センサーライト取り付け
更新日:2019/08/30

センサーライトを室内に設置してプチイライラを解消!センサーライト室内の種類・特徴

センサーライトを室内に設置してプチイライラを解消!センサーライト室内の種類・特徴

センサーライトを室内に設置すると、電気の消し忘れや夜間の転倒を防止してくれるので毎日の暮らしがより快適になります。今回は、センサーライトを室内で使う場合に適した設置場所や種類などをご紹介します。あたなの生活スタイルにあったものを設置して、快適な毎日をお過ごし下さい。

夫や子どもがいつもトイレの電気を消し忘れる!
何度言っても消さない!
というイライラ経験、ありませんか?

そんな悩みを解消してくれるのが、自動に消灯する室内センサーライトです。

トイレだけでなく、室内のさまざま場所で活躍してくれるので、家事に仕事に育児、毎日忙しいママのちょっとしたストレスを解消してくれます。

また、一人暮らしのあなたも「あれ?そういえば玄関の電気をつけっぱなしで出勤してるかも?あぁ~、また電気代が(泣)」という羽目にはらずに済みます。

今回は、センサーライトの仕組みや設置に適している場所など、室内センサーライトについてご紹介します。

>>センサーライト取り付け業者の一覧

センサーライトの種類と仕組み

センサーライトの種類と仕組み

センサーライトには、明暗センサーライトと人感センサーライトの2種類があります。それぞれの仕組みを見てみましょう。

明暗センサーライト

光に感知してセンサーが働くライトです。

明るい日中には作動しませんが、暗くなると光が灯ります。

イメージで言えば、道路の街灯のような感じです。
周囲が暗くなると、センサーが作動して明かりがつきます。

人感センサーライト

熱センサーライトとも呼ばれており、赤外線センサーが使われています。

赤外線センサーは、温度の違いや動きを感知してスイッチが入る仕組みのセンサーです。人が通るとその熱を感知して、照明器具に電気信号を送ります。

そして、照明がつき明るくなります。

また、人がいなくなったあとは、照明が消え暗くなります。

つまり、人間の体温や動きに反応して、スイッチが自動に入ったり、消えたりする仕組みです。

赤外線センサーといっても、このセンサーが赤外線を発しているのではありません。

物体は、温度が高いほど多く赤外線を発しており、その赤外線の量を感知するセンサーで、ライトが作動する仕組みになっています。

人間からも赤外線を発しており、この変化を感知する仕組みが人感センサーライトです。

室内の場合、どちらが使いやすい?

室内では、人感センサーの方がおすすめです。

明暗センサーライトだと、夜は光がつきっぱなしになってしまうのに対し、必要な時だけ照明がつく人感センサーライトの方が、省エネになると人気があります。

室内センサーライトが適している場所

室内センサーライトが適している場所

室内センサーライトが適している場所は

  • 玄関
  • 廊下
  • 階段
  • トイレ
  • 収納庫

この5ヵ所です。

玄関に設置する

玄関に室内センサーライトを設置しておけば、重い荷物を持っていて手が塞がっている時、スイッチを押す必要がありません。

自動で明るくなるので、小さいお子様を抱っこした状態でも非常に楽!

忙しい朝、あ~でもない、こ~でもないと靴を履き替えて時間がなくなり、大慌てでお出かけのオシャレ女子の方も、つけっぱなしで出かける羽目にならずにすみますよ。

廊下や階段に設置する

廊下や階段に室内センサーライトがあると、暗い中でスイッチを探さなくてすみます。

夜、人が近づくとパッと明るくなるので、寝ている間にトイレに行きたくなった時に重宝します。

また、転倒防止にもつながり、ケガのリスクを回避できますね。

トイレに設置する

夜中にトイレに行きたくなった場合、廊下や階段だけではなくトイレ内にも室内センサーライトがついていれば、更に良いですね。

夜間、自動で点灯するメリットだけでなく、自動で消灯してくれるのも嬉しい点です。

冒頭でご紹介したような、夫や子供が電気を消さずママは毎日モヤモヤ!というお悩みも解消してくれますよ。

収納庫に設置する

扉を開けると点灯するので物を探すときに便利です。

庫内の隅まで見えるので、奥の物まで取り出せます。

家事の負担が少しでも楽になるお助けアイテムになってこれますよ。

  • モップ
    モップ

    反対に、室内センサーライトが適していない場所ってどこだかわかるかな???

逆に室内センサーライトが適していないのは、寝室やリビングなど常に人がいる場所です。

例えば寝室に室内センサーライトを設置したとしたら、人の動きに感知して点灯したり消えたりするライトの下でぐっすり眠るのは難しいですよね。

滞在時間が長い場所は、設置にむいていないと考えておきましょう。

室内センサーライトにはどんなタイプがあるの?

室内センサーライトにはどんなタイプがあるの?

