【着崩れない浴衣の着付け方法】自分でできる浴衣の着付け手順を解説

難しそうに感じる浴衣の着付けですが、正装の着物に比べればはるかに簡単に着られます。しっかりとポイントをおさえれば、初心者でも1時間程度で着られるので挑戦してみましょう。今回は、浴衣の着付けについて、準備品や着付けの手順、着崩れ対処法を紹介します。

出張着付け
更新
【着崩れない浴衣の着付け方法】自分でできる浴衣の着付け手順を解説

花火大会や、お祭り、デート、友達とのお出かけに、夏の遊び着として着る機会が多いのが浴衣ですよね。

冬でも旅館でお風呂上りや、寝間着に着たりと、浴衣は私達日本人にとって1年中身近な装いといえます。

しかし、1人で浴衣を着るのは、なんとなく難しそうだと思っていませんか?

同じ和服でも浴衣は正装の着物に比べれば、はるかに着る手間が少なくてすみます。

そこで今回は、初心者でも自分でできる浴衣の着付け方法や、浴衣が着崩れないポイントや、着崩れた時の対処方法について紹介します。

>>プロの出張着付け業者の一覧

【浴衣の着付け】浴衣の着付けに必要なものを揃えよう!

【浴衣の着付け】浴衣の着付けに必要なものを揃えよう!

浴衣を着る前に、必要な物を準備しましょう。

チェックリストを見ながら、揃えて下さいね。

用意するもの

必須
浴衣
半幅帯
腰紐
伊達締め
帯板
肌襦袢
裾除け
補正用タオル
下駄
バック

浴衣は身体に合ったサイズのものを用意しましょう。

身体に合わないサイズだと着崩れしてしまうので、インターネットで購入する時は気を付けて下さいね。

その他、耳慣れない名前の品物がいくつかあると思いますので説明します。

【浴衣の着付け】半幅帯について知ろう!

普通の帯の半分くらいの幅の帯です。浴衣などカジュアルな着物に使われる帯です。

【浴衣の着付け】腰紐について知ろう!

着崩れを防ぐため腰に巻く紐のことです。
3本くらいあるといいでしょう。

【浴衣の着付け】伊達締めについて知ろう!

約10cm幅の薄い帯状のものです。
帯を結ぶ前に締めて、浴衣の着崩れを防ぎます。

最近ではマジックテープタイプの伊達締めが売られていますので、初心者にはこちらの方がオススメです。

【浴衣の着付け】肌襦袢について知ろう!

浴衣の下に着る下着のようなものです。
肌襦袢がなければ、キャミソールなどで代用できます。

【浴衣の着付け】裾除けについて知ろう!

肌襦袢とセットで使うもので、下半身にあてる布地のことです。

今はワンピース式の肌襦袢や、浴衣スリップも売られています。

  • モップ
    モップ

    ゆかた着付けの小物がセットになったお得な商品もあるよ~♫

【浴衣の着付け】自分で浴衣を着付ける方法を知ろう!

【浴衣の着付け】自分で浴衣を着付ける方法を知ろう!

準備するものが揃ったら、着付けを始めましょう。

まず、先ほど説明した準備物を椅子の背にかけておきます。
こうすれば、いちいち取りに行かなくてすむので時短になります。

1

はじめに肌襦袢と裾除けを着る

肌襦袢と裾除け(キャミソールやスリップなど下着)をつけます。この時タオルをウエストに巻き、寸胴になるように補正して腰紐で固定します。

2

浴衣を羽織り背中の中心を合わせる

浴衣を羽織り、両手を横に広げて背中の中心を合わせます。右手で両襟の10cmほど先(襟の一番下部)をつまみます。左手は腰に回して背中の中心を持ち、裾をくるぶしの高さに引き上げて合わせます。

3

裾の線をキープしたまま浴衣を巻く

先ほどの裾の線をキープしたまま、右手を右腕側の浴衣の襟先に持ち替えて前を巻きます。さらに、左手で左腕側の浴衣を巻きます。腰骨の少し上に腰紐を巻き、浴衣をしっかりとめます。

おはしょりを作る(浴衣の丈を調節する)

おはしょりとは、浴衣の丈を調節する部分です。左右の身八つ口(浴衣の脇の開いている部分)から手をいれ、下にトントンと伸ばします。

片手で襟元を押さえて襟を整える

片手で襟元を押さえて、片手で背中心をぐっと引き下ろして襟を抜きます。

腰紐を巻き上に伊達締めを締める

最後に腰紐を巻き、上に伊達締めを締めたら浴衣のシワやゆるみを伸ばして完了。

【浴衣の着付け】基本の浴衣の帯を締める方法「文庫結び」

【浴衣の着付け】基本の浴衣の帯を締める方法「文庫結び」

浴衣は帯の締め方で、ガラリと印象が変わります。

さまざまなアレンジを楽しめるので、大人っぽくしたり、可愛くしたりイメージに合わせた帯の締め方を選びましょう。

文庫結びという基本の帯の締め方について紹介します。

リボンのような形で、ポピュラーな帯の結び方です。

1

帯の半分を取って縦半分に折り右肩にかける

帯の端を50cmほど取り、柄を表にして縦半分に折り右肩にかける。ここの部分を帯の手と呼びます。肩にかける時には帯の輪が左側にくるようにします。

2

帯を腰に巻い位置を決めて帯を2周巻く

腰の帯を巻く位置を決め、帯の手の折り目を支点に帯を広げて腰に巻いていく。帯の上線が胸の下にくる位置にしましょう。帯を巻くときは帯を回すのではなく、自分の身体を時計回りに回転させていくとキレイに巻けます。帯を2周巻いたら、帯のたれ(手の反対側の端)と帯の手を結びます。

3

帯の手を下にある帯のたれに被せて下から通して結ぶ

おへその辺りで上にある帯の手を、下にある帯のたれにかぶせて、下から通して結びます。左右にギュッと引っ張ってきつく締めます。結び目を縦にして、帯の手が結び目の上に、帯のたれが下にくるようにします。帯のたれを広げて結び目の近くで肩幅に折る。ここで蛇腹折りにすると「花文庫結び」にアレンジできます。

折った羽根の中心をつまみ、両端をひろげてひだを作る

折った羽根の中心をつまみ、両端をひろげてひだを作ります。肩にかけていた帯の手をおろして、羽根の中心の下から通し、上から引き抜きます。帯からはみでた部分は帯と浴衣の間にしまいます。形を整えたら、帯を回転させて羽根が背中にくるようにします。一気に回さず、少しずつ帯をずらして背中の中心にもっていきます。

最後に帯板(前板)を入れて完成です

最後に帯板をいれます。板は前板と後板がありますが、今回は前板をいれるだけで完了。

【浴衣の着付け】浴衣が着崩れないポイントと対処方法

【浴衣の着付け】浴衣が着崩れないポイントと対処方法

浴衣を着てお出かけした時に、「トイレに行きたくなったらどうしよう…」と不安な事があると思います。

トイレに行く時は、浴衣の裾を帯にはさんでおけば大丈夫です。

また、浴衣が着崩れないポイントは、歩き方に注意することです。

大股で歩くと裾が大きく開いてしまうため、着崩れの原因になります。
内股で歩幅を小さくして歩くのがポイントです。

着物は洋服と違い、身体の動きにフィットするよう作られてはいません。
普段通りに大きな動作すると、すぐに着崩れしてしまいます。

椅子に座る時も深く腰掛けず、背筋を伸ばして浅く座るようにしましょう。

ベタッと床に座るなどは、ご法度です。
とにかく、動作全体を小さくするように心がけましょう。

浴衣が着崩れた時の、対処方法について紹介します。

【浴衣の着付け】帯が下がってきた時はタオルかハンカチで調整する!

小さいタオルやハンカチをたたんで帯の後ろにはさみます。

【浴衣の着付け】裾が落ちてきた時の最終手段は安全ピンで固定する!

おはしょりの内側を下から上へ引っ張りあげます。

最終手段として、安全ピンで帯の下あたりでとめるという方法もあります。

【浴衣の着付け】襟がゆるんできた時はおはしょりをひっぱって整える!

襟元の下前(浴衣の前身頃の右側)を入れ込み、上前(浴衣の前身頃の左側)を右にひきます。

背中の帯下のおはしょりを下にひっぱって整えます。

【浴衣の着付け】自分でできない時は出張着付けに依頼できる!

【浴衣の着付け】自分でできない時は出張着付けに依頼できる!

どうしても、自分で浴衣の着付けするのは自信がないという人や、デートなど気合が入ったお出かけできちんと浴衣を着たいという時は、プロに頼むのも手です。

なかでも出張着付けサービスがオススメです。

出張着付けサービスとは、浴衣や着物を自分の頼んだ場所へ来てくれて、着つけてもらえるサービスです。

重い荷物を運ぶことなく、プロに着つけてもらえるのでとても便利です。

料金の相場は、着付けだけなら3,000円~5,000円程度です。

他に出張費や、交通費実費を支払います。
ヘアメイクを頼むとさらに料金がプラスされます。

所要時間は30分~50分ほどです。

依頼方法は、電話やインターネットで依頼できます。

キレイに浴衣を着付けてもらって、「素敵な1日を過ごしたい!」という時は検討してみてはいかがでしょうか?

浴衣の着付けを練習して自分で着付けしてみよう!

今回は、初心者でも自分でできる浴衣の着付け方法や、浴衣が着崩れないポイントや、着崩れた時の対処方法について紹介しました。

浴衣の着付けは、思ったより簡単にできます。

多少の着崩れを恐れるより、気軽に挑戦してこの夏は浴衣を楽しんで下さいね。

まとめ

  1. 浴衣の着付けに必要なものをそろえたら、着付けは練習あるのみ
  2. 浴衣の帯の締め方には種類がある。基本の「文庫結び」はおさえよう
  3. 浴衣が着崩れないポイントと、着崩れた時の対処法を知っておけば、いざという時に安心
  4. 自宅にプロが来て浴衣の着付けをしてくれる「出張着付けサービス」の利用も必要に応じて検討しよう

出張着付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張着付けをプロに依頼するなら

出張着付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に出張着付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
12 投票, 平均点: 3.40

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事