最終更新日:

不快害虫ゲジゲジ!室内に入ってくるゲジ類の駆除方法や侵入防止策を紹介

春から秋にかけて家屋に侵入するゲジ(ゲジゲジ)を見かけたことがありますか?ムカデに似た見た目が気持ち悪いので、自宅で発見するとパニックになる人も多いです。ゲジゲジが大量発生してしまうと、気持ち悪くて夜も寝られないことも。そうならないために今回はゲジゲジの見分け方や、予防や駆除する方法についてまとめて紹介します。

不快害虫ゲジゲジ!室内に入ってくるゲジ類の駆除方法や侵入防止策を紹介

毒はある?ゲジゲジの特徴と生態

毒はある?ゲジゲジの特徴と生態
ヤスデやムカデと似ていますが実は違う生物です

ゲジゲジ虫は、そもそもどんな虫か知っていますか?ヤスデ、ムカデなどの虫の種類と同じと思っている方も多いかもしれませんが、実は違う生物です。

ゲジゲジの正式名称はゲジ(蚰蜒)と言い、見た目は灰黄色で背中に灰緑色の3本の縦じま(ストライプ)があり、体長よりも長い触角を持ちます。

ゲジ(ゲジゲジ)の生態と特徴

ゲジの体長は20~30mmの小型種で、日本の広範囲に生息しています。春から秋にかけては家屋に侵入し敏捷に走りまわりますが、ムカデのように人を咬むことはありません。体長50~70mmのオオゲジという大型種もあり、本州南岸部以南に生息しています。体は褐色で艶があるのが特徴です。

  • ゲジゲジの目は光に敏感に反応して目がいい
  • ゲジゲジの脚は15対30の細く体長より長い脚を持ち、触覚も長い
  • ゲジゲジの動き方は細長い脚を使って素早く動く

ゲジゲジは人間を咬むことはある?毒はある?

ゲジゲジはムカデの仲間ですが、ゲジゲジは触れたものを見境なく襲うムカデと違って、人間を咬んだりして危害を加えることはほぼありません。(※素手で触ろうとすると驚いて誤って咬んでしまう事はあるのでご注意ください)

また毒は微弱ながらありますが、もしゲジゲジに噛まれたとしても腫れたり痛みを伴うような毒性はないので、噛まれた傷口を水で洗い流して清潔にすれば問題ありません。

ゲジゲジはゴキブリなどの衛生害虫とは異なり、細菌や寄生虫などを運ぶことはできないので、感染症などの原因にはなりえませんので過剰な心配は不要です。

  • ゲジゲジの性格は攻撃的ではない
  • ゲジゲジに噛まれても腫れたり痛みを伴うような毒性はない

ゲジゲジはゴキブリを食べる益虫

実はゲジゲジは肉食性で、ゴキブリにとって数少ない天敵のひとつです。ゲジゲジはゴキブリより動きも早く、簡単にゴキブリを捕まえることができます。ゴキブリを捕らえるとの羽までも跡形もなくなるまで食べてしまいます。

ゴキブリ以外にもシロアリ(白蟻)や蛾、クモなど何でも食べ尽くしてしまうため、厄介な虫を片付けてくれる掃除屋さんという点で益虫として考える人が多いです。害と言えば見た目が気持ち悪いという点のみかもしれません。

ゲジゲジが出る時期と室内に侵入する原因

ゲジゲジが出る時期と室内に侵入する原因
ゲジゲジが出る時期と室内に侵入する原因

主な生息場所

ゲジゲジは夜行性で、普段は落ち葉や石の下、土の中などに潜んでいます。その他には建物の床下や、草むらなどの暗く湿気が多いジメジメした環境を好みます。

活動時期

真冬を除いてほぼすべての時期に活動をしていますが、特に活動が活発になるのは6~9月です。

建物に侵入する原因

基本的には野外に生息していますが、秋ごろになり気温が下がると越冬場所を求めて室内に迷い込んだり、餌となる昆虫を追って侵入することがあります。

高温多湿の時期にはどうしても餌となる昆虫も増えるため、ゲジゲジの数も増えることになります。 ご自宅の周囲にゴミや廃材などが積み重なっている場合は、きれいに片付けることで被害を減少させることができるので、今一度周辺環境を見直してみましょう。

自分でゲジゲジを駆除する方法

自分でゲジゲジを駆除する方法
自分でゲジゲジを駆除する方法

いくら害虫を捕食してくれる益虫とわかっても、やはりゲジゲジの姿は気持ち悪いと感じる人も多いでしょう。部屋の中をゲジゲジが歩き回っているのに、何もせず見過ごすことはできませんよね?

