が含まれており、肌細胞の再生を促す効果があるので老化防止にもつながります。

浸透性が高く、肌に浸けるとすぐ消えることから「バニシングオイル」とも呼ばれています。

【マッサージオイル】シアバターについて知ろう!

シアバターは、保湿力が高く、アンチエイジング効果もあります。

荒れ性やひび割れの補修、乾燥肌にも適しているなど、美容において優れていることから、マッサージオイル以外にもよく使用されています。

【マッサージオイル】自分に合うマッサージオイルの選び方

【マッサージオイル】自分に合うマッサージオイルの選び方

たくさんあるマッサージオイルの中から、何を選べばいいのか悩みますよね?

基本的には「自分が使ってみたい」「気になる」商品を楽しく選ぶのが1番です。

しかし、ある程度ポイントをおさえておいた方が選びやすいですよね。

そこでマッサージオイルを選ぶ3つポイントについて紹介します。

【マッサージオイルの選び方】品質をよく調べる!

同じ種類でも、添加物が含まれている商品もあります。
成分表をよく見て比較しましょう。

また、オイルにも抽出方法によって種類が分かれています。

熱や薬品で抽出されたオイルは比較的安く売られてますが、その分品質が劣化しています。

低温圧搾とは、対象を圧縮、抽出してオイルにする方法です。

こちらの方が高価ですが、栄養素も変わらないので栄養をそまま使えます。

【マッサージオイルの選び方】自分の肌の状態を確認する!

自分の肌が乾燥しているか、オイリー肌か、標準かによって合うオイルは違います。

合わないオイルを選んでしまうと、悪化する恐れがあります。

敏感肌の人は、特に注意しましょう。

あれこれ試すのも怖い人は、オーガニック100%、または肌に優しいと勧められている物を選びましょう。

【マッサージオイルの選び方】好みの香りを選ぶ!

マッサージオイルは、自分好みの香りを選びましょう。

アロマセラピー専門店では、お試しに嗅げます。

癒される香りは人それぞれなので、自分の好きな香りを選んでみて下さい。

また、香りが強いタイプは香料が多めに入っている可能性があるので、肌が弱い人は控えめにすることをオススメします。

【マッサージオイルの使い方】マッサージオイルの効果的な使い方

【マッサージオイルの使い方】マッサージオイルの効果的な使い方

マッサージオイルを購入したらいよいよ実践です。

ただ体につけるだけでもいいですが、特に疲れた部分をもみほぐすとより効果的です。

オイルを使った各部位のマッサージ方法について紹介します。

【マッサージオイルの使い方】二の腕つまみながらマッサージする!

5本指で二の腕をつかみ、肘からぎゅっとつまみながら脇に向かって進んでいきます。

【マッサージオイルの使い方】足は足首から上に向かってリンパを流す!

オイルを手に取りよく馴染ませて、足首から膝裏を通り、太ももの付け根まで流すようにマッサージします。

足指の間に手指を入れてぎゅっとつかみ、かかとのツボを押すのもオススメです。

痛気持ちいいくらいに強めに押すのがポイントです。

【マッサージオイルの使い方】お腹は円を描きながらマッサージする!

手を抑えて時計回りに、ゆっくり円を描きながらマッサージします。

また、指3本で小さな円を描きながら時計回りにマッサージします。

【マッサージオイルの使い方】首のこりは親指で押してマッサージする!

背筋を伸ばして座り、両手で頭の後ろをつかみます。

うなじ当たりの真ん中にくぼんでいるところに親指を当てて、頭の全体重をそこにかけます。

  • モップ
    モップ

    基本的に体の端から心臓に向かってマッサージをしていく感じだよ!

    血液やリンパの流れを促進して、むくみが取れやすくなるんだ~♪

    入浴後にするとより効果的だよ!

