最終更新日:

コナダニはどこから?台所や本棚に発生しやすいコナダニの特徴や駆除方法を紹介

コナダニは体長0.3~0.5mm程度の小型のダニです。見た目が白く和室や台所、本棚に発生しやすいです。毒性がないとはいえ放置するのは危険です。他のダニの発生を誘発し、健康被害を引き起こすこともあります。今回はコナダニの駆除や、繁殖防止の方法について紹介します。

コナダニはどこから?台所や本棚に発生しやすいコナダニの特徴や駆除方法を紹介

コナダニは?家の中に発生する代表的なダニです

コナダニは?家の中に発生する代表的なダニです
コナダニは?家の中に発生する代表的なダニです

コナダニとは、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目コナダニ亜目(無気門亜目)に分類されるダニの一種です。

  • コナダニの体長は0.3~0.5mm程度の小型のダニ
  • 体は白く柔らかく、足が短い
  • 背中には細長い毛がたくさん生えていて、長い毛を引きずるように這いずりまわる

チリダニ、イエダニ、ツメダニと共に、家の中に発生するダニの代表的な種類の一つです。

これらのダニは大きさはコナダニと同じくらいで、同じダニとしてひとくくりにされやすいですが、イエダニやツメダニのように吸血することはありません。もっと大型で吸血し感染症を媒介するマダニほど危険性はありませんが、非常に厄介なダニの一種です。

気温20~30℃、湿度60~80%くらいの環境で大量発生すると言われています。日本では5月下旬~7月上旬の梅雨時に大量発生します。

梅雨がないと言われている北海道には発生しないという話しを聞いたことがありますが、ここ最近の地球温暖化のせいなおか、5月下旬~7月上旬は内地ほどではないにしても、ジメジメ、シトシトと不快な気候が続くようになった北海道でも発生事例があるようです。

コナダニは台所と和室に発生しやすい

コナダニは台所と和室に発生しやすい
コナダニは台所と和室に発生しやすい

コナダニが家の中に発生しやすい場所は、台所(キッチン)まりと和室が有名です。

コナダニは台所(キッチン)まわりにでやすい

コナダニは台所まわりの乾物、調味料、パン粉、味噌、菓子類など、常温でストックしてある食料品が大好物です。

食材をストックしてある場所は、冷暗所が多いですよね。そういう場所は湿気がたまりやすく空気の流れも悪いことから、気温が上がるとコナダニが一気に繁殖してしまいます。

特にホットケーキミックスが大好物だと聞いたことがあります。ホットケーキを焼いて「ん?何か粒々感があるな~全粒粉だからかな~?」と呑気なことを言っている場合ではありません。全粒粉ではなく、コナダニの粒々感かもしれませんよ。

コナダニは和室に発生しやすい

他のダニと同じように、梅雨の時期に和室に大量発生することもあるようです。

体長が0.3~0.5mmということもありあまり目立ちませんが、よく見ると何か小さな粒々が動いていることがあります。ご自宅の和室をよく確認してみて下さい。コナダニがいるかもしれません。

ひどい家になると「壁一面にビッシリとコナダニがへばりついていた…」という話を聞いたこともあります。壁紙が白っぽい色なのでぱっと見はわかりませんが、なんだか壁がゆらゆらと動いているように見え、それが何と大量発生したコナダニの仕業です。

コナダニは人間に直接被害はない

コナダニは人間に直接被害はない
コナダニは人間に直接被害はない

コナダニ自体に毒性はなく、直接病気の原因になるといわれています。しかし、コナダニを大好物にしているツメダニというダニを発生または誘発するため、放置しておくわけにはいきません。

ツメダニは人が寝ている間に太ももや、腹まわりを刺し激しいかゆみを引き起こし皮膚炎の原因となります。また、シックハウス症候群を助長する一因として、コナダニを体内に摂取することが挙げられています。

家の中の食品に大量に紛れ込み、気づかないうちに普段の食事と共に体内に取り込んでしまう可能性が大です。自分と家族の健康を守るためにも、コナダニが発生したら駆除する必要があります。

コナダニを駆除するなら燻煙タイプの殺虫剤

コナダニを駆除するなら燻煙タイプの殺虫剤
コナダニを駆除するなら燻煙タイプの殺虫剤

コナダニは繁殖させないのが一番ですが、万が一発見した場合に自分でできる駆除方法を紹介します。

コナダニを駆除する3つの方法

  • 市販の燻煙タイプの虫剤を使って駆除する
  • 掃除機をかけるてコナダニを吸い取る
  • ダニ吸着シートを使って駆除する

市販の燻煙タイプの殺虫剤が、いちばんコナダニを駆除できます。殺虫剤を使う時は薬剤がかかってはいけない家財や食料品にゴミ袋を裂いて広げたものを被せて、めくれ上がらないようにテープで固定してから使いましょう。衣類などビニール袋にしまうなど、薬剤燻煙前に準備しましょう。

金魚鉢や小動物が入ったケージを密閉してしまうと窒息死してしまうかもしれないので、家の外に一時避難させましょう。

コナダニを掃除機で吸い取ることも対策としては効果があります。掃除機でコナダニを吸い取った後は、ゴミ箱に無造作に捨てるのではなく袋に入れ口を閉めて処分しましょう。

他にも市販のダニ吸着シートを使ってコナダニを取る駆除方法もあるので、試してみてみましょう。

コナダニを予防する方法はこまめな換気

コナダニを予防する方法はこまめな換気
コナダニを予防する方法はこまめな換気

コナダニは梅雨の時期のような状況を1番好みます。そこに大好物の食品があると、一気に大量発生してしまいます。

この特徴をふまえて、コナダニの繁殖を防ぐ方法について紹介します。簡単にできることばっかりなので、ぜひ一度実践してみて下さいね。

コナダニの繁殖を防ぐ4つの予防方法

  • こまめに室内を換気する
  • お風呂場やトイレのドアは開けっ放しにせず閉める
  • 台所(キッチン)の水分を放置しないで片付ける
  • 食品の保存方法を見直す

繁殖を防ぐには、コナダニが好む高温多湿の環境を作らないようにすることが重要です。

また風呂場やトイレのドアは開けっぱなしにせずにきちんと閉めましょう。洗い物を置きっぱなしにしたり、桶や鍋などに水をためたままにしないようにしましょう。

食品を保存するときは密閉できるストッカーに収納し、決して口が空いたままの袋を置きっぱなしないことも大切です。口が開いたままや放置しておいた物はもったいありませんが捨てる勇気も必要です。

コナダニは低温では繁殖しないので、冷蔵庫にストックするのも有効な手段です。

コナダニの駆除は業者に駆除依頼できる

今回はコナダニの特徴や発生しやすい場所、コナダニを駆除する方法を紹介しました。コナダニは毒性がないとはいえ、放置しておくと健康被害を引き起こす原因にもなりえます。

こまめな掃除や換気して食品の取り扱いに注意して、家の中を清潔に保つことを心掛けましょう。

発生してしまったコナダニの駆除は、殺虫剤などを使えば自分できます。しかし、環境によっては自分の手に負えない場合もあります。そんな時は、業者に駆除してもらいましょう。

トコジラミ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トコジラミ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったトコジラミ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す