ペットシッター
更新日:2019/10/16

ペットのしつけに1人で悩んでない?育犬ノイローゼにならないペットのしつけ方

ペットのしつけに1人で悩んでない?育犬ノイローゼにならないペットのしつけ方

ペットのしつけにお悩みではありませんか?無駄吠え、いたずら、トイレの失敗など、一人で解決できない時はプロに相談しましょう。残念ながらそれでも解決できなかったという体験談もありますが諦めずに向き合うことが大切です。今回は、ペットのしつけについてご紹介します。

可愛い愛犬との暮らしは、とても癒されますが、しつけに悩まされることもありますよね。

いたずら、無駄吠え、トイレの失敗や唸るなど、ペットのしつけで頭を抱える飼い主さんはとても多いです。

決して、あなたとあなたのワンちゃんだけではありません。

だから、1人で悩みすぎないで下さいね。

虐待や育犬ノイローゼに発展してしまわないように、少し深呼吸してペットとの向き合い方を考えていきましょう。

今回は、ペットのしつけについてご紹介します。

愛犬のしつけでお悩みの方だけではなく、これから犬と暮らそうという方もぜひご一読いただけると幸いです。

>>プロのペットシッター業者の一覧

ペットを飼う前の心構え「しつけと命を預かること」

ペットを飼う前の心構え「しつけと命を預かること」

ペットは「愛玩動物」ではなく、「伴侶動物」つまり、家族の一員です。

家族の一員なわけですから、子育て同様、愛情と厳しさをもって接しなければいけませんね。

いいことをすればほめてあげる、いけないことをしたら厳しく叱る、人間の子育てと同じです。

ペットを飼うには、生活そのものが変わることを覚悟しなければなりません。

トイレなどの基本的なしつけをし、朝晩の散歩などの世話が日課に加わり、さらに旅行やドライブに行くにも制約がつきます。

大病を患ったり手術を行う場合、下手すると人間よりも高い医療費がかかることもあります。

悲しいことに、「言う事を聞かなくなった」「大きくなって可愛くなくなってきた」「病気にかかってしまい医療費が馬鹿にならないから」等々、人間の身勝手な理由でペットを手放し、動物愛護センターに持ち込む人が後を絶たないようです。

動物愛護センターに持ち込まれたペットは、新たな飼い主が見つからない場合は、残念なことにほとんどが殺処分されてしまいます。

ペットを飼うには、どのようなことがあってもペットが旅立つその日まで、最後まで家族の一員としてずっと寄り添う覚悟が必要です。

簡単に「可愛い~」だけでは飼えないのが現実。

しつけに悩み、どうすればいいのか途方に暮れる飼い主さんも多いですが、諦めずに向き合うこと、1人で悩まずに時にはSNSを使ったり、プロの力を借りて乗り越えていきましょう。

ペットを迎えた日から始まるしつけ

ペットを迎えた日から始まるしつけ

ペットショップやブリーダーさんの所からあなたのご自宅にペットを迎え入れたその瞬間から、しつけは始まっています。

初日はあまりの可愛さとペットを家族の一員に迎え入れたうれしさから、ついついベッタリ寄り添い、布団の中に一緒に入れてしまいたくなります。

その気持ち、よ~くわかります!

が!!!

これは、ペットのしつけ上絶対やってはいけないことの一つです。

筆者も、我が家にサモエドの赤ちゃんを迎え入れた日はついつい一緒に布団で寝てしまいたくなりました。

しかし、ブリーダーさんから

初日は絶対甘やかしてはダメですよ!

たとえ寂しくてどれだけ夜泣きしようがわめこうが、無視してください。

そうしないといつまで経っても甘えん坊で要求吠えが止まらないこになってしまいますからね」

ときつく言われていました。

母犬から離れ、寂しくて一晩中遠吠えしているわが子を、ぐっと堪えながら無視しました。

可愛いわが子が鳴いていると本当にツライですが、ここはとにかく飼い主さんが耐えましょう。

ペットのしつけで大切なこと

ペットのしつけで必要なこと

ペットのしつけで飼い主さんが困っていることは、犬の性格や環境によって本当にさまざまです。

「命令を聞かない」「いつまでも要求吠えが止まらない」ことにお困りの方も多いと思います。

例えば皆さんは、わが愛犬が「待て」「お座り」「伏せ」の基本動作をなかなかできない場合どうしていますか?

言うことをなかなか聞かないから無視したり、無理やりおやつで釣ろうとしたりしていませんか?

これは、しつけが上手くいかない理由の一つといえます。

そのようなことをしてしまったら

「ワンワン吠えればおやつをくれる」
「言うことを聞かなくても怒られない」

と学習してしまい、人間に対し畏怖の念を持たなくなってしまいます。

ご自身が出した「待て」「お座り」「伏せ」の指示は、愛犬が指示を守るまで必ずやり切りましょう。

おやつをあげたり撫でまわしてあげるのは、指示をちゃんと守った時の御褒美にしましょう。

そうすれば「あ、ご主人様の言うことを聞けばいいことがあるんだ」と学習してくれます。

指示の出し方も非常に重要です。

お願いするような態度で指示を出していると、お利口なペットは「あ、言うことを聞かなくてもいいんだ」と思ってしまいます。

指示を出すときは毅然とした態度で、時としてはなかなか言うことを聞かなければ軽く痛みを与える人もいますが、昔と違って現代ではそういったしつけは必要ないといわれています。

テレビでも「しつけ」と称した犬の虐待についてよく放送されていて、とても心が痛みますよね。

刃物やバット・硬い棒などで殴ったするのは、しつけではなく虐待です。

リードの掴み手部分やハリセンなどを使い、鼻の頭を軽くびしっと叩くと効果があるという声も聴きます。

痛みよりも、音の大きさで驚かせる。という感じが良いと思います。

有名なプロだからしつけを任せても安心?