【マッサージオイルの注意点】オイルを使う時の3つの注意点

【マッサージオイルの注意点】オイルを使う時の3つの注意点

オイルを使ってマッサージする時は、以下の3つ注意点に気をつけましょう。

【マッサージオイルの注意点】用途以外に使わない!

オイルはボディ用、フェイス用と用途に分けて販売されています。

パッケージに書かれている範囲外に使うと、香料などの刺激で肌にダメージを受けてしまうこともあります。

注意事項や使用方法をよくお読みください。

【マッサージオイルの注意点】力強くやりすぎない!

疲れやむくみ、痛みを取るためと言っても強くやりすぎるとあざができてしまったり、かえって症状が悪化する場合もあります。

特に顔の皮膚を引っ張りすぎると、たるんでフェイスラインが崩れてしまいます。

また、強い力でこするのはシワの原因にもなります。

皮膚の薄い部分は刺激を強く与えないようにしましょう。

【マッサージオイルの注意点】余ったオイルは拭き取る!

伸びやすくて体にいいマッサージオイルでも、ベタベタのまま放置するのはやめましょう。

毛穴に詰まったり、刺激を与えすぎたり、毒になるので、ほぐし終わった後はホットタオルなどで拭き取りましょう。

商品によっては、拭き取りが不要なものも販売されています。

【マッサージオイルの頻度】マッサージオイルの使用頻度2週間に1回

【マッサージオイルの頻度】マッサージオイルの使用頻度2週間に1回

マッサージオイルを使ったセルフマッサージは、どのくらいの頻度でするのがいいのでしょうか?

エステや整体に通う場合は、2週間に1回通うのが理想と一般的に言われています。

実際に2週間に1回全身整体に通っている人の話では、それでも凝り固まってきてしまうとのことです。

筆者も月に一度利用していますが、仕事柄身体が固いと度々言われます(笑)

しかし、これ以上増やすとなると金銭的に余裕がなくなってしまいます。

少しでも負担を減らすためには、自宅でもマッサージすることが大切です。

セルフケアは毎日することが理想ですが、余裕がなければその日はなし、または特に疲れた部分のみ、といった具合で工夫していきましょう。

【マッサージオイルの保管】日が当たらない涼しい場所に保管する!

【マッサージオイルの保管】日が当たらない涼しい場所に保管する!

オイルを使ったら、ふたを閉めて保存しましょう。

オイルは伸びやすいので、少量でも広範囲に使えるのがメリットです。
一度買えば結構長持ちします。

しかし、オイルにも使用期限があります。

期限が過ぎるとオイルにある美容成分が少なくなって酸化が進み、そのまま使うと効果が薄れて肌が老化してしまいます。

ふたをしめて、直射日光や高温多湿の場所を避けて置いておきましょう。

冷蔵庫に置くのも一つの手ですが、種類によってはオイルが固まってしまう可能性もあります。

オイルの種類によって保存期間は違ってきますが、開封したらなるべく早く使い切りましょう。

入浴後にマッサージオイルを使ってセルフケアをしよう!

今回は、マッサージオイルの選び方や、マッサージオイルの使い方や、使う時の注意点についてを紹介しました。

日々の疲れを溜めに溜めて放っておくと、体に様々な悪影響を及ぼします。

そうならないためにも、1日数分でいいので自分の体のメンテナンス時間を作り、明日に備えて身体をしっかり休ませてあげましょう。

まとめ

  1. 肌への刺激の少ないマッサージオイルで、自分の肌の状態に合うオイルを選ぼう
  2. お風呂上りに、疲れた部分をもみほぐすように使うと効果的です
  3. 用途以外に使わない、力を入れすぎない、余ったオイルは拭き取るを守って使用する
  4. できれば毎日使うのが理想的。無理のない範囲で自分がリラックスできることを優先しよう
  5. マッサージオイルは、日の当たらない場所に保管しながら期間内に使い切ろう

出張マッサージ業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張マッサージをプロに依頼するなら

出張マッサージを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張マッサージの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.30

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください