【デグー飼い方】餌に害虫が湧く!?デグーを傷つけないで害虫駆除

ネズミ駆除
更新

デグーの餌などに害虫がいっぱい「繁殖している…」「傷つけないで害虫駆除するには…」どうすればいいのと困っていませんか?殺虫剤で害虫は駆除できますが、ペットにも悪影響になることもあります。そこでデグーを傷つけずに害虫を駆除する方法を紹介します。

【デグー飼い方】餌に害虫が湧く!?デグーを傷つけないで害虫駆除

デグーの餌に「害虫が繁殖している…」「殺虫剤を使用して大丈夫?」など困っていませんか?

デグーだけでなく、室内でペットがいる空間で殺虫剤を使用するのは控えましょう。

殺虫剤で害虫は駆除できますが、デグーや他のペットにも悪影響になることもあります。

そこで今回は、デグーの特徴や、デグーを傷つけないで害虫を駆除する方法について紹介します。

>>プロのネズミ駆除業者の一覧

【デグーの特徴】デグーがどういう生き物が知ろう!

【デグーの特徴】デグーがどういう生き物が知ろう!

デグーは体長15cm~20cm程度の大きさで、重さも300g程度が一般的なデグーの大きさです。

グレープフルーツ1個分くらいの大きさと、重さが近いです。

ハムスターより少し大きく、見た目はネズミと似ており、よくネズミと勘違いされることがあります。

餌となる食べ物は、木の実、樹皮、種子、草などが主食となる草食動物で自分の糞尿などを嫌うほどの綺麗好きな性格です。

また、ハムスターなどの小動物に比べて、人馴っこい性格もペットとして人気のある1つです。

人懐っこく、寂しがり屋で寂しさのあまり体調を崩すこともあるので注意しましょう。

デグーの繁殖について4月~6月が繁殖期とされていますが、ペットとして飼っている場合は、温度調整などで年中繁殖できる環境といえます。

繁殖しすぎてデグー同士でのケンカなどがおき、手に余る状態にもなることもあるので繁殖には十分注意しましょう。

【デグーの特徴】デグーとネズミの違いを知ろう!

【デグーの特徴】デグーとネズミの違いを知ろう!

デグーの事を知らない人が見れば「ネズミ!」と思う人ほどよく似ています。

しかし、デグーとネズミには違いがあります。

デグーは草食性ですが、ネズミは雑食性の生き物です。

ハムスター等もヒマワリの種子を食べたりしますが、ハムスターも雑食性で繁殖しすぎてケンカして共食いすることもあります。

見た目以上に狂暴な一面を見せるので、知らない人が見ると恐怖を感じることもあります。

ネズミは感染症などの病原菌を保有していることもあるので、無暗にさわらないようにしましょう。

特に野生のネズミは狂暴な性格で、噛まれることもあります。

噛まれれば、ほぼ間違いなく感染するのですぐに病院へ受診しましょう。

デグーの寿命は長く6年~10年程度です。

また、デグーは昼行性ですが、ネズミは夜行性です。

【デグーの餌】デグーのエサに繁殖する害虫

【デグーの餌】デグーのエサに繁殖する害虫

【デグーの餌】ゴキブリが繁殖する

ゴキブリは誰もが嫌がる害虫ランキングにも必ず、上位に入ってくるほどの貫禄ある害虫ではないでしょうか?

ジメジメした湿気を好み、デグーの餌だけでなく我々人間が食べる食べ物にも群がる習性があります。

その体型も人目見るだけでも鳥肌が立つほど、威圧感がります。

大きさは1cm満たないゴキブリから、大きいゴキブリで4~5cm程度までいます。

ゴキブリは1匹いるのを見つけると30匹はいると言われるくらいに繁殖力と生命力が強い害虫です。

発見したら速やかに駆除しましょう。

【デグーの餌】シバンムシが繁殖する

米びつなどに繁殖していることがある害虫といえばシバンムシです。

シバンムシの体長は3mm~4mm程度と非常に小さく、茶色または、赤茶色で、小豆のような形です。

白米と一緒に混ざっていると異変に気づきやすいですが、デグーなどの餌に混ざっていると分かりにくいので注意しましょう。

【デグーの餌】コクゾウムシが繁殖する

穀物などに繁殖する害虫で、見た目がゾウに似ているコクゾウムシです。

コクゾウムシは体長3mm程度と小さく、焦げ茶色または、黒色で動きも活発的です。

餌の中を縦横無尽に動き回っている姿を見るとゾッとしてしまいます。

他にもデグーやペットを飼っていると、餌などに繁殖する害虫がでてきます。

デグーを飼う以上、害虫被害は注意しなくてはなりません。

【デグーの餌】デグーを傷つけず害虫を駆除する方法

【デグーの餌】デグーを傷つけず害虫を駆除する方法

害虫を見つけたら殺虫剤で一撃したくなりますが、デグーなどペットには殺虫剤に含まれる薬剤は悪影響です。

万が一、殺虫剤がデグーにかかってしまうと死んでしまうこともあります。

そんなことが起きないように、置型タイプの殺虫剤を害虫が繁殖しやすい場所に置いて駆除しましょう。

置型タイプは、スプレータイプと違い速効性の駆除方法ではありません。

しかし、安全で確実に駆除できます。

人間やデグーに優しい植物性殺虫剤で害虫を駆除する方法もあります。

ハーブ入りの殺虫剤は、効果が薄いですがペットには優しい殺虫剤です。

また「ピレスロイド」という成分入りの殺虫剤もペットに優しい殺虫剤で、ハーブよりは効果が高いです。

デグーやペットに優しいからといって、横で堂々と殺虫剤をかけずに、一時別の場所に避難させてから使用しましょう。

殺虫剤を使用した場所の掃除も忘れずにしましょう。

【デグーの餌】害虫を繁殖させない対策方法

【デグーの餌】害虫を繁殖させない対策方法

【デグーの餌】餌はフタが付いた密閉型の入れ物にする!

市販で購入した餌は開けてしまうと臭いなど漏れてしまい、それが原因で害虫が寄って来ることがあります。

そのような事を防ぐにはフタ付きの密閉した入れ物に餌を入れて保管しましょう。

密閉することで臭いが漏れず、餌に侵入する害虫も入りにくくなります。

防腐剤と一緒に入れるとより効果的などで試しましょう。

【デグーの餌】小まめな掃除が大切

定期的にデグーのゲージを掃除することが一番効果的です。

餌バコに残っている餌は捨ててキレイにしおけば、害虫がよりにくくなります。

また、ゲージを掃除することでデグーも住みやすい環境で病気などの被害も起きにくいのでこまめに掃除してあげましょう。

自分で駆除できない害虫駆除はプロに任せてデグーを守ろう!

今回は、デグーの特徴や、デグーを傷つけないで害虫を駆除する方法について紹介しました。

デグーの餌に繁殖した害虫を「駆除できない…」「大切なデグー守りたい…」という人はプロに任せる方法があります。

害虫駆除に特化しているプロだからこそ、繁殖を抑える方法を知り尽くしています。

手早く対処してもらえます。

害虫が繁殖しやすい場所など注意点や、繁殖対策方法も親切に対応してもらえます。

害虫に悩まされていたらプロに相談するのも1つの方法です。

ネズミ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ネズミ駆除をプロに依頼するなら

ネズミ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にネズミ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事