そこでゲジゲジを駆除する方法について紹介します。

準備物

  • 殺虫スプレー
  • ティッシュペーパー
  • ビニール袋
  • 燻煙剤

手順

1

殺虫スプレーを使ってゲジゲジに向けて噴霧する

見つけたゲジゲジに向けて、殺虫スプレーを噴霧する。

2

ゲジゲジにティッシュペーパーをかぶせる

死んだゲジゲジの後片づけが問題ですよね?ゲジゲジにティッシュペーパー2~3枚をかぶせる。ビニール袋を手袋のように手に被せて、ティッシュペーパーごと掴んでビニール袋に入れる。ビニール袋から手から外して、ビニール袋の口を縛り捨てる。

3

ゲジゲジが室内で出た場合は燻煙剤を使う

室内でゲジゲジを駆除したなら、まだゲジゲジがどこかに隠れているかもしれません。隠れているゲジゲジの駆除方法は燻煙剤タイプの駆除剤を使うのがオススメです。燻煙タイプの殺虫剤なら部屋の隅々まで行き届き、ゲジゲジはもちろん様々な害虫も駆除できます。1つ気をつけたいのが、床下で燻煙剤を使用しないことです。床下で燻煙剤を使用すると床下からゲジゲジや害虫が室内に逃げ込む可能性があります。燻煙剤はあくまで室内でのみ使用しましょう。

おすすめ

室内や床下に入りこまないように、家の周りでゲジゲジを寄せ付けない方法もあります。

粉末状の殺虫剤があるので、あらかじめ家の周りに撒いておきます。殺虫剤が効いている間は家の周りでゲジゲジや、害虫を駆除でき、家の中に侵入するのを防げます。

ゲジゲジを予防する3つのポイント

ゲジゲジを予防する3つのポイント
ゲジゲジを予防する3つのポイント

ゲジゲジが家の中に侵入するのを防ぐには粉末状の殺虫剤を撒けばいいのですが、殺虫剤は限られた期間しか効果がありません。定期的に撒きつづけるのも経済的に大変です。

そこで粉末の殺虫剤を撒く以外の3つの予防ポイントについて紹介します。

ゲジゲジが好む環境を作らない

ゲジゲジは普段、屋外では草むらや落ち葉、石の下などに潜んでいます。家の周りの雑草はこまめに抜き、廃材やがれきなど不要な物は処分しましょう。落ち葉もためずにこまめに取り除くなど、家の周りの掃除を心がけましょう。

ゲジゲジが潜みにくい環境を保つことが予防対策になります。

室内の掃除や換気する

ゲジゲジはエサを求めて家の中に侵入してきます。ゲジゲジのエサになる害虫を防ぐには、やはり室内の掃除です。また、換気を心がけましょう。

室内の掃除がいき届いていない、室内の湿気が多くてジメジメしていると害虫好みの環境になってしまいます。

家にある隙間を埋める

ゲジゲジはわずかな隙間があれば、簡単に家の中に侵入できます。窓周りや換気扇、通気口などの家の周りの隙間はコーキングや網などを貼ったりして塞ぎましょう。

手に負えないゲジゲジの駆除は業者に依頼

今回は、ゲジゲジの特徴や、ゲジゲジを駆除や予防する方法について紹介しました。

自分の手に負えないゲジゲジや害虫を駆除するには、専門業者の力を借りるしかありません。そこで、重要になるのが業者選びです。自分に合った業者を選ぶには、複数の業者を比較検討しましょう。

毛虫・チャドクガ駆除業者を探す時は、すまいのほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

毛虫・チャドクガ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った毛虫・チャドクガ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す