更新日:2019/02/21
 

【トイレリフォーム】気になる便利な機能や費用、業者探しを徹底解説

【トイレリフォーム】気になる便利な機能や費用、業者探しを徹底解説

2019/02/21更新:トイレリフォームを検討する際、気になるのが便利な機能や費用についてですよね。予算の中で、何を優先するかを決める重要なポイントとなります。また、業者も沢山るのでどこに決めたらいいのか悩みますね。今回は、トイレリフォームの”気になる”を徹底解説します。

トイレは毎日使用する場所なので、できるだけ快適な空間にしたいですよね。

「掃除がしにくい」とか「便器が老朽化していて使いにくい」など不便を感じることはありませんか?

トイレの日常的な不便さを解消したり、今よりもっと快適な環境にするためには、リフォームが最適といえます。

理想のトイレを実現することによって、生活の質は向上するでしょう。

近年においては、省エネ効果の高いものや、掃除の負担を軽減できるものなど、利便性を追求したさまざまな機能を持ったトイレが多くあることが特徴です。

また高齢化などライフスタイルの変化によってトイレに求める機能は変化しますが、さまざまなニーズに対応することも可能です。

  • モップ
    モップ

    今回はトイレのリフォームについて悩んでいる…と困っている人の助けになりたいと思っています!

今回は、「トイレのリフォーム」がテーマです。

今や主流となっている洋式トイレについて、種類や機能、または必要となる費用について解説していきます。

トイレリフォームを検討される際は、ぜひ参考にして下さいね。

トイレの種類について

トイレの種類について
  • こまるちゃん
    こまる

    うちのトイレは古くて(泣)
    リフォームを考えようかと思って。


  • モップ

    まず、自宅の排水方式を確認しよう。それから、どんな種類のトイレがいいか検討するといいよ。

トイレのリフォームをする時には、トイレの種類を決める必要があります。

まず自宅のトイレの排水方式を確認し、その排水方式に適合するもののなかから形状などのタイプで選びましょう。

排水方式

大きくは床排水と壁排水の2種類があります。

床排水は、排水管が床に向かっていることから外部からは目視できません。

したがってトイレの周辺に排水管が確認できないものは床排水となりますが、戸建て住宅のほとんどで見られる方式です。

壁排水はトイレから壁面に向かっている排水管を確認することができるもので、マンションなどの一部で見られる方式です。

トイレのタイプ

トイレのタイプは「組み合わせ型トイレ」「一体型トイレ」「タンクレストイレ」の3種類があります。

それぞれの特徴について解説いたします。

【組み合わせ型トイレ】
便器と便座、タンクのそれぞれが分離しており、好みで組み合わせることができます。

現状において最も普及しているタイプとなり、価格は比較的安く、故障や破損があった場合にその部分だけを交換できるためメンテナンスが楽になります。

しかし一方で、部分的に掃除がしにくくなるような場所が発生することがあります。

【一体型トイレ】

便器と便座、タンクが一体化しているタイプで、タンクの上部に手洗いの有無を選択することができます。

組み合わせ型と異なり、部分的な交換が難しくなる場合がある反面、構造的に掃除がしやすいという特徴があります。

【タンクレストイレ】

便器と便座だけで、タンクのないタイプです。

部材が少なくなるためトイレスペースを広く使うことができ、掃除もしやすくなるうえ、水道と直結していることからタンクに水を溜める時間のロスを省くことができます。

ただし水圧の低いところへの設置が難しいものもあり、また手洗い器を別途設置するなどの対策が必要となります。

トイレにあると便利な機能

トイレにあると便利な機能
  • こまるちゃん
    こまる

    勝手に蓋が開け閉めできるトイレに憧れる~。


  • モップ

    今は便利な機能がついたトイレが沢山あるよね。

トイレには便利な機能を搭載することが可能で、ライフスタイルに合わせて選ぶと非常に便利で快適になります。

多くの機能のなかからいくつかをご紹介いたします。
家族で、どんな機能が必要か話し合ってみましょう。

暖房便座

冬場の寒い時期に便座を温める機能です。

人感センサーで使用するときだけ急速に温めることで、電気代を削減するようなものもあります。

オート開閉

人感センサーで人が近づいてくることを検知したら自動で便ふたを開け、使用後に離れると自動で閉めます。

ふたの開閉が困難である人には便利で、また閉め忘れを防止することで消臭効果を高めることもできます。

脱臭・消臭

便座に座ったことをセンサーで検知し、便器自体が脱臭・消臭する機能です。

使用後のいやな臭いを気にすることなく、お手入れも楽になります。

自動洗浄・防汚

便座から立ち上がったことを検知すると自動的に水を流すことで、流し忘れを防止します。

また使用中および使用前後に自動で除菌するものや、よく使用する時間帯を学習して除菌を行うものなどは、防汚機能を高めることで掃除の手間を省きます。

節水

水の流れ方による工夫で従来の水量よりも少なく洗浄することができます。

トイレリフォームの費用について

トイレリフォームの費用について
  • こまるちゃん
    こまる

    でも、リフォームってすごくお金がかかりそう・・・


  • モップ

    リフォームの内容によってかかる費用が異なるけど、心配だよね。相場を見ていこう。

トイレのリフォームは便座のみ交換するケースや和式を洋式に変更するケース、あるいはトイレ室の内装ごと入れ替えるケースなど、その規模によって必要となる費用が大きく変わります。