室内センサーライトには3つの電源タイプがあります。

  • 乾電池タイプ
  • コンセントタイプ
  • ACアダプタタイプ

それぞれの特徴をみていきましょう。

乾電池タイプ

安価で購入できるだけではく、コンセントがなくても手軽に取り付けられるので便利です。

コンセントタイプ・ACアダプタタイプ

コンセントタイプは、室内センサーライトの裏面にコンセントの差込口がついているもの。

ACアダプタによる電源タイプは、室内センサーライトにコードがついており、その先をコンセントに差し込むタイプです。

電池の交換が不要なので、設置した後は放っておけるのがコンセントタイプやACアダプタによる電源タイプの良い点です。

  • モップ
    モップ

    設置場所によって、合う方を選ぶのがおすすめ♪

設置場所によって、壁・天井取り付けタイプか、スタンドタイプかを選びます。

天井取り付けタイプのものは、トイレ、玄関、収納庫におすすめ。コンセントが無い場合は、乾電池式タイプを選んで取り付けましょう。

スタンドタイプは、廊下、階段におすすめ。置いておけば、自動で足元を照らしてくれるので、暗くても安全です。

また、壁取り付けタイプの室内センサーライトの中には、取り外しが出来て懐中電灯に使えるライトもあります。防災用、非常時用には、懐中電灯兼用型を選ぶのも良いですね。

設置場所により、自分で取り付けるのが難しい場合は、無理せず業者に依頼しましょう。

室内センサーライトのメリットとデメリット

室内センサーライトのメリットとデメリット

室内センサーライトは大変便利ですが、本当に必要?と疑問に思う方もいますよね。

ここで、メリットとデメリットをみてみましょう。

室内センサーライトのメリット

例えば、トイレの電気の消し忘れが多い家庭では、人感センサーライトだと自動に消えるので節電につながります。

しかし初期コストが高いので、どのくらい消し忘れがあれば回収できるかも考えてみましょう。

人感センサーライト付きライトの価格は、普通のライトの価格に比べて約2倍です。

電気が消えている間も、スイッチは入っているので待機電力のコストがかかります。

ただ、目安としては、1日に3分以上トイレがつけっぱなしの家庭であれば、十分元がとれるそうです。

待機電力の費用も、年間で200円程ですので、いつも家族が電気を消し忘れる家庭であれば、導入する方がお得です。

費用面に関わらず、「家族がつけた電気を自分で消してくれない!」というプチいらいらを解消したいというのが室内センサーライト設置の目的なら、それは大きなメリットと言えます。

室内センサーライトのデメリット

乾電池式タイプの室内センサーライトには、工事不要で簡単に設置できるメリットもある反面、電池交換の手間が面倒だというデメリットがあります。

めったに開けない収納庫に、乾電池タイプの室内センサーライトを取り付けた場合、いつの間にか電池切れでつかなくなってしまう、ということも考えられます。

乾電池は半年ほどで寿命が切れてしまうので、結局もったいなかっただけ…になってしまうこともあります。

また、階段や廊下に取り付けた場合も、人感センサーライトが自動点灯するためには、ライトの感知条件に合わないといけません。

なかなかつかない!と時折腹がたってしまうこともあります。

やっぱりスイッチを付けた方が楽じゃないか、と思う人もいるようです。

  • モップ
    モップ

    感じ方には個人差があるため、自分や家族にとってどちらが便利で生活しやすいかを見極めてね。

室内センサーライトがつかない!そんな時は?

室内センサーライトがつかない!そんな時は?

人感センサーライトは、熱による赤外線量の違いを感知して作動する仕組みのライト。ということは、もうご理解いただけましたよね。

ですから、室温と人の温度の差が少ない時や、防寒着を着て体温が遮られていると、感知しにくくなります。

センサーライトの種類にもよりますが、室温に対して約4度以上の差で感知する仕組みになっています。

また、熱と同時に、動きによって作動する仕組みになっているため、ゆっくりとした動きだとセンサーが感知せず点灯しません。

おおよそ、毎秒1mの動きで作動するそうです。

例えば、トイレでじっと座って静止していると、ライトが自動消灯してしまいます。

そんな時は、ちょっと体を動かしたり、手をひらひら振ると、またセンサーが作動してライトが点灯します。

逆に、動物や風で、室内センサーライトが熱や動きを感知して、勝手につく場合があります。

エアコンの吹き出し口の近くや、窓のカーテンの近くだと、人がいなくても自動点灯する場合があります。

その場合は、設置場所を検討した方が良いでしょう。

ちなみに、我が家の玄関についているセンサーライトは、愛犬が玄関に行くとつきます。

犬が玄関から別の部屋へ移動すると、きちんとライトは消えます。

小型犬でもしっかり反応してくれて助かっています。

  • モップ
    モップ

    思い当たる原因がないのに室内センサーライトが勝手につく、逆にまったくつかない場合は、ライトの感知不良や故障が考えられるよ。業者に相談しよう!

センサーライトを室内に設置してストレスなく安全に暮らそう

今回は、室内センサーライトについてご紹介しました。

室内センサーライトは大変便利で、一度設置するとその快適さに驚くと思います。

あなたの生活環境に応じ、必要と思われる場所に設置すれば、日々の生活が、ちょっとだけ楽になること間違いなしです。

廊下の電気が勝手についたり消えたりするだけで、1階で畳んだ洗濯物を2階に運ぶ負担が軽減されるかも。

また、家族みんなで、どこにつけるか皆で相談するのも楽しいですね。

まとめ

  1. センサーライトを室内に設置するなら「人感センサーライト」がおすすめ。
  2. 室内センサーライトの設置に適した場所は、玄関・廊下・階段・トイレ・収納庫の5ヵ所。
  3. 室内センサーライトには3つの電源タイプがある。設置場所によって合うものを選択しよう。
  4. 室内センサーライトの最大のメリットは節電!デメリットは電池交換の手間がかかる。

センサーライト取り付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

センサーライト取り付けをプロに依頼するなら

センサーライト取り付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にセンサーライト取り付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 3.45

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください