最終更新日:

DIYでドアノブを交換する方法!ドアノブは劣化するため交換が必要です

破損した室内ドアノブの交換は早めにしましょう。室内ドアノブを交換するには採寸が重要です。採寸する箇所や交換方法について紹介します。自分で交換するにはDIY上級者向けといえます。業者に依頼すると1万円くらいの費用なので、難しい場合は業者に依頼するのがオススメです。

DIYでドアノブを交換する方法!ドアノブは劣化するため交換が必要です

日々の開け閉めでドアノブは劣化するため交換が必要

日々の開け閉めでドアノブは劣化するため交換が必要
日々の開け閉めでドアノブは劣化するため交換が必要

ドアノブは家庭の中でも使用頻度の高い場所で、考えてみれば子供部屋、寝室、リビングへの出入りを1日何回も繰り返していますよね?たまには激しく手荒に、ドアを開け閉めしてしまうこともありますよね?

筆者の反抗期真っ盛りの息子も、親子喧嘩の後はドアノブを激しく扱いバタンッ!と閉めます。そういう筆者も夫婦げんかの後は「この野郎!」と怒りに任せて激しくドアノブを扱ってドアを閉めた経験がないと言えば嘘になります。(苦笑)これを読んで下さっているあなたも、思い当たる節がありませんか?

このように365日少なくとも1日4~5回はドアノブを操作する訳ですから、劣化して当然と言えば当然です。下記の症状に当てはまる場合はドアノブの交換を検討しましょう。

ドアノブが空転する

ドアノブを回しても扉が開かないという症状が発生している場合は、ドアノブを交換した方がいいでしょう。ドアノブが空転するのは、ドアノブ内部のバネなどが故障している可能性が考えられます。放置すると扉が開かなくなるなどのトラブルにつながります。

ドアノブを下げても開かない

レバーハンドルのドアノブを下げても扉が開かないという症状が発生している場合は、ドアノブを交換した方がいいでしょう。扉が開かなくなるなどのトラブルにつながります。

使い勝手をよくしたい

ドアノブをひねって開けるタイプは握力の弱い方や両手が塞がっている時に使い勝手が悪いです。場合によっては介護保険の対象になることがあります。

自分の好きなようにインテリアを変更したい時は、ドアノブの交換を検討してみてはいかがでしょうか?扉を交換するとなると高額ですが、ドアノブの交換は比較的安価に印象を変えられます。

ドアノブ「握り玉」「レバーハンドル」の特長

ドアノブ「握り玉」「レバーハンドル」の特長
ドアノブ「握り玉」「レバーハンドル」の特長

自宅を新築する時やリフォームして室内ドアを交換する時は、一般的な内装建材(建具)の開きドアは、大きく分けて2種類のドアノブを選択するケースが多いです。

握り玉(にぎりだま)の特長

握り玉は昔からある一般的なドアノブ形状で文字通り丸い形状の室内ドアノブを手で握りまわしながらドアを開け閉めするタイプです。

ドアノブの室内側にカギが付いているタイプと、カギなしタイプのものがあります。カギ付きタイプはトイレや浴室、事務所などでは社長室や経理室などに使われています。

レバーハンドルの特長

レバーハンドルはドアノブが棒状のタイプで、最近はシンプルな金属系のドアノブだけではなく、ガラス製や陶器製などの意匠性に優れた製品も数多く市販されています。

筆者が一番驚いたのは、佐賀県伊万里市で見た「伊万里焼」のドアノブです。ちなみに1本1万円以上!これは雑に扱えませんね。(苦笑)

ドアロック用のカギ穴を単体で設けている製品や、ドアノブの根元の部品ユニット(箱錠部分といいます)そのものにロック機能が付いた製品があります。

自分でドアノブを交換する時は採寸が重要です

自分でドアノブを交換する時は採寸が重要です
自分でドアノブを交換する時は採寸が重要です

ドアノブを交換する時は、今付いている製品の正確な採寸が一番重要です。採寸が正確であれば、ドアノブの交換が楽にできます。

ドアノブを探すために必要な寸法箇所のサイズとメーカーをメモしましょう。箱錠の断面のプレートに付いている刻印を調べると正確に商品の情報がわかります。

自分でドアノブを交換する時は採寸が重要です
自分でドアノブを交換する時は採寸が重要です

ドアノブ(握り玉)を交換する方法

ドアノブ(握り玉)を交換する方法
ドアノブ(握り玉)を交換する方法

よほど大昔の室内ドアノブや輸入品、特注品の室内ドアノブでない限りドアノブの交換は自分でもできます。DIYが趣味の人でもかなりの上級者向けの作業になります。

準備物

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 新しい古い握り玉本体

手順

1

古い握り玉本体を取り外す

握り玉の根元部分に留めネジが付いているので、ネジをドライバーで取り外し握り玉を取り外す。外側台座のねじも外しドアノブを取り外す。

2

フロントのネジを外しラッチを取り出す

ドアノブの断面についているラッチネジ(上下2個)をドライバーで外す。ラッチネジを外したらラッチの隙間にマイナスドライバーを差し込み箱錠を引き抜く。

3

新しいラッチをはめ込む

新しいラッチをドア側面から入れる。ラッチの傾斜が付いている方がドアの締まる向きになるようにする。プレートが出っ張っている場合は、ドア本体のくぼみ部分をノミで2mm程度しゃくり(掘り)収まるようにする。ドライバーを使ってラッチネジ(上下2個)を取り付ける。

4

外側の握り玉本体と金具を取り付ける

外側から握り玉本体を差し込み台座ネジを取り付ける。もともと使用していたネジ穴を再利用する場合がほとんどですが、長年の使用によりネジ穴が座屈(ざくつ)し大きくなっている場合があります。このような場合は新たな木ねじをとめ、古い穴には木工用ボンドを注入してつまようじを差し込みでっぱり部分をカットする。

5

内側の握り玉本体と金具を取り付ける

内側の握り玉本体と金具を取り付ける。握り玉をシャフトに差し込んだら握り玉本体をネジ止めする。取り付け後スムーズに動くか確認して完了。

おすすめ

ドアノブが交換できないなら業者に依頼しよう

今回は自分でドアノブの種類やドアノブを交換する方法を紹介しました。

室内ドアノブが壊れたままだと不便なので、なるべく早く交換しましょう。「自分で頑張ってみよう!」という人は、今回の記事を参考にぜひ挑戦してみて下さい。

しかし無理は禁物です。「やりたいくない…」「できる気がしない…」そんな時は業者に依頼しましょう。

まとめ

  1. 室内ドアノブには「握り玉」と「レバーハンドル」の2種類がある
  2. 室内ドアノブはDIYでも交換できる。正しい寸法を測り交換作業しよう
  3. 業者に依頼する場合は施工実績が豊富で工事内容や条件をきちんと教えてくれる業者に依頼しよう

室内ドアノブの交換業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

室内ドアノブの交換ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った室内ドアノブの交換の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

記事を探す