有名なプロだからしつけを任せても安心?

とは言いながらも、怒ろうとすると前歯をむき出しにして唸ってきたり、場合によっては本当に襲われてしまうこともあります。

しつけで手を焼いている方が、大変多いのもまた事実です。

このような時、どうすればよいのでしょうか?

いろんな書物を読んでも、ネットで情報を集めても、結局実践できないという方も大変多いです。

犬の性格や家庭の環境もあるので、自分一人で解決できない場合はしつけのプロにお願いするのが一番よいですね。

ペットブームに乗り、いろんなペットスクールやペット預託サービス業者さんが現れるようになりました。

これだけ数多くのプロの中には「えせプロ」もまた数多くいること、金もうけだけを目的とした詐欺師も数多くいることを覚えていただきたいです。

筆者の知人にも、赤ちゃんの時から無駄吠えと指示無視を繰り返し、挙句の果てにご主人様に5針を縫う大けがを負わせた大型犬を飼っていた方がいます。

この方は、いよいよ手に負えなくなり、某テレビ番組の企画やインターネットで話題のカリスマペットしつけ師に1回2万円の出張しつけ訓練をお願いしました。

そのプロはいきなりお座りや伏せの訓練をはじめ、するとあれだけ荒れ狂っていた愛犬が急に言うことを聞くではありませんか!

これはすごい!さすがプロ!と感心していると。

ん?

よく見ると右手にはビーフジャーキーを握りしめていました。

しかも、ジャーキーをあげるとまたワンワン吠えはじめ、次のジャーキーを催促している始末・・・。

週2回のこのようなトレーニングを2か月重ね、その方の愛犬はジャーキーなしには言うことを聞かない子になってしまいました。

嘘のような本当の話ですが、このような非常に残念なプロが数多くいます。

皆さんにもこの事実をぜひ知っていただきたいと思い、真実を書き綴りました。

安心できるペットのしつけのプロの選び方

安心できるペットのしつけのプロの選び方

では、どのようなプロならば愛犬を完全にいい子にしてくれるのでしょうか?

正直、いろんなプロがいて、しつけの方針や手法も人により全く違います。

筆者もいろんなプロを見てきましたが、明らかに適当なトレーニングを行い、高いレッスン料を取り続けている悪徳プロは少なからず存在します。

逆に「この人ならやってくれる!」と感じさせるプロ、事実本当にペットを見違えるようにいい子にしてくれるプロも存在します。

そのような本物のプロは、まず接し方からして違います。

本気で愛犬と向き合ってくれているな。というのは、素人でも感じ取ることができます。

「パピーからでないと、しつけはできない」と言ったり、完全に時間で儲けるような人(1分でも過ぎれば費用が発生など)のトレーナーはあまりおススメできません。

安心できるプロのしつけ師は、飼い主様にも普段のペットとの接し方や叱り方、ほめ方まで実践しながら教えてくれます。

ペットのしつけは、プロ任せにしないことが大切!

家族もしつけに積極的に参加し、真剣にペットと向き合う姿勢が必要です。

ペットを何か月、何年も預かり、本格的にしつけをしてくれるプロもいますが、それなりの費用が掛かります。

また、自宅とは違った環境でしつけてもらうことになるので、帰宅してから結局いたずらだらけ・・・というのでは意味がありませんよね。

家庭環境にもよりますが、できれば自宅に来てくれるプロがおすすめです。

最近は出張ペットシッターサービスでも、このように本気で愛犬と向き合ってくれる方がいます。

一人で悩まずに、一度利用してみてください。

ペットのしつけは今を認めて諦めないことが大切!

今回は、ペットのしつけについてご紹介しました。

ペットを飼うときは、何があっても飼育放棄せず最後まで家族と一緒に過ごす心構えが必要です。

もし自分や家族だけでは、しつけが上手くいかない時は、プロにお願いしましょう。

家族も一緒にしつけに参加することを重視し、やり方まで実践しながら教えてくれるプロを選んで下さいね。

大切なのはペットの今を認めてあげることです。今はできないことを認めて、できたら褒めてあげることで改善していきます。諦めずに向き合って下さいね。

まとめ

  1. ペットを飼うと決めたらしつけについて学び、実践することが大切。
  2. ペットを迎えた日、可愛さのあまり一緒に寝たいのはわかりますが絶対にNG!どんなに泣いても心を鬼にして無視しましょう。
  3. ペットのしつけのポイントは褒め方とタイミング。痛みを与える必要はなく、驚かせることで解決することもある。
  4. ペットのしつけのプロは、犬の年齢に限らず向き合ってくれ、実践しながら教えてくれるトレーナーを選ぼう。

ペットシッター業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ペットシッターをプロに依頼するなら

ペットシッターを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にペットシッターの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.39

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事