リフォームに内容ごとに、かかる費用はどの程度必要なのか見てみましょう。

便座交換

費用の相場は、3~10万円です。

温水洗浄便座や暖房便座など機能によって価格が変わります。

和式から洋式にリフォーム

30~50万円程度かかります。

和式トイレと同時に床などを解体する必要があり、洋式トイレの新設と内装工事、廃材の処分などにも費用が発生します。

また便器のタイプによっても費用は変わりますが、組み合わせ型トイレが一番安く、続いて一体型トイレ、タンクレスの順で高くなります。

洋式から別の洋式にリフォーム

およそ15~50万円かかります。

機能を抑えた低コストタイプであれば15万円~交換が可能ですが、トイレリフォームで最も多いケースは20~30万円程度のリフォームとなっているようです。

機能性の高いトイレほど費用は高く、またタンクレスになると30万円~となることが一般的です。

トイレリフォームの工事業者の探し方

トイレリフォームの工事業者の探し方
  • こまるちゃん
    こまる

    工事を依頼する会社はどうやって選ぶの?沢山ありすぎて、悩むよ~。


  • モップ

    業者探しのポイントを説明するね。
    いくつかの業者に見積もりを出してもらって、比較しよう!

トイレリフォームを検討するなかで、信頼できる業者を探すことが非常に重要となりますね。

沢山ある業者の中から選ぶのは、なかなか大変な作業です。

どのように探していけばよいのか、いくつかのポイントをご紹介いたします。

まずは、どの程度のリフォームを行うのか検討をしておきます。

便座および便器だけを交換するのか、内装についてもリフォームを行うのかということですが、トイレ機器に関する交換であれば水道業者に、大きな規模になるならリフォーム業者にということになるでしょう。

できるだけ業者を経由しない方法で行うことが、コストをかけないことにつながります。

まずはホームページなどで業者の情報を収集することが必要です。

トイレリフォームが得意な分野であるのか、過去に実績はあるのかなど写真を含めて確認することができればたいへん参考になります。

そして面倒でも複数業者に対し、見積もりを依頼することが重要です。

現地確認のうえ正確な見積書として提出をしてもらい、トイレリフォーム工事一式○○円のような内容がよくわからない見積書ではなく、内容が詳細に記載されているかということがポイントとなります。

最終的には価格だけではなく対応を含めて総合的に判断し、最も信頼できると思った業者に依頼するようにしましょう。

トイレリフォームを失敗しないために

トイレリフォームを失敗しないために
  • こまるちゃん
    こまる

    トイレリフォームをする時に気を付けることはある?


  • モップ

    予算や必要な機能も大切だけど、ライフスタイルに合わせた空間作りも考えるといいよ。

トイレという場所は、快適な空間づくりとして検討したいですよね。

どのような点に不満を感じているのか、またそれらを解消するために必要とする機能はどのようなものがあるのかなどをリストアップし優先順位をつけます。

そして予算に収まる範囲で業者と相談しながら優先順位の低いほうから削除していくことになります。

またライフスタイルの変化についても考えておくことが必要です。

高齢の家族と同居するのであれば、手すりの設置やバリアフリー、また車いすを想定した場合は引き戸で、かつ広い間口にしておくことなどが検討する内容となるでしょう。

共働きの家庭であれば、タンクレスにすることや防汚機能を搭載したものにすることで掃除の負担を削減することができます。

またおしゃれなトイレにしたい場合は、壁紙やタイル、アクセサリーなどを工夫することで好みのものにつくることができます。

思い切った柄のアクセントクロスやエコカラットなどのタイルを使用するなど、いろんなこだわりを試すことができるのもトイレリフォームのよいところです。

目的と予算によってリフォームの内容が変わってくるため、家族会議などを通じてしっかりと事前に計画をしておくことが失敗しないために必要なことになるでしょう。

まとめ

今回は、トイレのリフォームについてご紹介しました。

トイレを快適な空間にする方法として、リフォームは大変有効です。

古くて使いにくいトイレでは、どうしても暗い気持ちになってしまいますよね。

また、安全面や家事の負担を減らす意味でも、リフォームはおすすめです。

ただ、それなりの費用が必要なので、トイレリフォームを成功させるために事前にしっかりとした計画をしましょう。

多くの種類や機能のなかから、あなたのニーズを満たすものを選び、また完成後の使い勝手などを考えるとプロの経験をもとに提案を受け、意見を取り入れることも大変参考になります。

今回ご紹介した方法を参考に、信頼できる業者を選んで理想のトイレづくりを行って下さいね。

トイレリフォーム業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。

まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレリフォームをプロに依頼するなら

トイレリフォームを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にトイレリフォームの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインを活用すれば、料金やクチコミなど、サービス選びに必要な情報がすぐに確認できます

「◯◯円~」などの不明瞭な料金表示はなく、追加料金や手数料などもありません。会員登録なしで詳細が見られるので、スタッフ写真や口コミも事前に確認できます。

予約前に聞きたいことがある場合も安心。予約ページ内の「予約の前に出店者に質問する」から担当者に直接質問することができます。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ スタッフ写真や口コミが確認できる
  • ◎ 24時間365日オンライン予約可能
  • ◎ 営業電話なし
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms