【トイレのリフォーム】業者探しから料金相場までトイレリフォームの基礎

トイレリフォーム
更新

トイレリフォームを検討する時に、気になるのがトイレの種類や費用ですよね?予算の中で、何を優先するかを決める重要なポイントとなります。今回は、トイレリフォームの種類や、業者探しのポイントについて紹介します。

【トイレのリフォーム】業者探しから料金相場までトイレリフォームの基礎

トイレは毎日使用する場所なので、できるだけ快適な空間にしたいですよね。
「掃除がしにくい…」「便器が老朽化していて使いにくい…」など不便を感じることはありませんか?

トイレの日常的な不便さを解消したり、今よりもっと快適な環境にするためにはトイレリフォームが最適です。

しかし、費用相場や業者探しなど不安もありますよね?

そこで今回は、トイレリフォームの種類や、トイレリフォームの料金相場や、業者選びのポイントについて紹介します。

>>プロのトイレリフォーム業者の一覧

リフォームする前にトイレの種類を知ろう

リフォームする前にトイレの種類を知ろう

トイレのリフォームする時は、トイレの種類を決める必要があります。
自宅のトイレの排水方式を確認して、排水方式に適合するもののなかから形状やタイプを選びましょう。

トイレの排水方式は2種類ある

トイレの排水方式は大きく分けて、「床排水」と「壁排水」の2種類あります。

床排水の場合は、排水管が床に向かっていることから外部からは目視できません。
トイレの周辺に排水管が確認できないものは床排水となりますが、戸建て住宅のほとんどで見られる方式です。

壁排水の場合は、トイレから壁面に向かって排水管が確認できます。
マンションなどの一部で見られる方式です。

トイレの種類と特徴を知ろう

トイレの種類は「組み合わせ型トイレ」「一体型トイレ」「タンクレストイレの3種類あります。

【組み合わせ型トイレ】
組み合わせ型トイレは、便器、便座、タンクのそれぞれが分離しており好みで組み合わせられます。
現状において最も普及しているタイプで、価格は比較的安く、故障や破損があった場合にその部分だけを交換できるためメンテナンスが楽になります。

しかし、部分的に掃除がしにくくなる場所が発生することがあります。

【一体型トイレ】
一体型トイレは、便器、便座、タンクが一体化しているタイプで、タンクの上部に手洗いの有無を選択できます。
組み合わせ型と異なり部分的な交換が難しくなる場合がありますが、構造的に掃除がしやすいという特徴があります。

【タンクレストイレ】
タンクレストイレは、便器と便座だけで、タンクのないタイプです。
部材が少なくなるためトイレスペースを広く使えて、掃除もしやすくなり、水道と直結していることからタンクに水をためる時間のロスを省けます。

しかし、水圧の低いところへの設置が難しく、手洗い器を別途設置するなどの対策が必要となります。

トイレにあると便利な5つの機能

トイレにあると便利な5つの機能

トイレには便利な機能を搭載することが可能で、ライフスタイルに合わせて選ぶと非常に便利で快適になります。
家族で、どんな機能が必要か話し合ってみましょう。

トイレリフォームするなら暖房便座機能

暖房便座機能は、冬場の寒い時期に便座を温める機能です。
人感センサーで使用するときだけ急速に温めることで、電気代を削減するようなものもあります。

トイレリフォームするならオート開閉機能

オート開閉機能は、人感センサーで人が近づいてくることを検知したら自動で便ふたを開けて、使用後に離れると自動で閉まります。

フタの開閉が困難な人には便利で、また閉め忘れを防止することで消臭効果を高められます。

トイレリフォームするなら脱臭、消臭機能

便座に座ったことをセンサーで検知して、便器自体が脱臭、消臭する機能です。
使用後のいやな臭いを気にすることなく、お手入れも楽になります。

トイレリフォームするなら自動洗浄、防汚機能

便座から立ち上がったことを検知すると自動的に水を流すことで、流し忘れを防止します。

また、使用中および使用前後に自動で除菌するものや、よく使用する時間帯を学習して除菌するなど、防汚機能を高めることで掃除の手間を省きます。

トイレリフォームするなら節水機能

水の流れ方による工夫で、従来の水量よりも少なく洗浄できます。

トイレリフォームの料金相場はいくら?

トイレリフォームの料金相場はいくら?

トイレのリフォームは便座のみを交換する場合や、和式を洋式に変更する場合、トイレの内装ごと入れ替える場合など、規模によって必要となる費用が大きく変わります。
リフォームの内容ごとに料金相場を紹介します。

便座交換のみのトイレリフォーム料金相場

便座交換のみの料金相場は、3~10万円です。
温水洗浄便座や暖房便座など、機能によって料金が変わります。

和式から洋式にリフォームする料金相場

和式から洋式にリフォームする料金相場は、30~50万円程度です。
和式トイレと同時に床などを解体する必要があり、洋式トイレの新設、内装工事、廃材の処分などにも費用が発生します。

また、便器のタイプによっても費用は変わりますが、組み合わせ型トイレが一番安く、続いて一体型トイレ、タンクレスの順で高くなります。

洋式から別の洋式にリフォームする料金相場

洋式から別の洋式にリフォームする料金相場は、15~50万円です。
機能をおさえた低コストタイプであれば、15万円~交換が可能ですが、トイレリフォームで最も多いのは20~30万円程度のリフォームのようです。

機能性の高いトイレほど費用は高く、タンクレスになると30万円~となることが一般的です。

トイレリフォームを失敗しないポイント

トイレリフォームを失敗しないポイント

トイレは快適な空間にしたいですよね?
どのような点に不満を感じているのか、解消するために必要とする機能はどのようなものがあるのかなどリストアップして優先順位をつけましょう。
そして予算に収まる範囲で業者と相談しながら、優先順位の低い物から削除しましょう。

毎日使う場所なので、以下の2点についても考えておくと失敗がありませんよ。

トイレリフォームは生活の変化を想定する

高齢の家族と同居するのであれば、手すりの設置、バリアフリー、車いすを想定した場合は引き戸、広い間口するなどが検討する内容です。

共働きの家庭であればタンクレスを選択したり、防汚機能を搭載したものにすることで掃除の負担を削減できます。

トイレは思い切ったリフォームできる

壁紙、タイル、アクセサリーなどを工夫することで好みのトイレになります。
思い切った柄のアクセントクロスや、エコカラットなどのタイルを使用するなど色んなこだわりを試せるのもトイレリフォームのいいところです。

目的と予算によってリフォームの内容が変わってくるため、家族会議などして事前に計画しておきましょう

トイレのリフォームでわからないことは業者に相談

今回は、トイレリフォームの種類や、トイレリフォームの料金相場や、業者選びのポイントについて紹介しました。

トイレを快適な空間にする方法として、リフォームは大変有効です。
古くて使いにくいトイレでは、どうしても暗い気持ちになってしまいます。

また、安全面や家事の負担を減らす意味でも、リフォームはオススメです。
それなりの費用が必要になるため、事前に計画をたてて下さいね。

まとめ

  1. トイレリフォームするなら排水方式を確認して、3種類の中から適合していてトイレを選ぼう
  2. 温水便座、オート開閉、脱臭&消臭、自動洗浄、防汚機能、節水機能などの機能はライフスタイルに合わせて選ぼう
  3. トイレリフォームの費用は規模によって大きく変わが、一般的に20~30万円程度といわれている
  4. いくつかのトイレリフォーム業者を調べて見積もりを依頼し、明確な見積もりを出してくれて対応がいい業者に工事を依頼しよう

トイレリフォーム業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレリフォームをプロに依頼するなら

トイレリフォームを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にトイレリフォームの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事