ペットシッター
更新日:2019/10/16

【犬の病気】外耳炎と皮膚炎がかかりやすい2トップ!犬の病気を見極めるチェック方法

【犬の病気】外耳炎と皮膚炎がかかりやすい2トップ!犬の病気を見極めるチェック方法

吐いた!下痢した!など、もしかして愛犬が病気では!?と慌てることもありますよね。気になることがあれば、なるべく早く獣医さんに診てもらうのが一番です。今回は、病気の種類や必要な治療費、今すぐできるセルフチェックなど【犬の病気】についてご紹介します。

昨日まで元気だった愛犬が、突然元気がない…。嘔吐した。下痢した。など、ペットたちの体調に慌てることもありますよね。

気になることがあれば、かかりつけの獣医さんを受診するのが一番ですが、少しでも勉強しておく方が安心です。

そこで今回は、犬の病気についてご紹介します。

>>ペットシッター業者の一覧

犬がかかりやすい病気の2トップ!外耳炎と皮膚炎

犬がかかりやすい病気の2トップ!外耳炎と皮膚炎

犬がかかりやすい病気としてよくあげられるのが「外耳炎」「皮膚炎」です。

耳から嫌なニオイがする「外耳炎」

耳から嫌なニオイがしたり、ただれができる病気です。

原因は様々ですが細菌やダニ、ばい菌やアレルギーなどによって引き起こされます。

特にゴールデン・レトリーバーなど耳が垂れている犬種フレンチブルドッグといった皮膚が弱い犬種、トイプードルのように耳に毛が生えている犬種にかかりやすいです。

耳には直接掻きにくいので、首を掻くしぐさが多くなると要注意です。

痒みや赤み、湿疹などの症状がでる「皮膚炎」

体の毛が薄い、かゆみや赤み、湿疹がある、一部の毛が抜けている、一部分を集中的に掻いているなどの異常がある場合は、動物病院に行きましょう。

日々のブラッシングやシャンプーをしっかりしていても、虫刺されやアトピー、アレルギーなどの理由から皮膚炎を引き起こすこともあります。

自宅でシャンプーをしている場合、シャンプー剤がきちんと流しきれていないとか、乾かし方が足りないなどが原因で皮膚炎になることもあります。

犬の病気「生後1年未満の子犬が注意すべき病気」

犬の病気「生後1年未満の子犬が注意すべき病気」

生後1年もたたない子犬は、「下痢」「嘔吐」に注意が必要です。

免疫力も体力も高くないためウイルスに感染したり、寄生虫が原因で下痢を引き起こすことがあります。

また、新しい環境になかなか馴染めず、ストレスから下痢や嘔吐することもあります。

迎える前に、近所の獣医さんを調べておき、すぐに連れていってあげられるようにしましょう。

また、可愛くて構いたい気持ちもわかりますが、ブリーダーやペットショップから迎えたばかりの子は、新しい環境に慣れるまでゆっくり休ませてあげることも大切です。

犬の病気の治療費はどれくらい必要?

犬の病気の治療費はどれくらい必要?

動物病院にかかると、もちろん費用が必要です。

今はペット保険というものもあり、選ぶ保険会社やプランによって、自己負担が違います。

上限回数や金額があるタイプと、無制限のタイプでは年間の保険料が異なり、人間の保険と同じで、保障内容が充実しているものほど、年間の保険料が高くなります。

この保険をかけていないと、治療費が全額自己負担になるので、わが子が病気になったら一体いくらかかるんだろう…。と心配になりますよね。

病気の進行具合と治療内容によって、かかる治療費は大きく変わるので、一概には言えません。

参考として、日本で多く買われている種別がかかりやすい病気や、その時にかかる治療費や治療期間をいくつかピックアップします。

大型犬

ゴールデンレトリバーなどの大型犬、特に耳が垂れている大型犬はかゆみを取ろうと頭を振りすぎるあまりに、耳血腫を患ってしまうケースが多いとされています。

耳血腫とは、耳の毛細血管が切れて耳のひらひらの部分(耳介)に血や漿液がたまり、異様に腫れたり垂れ下ったりする状態のことです。

治療法としては注射で血抜きをする方法と、手術で異常がある部分を切除する方法の2つです。

注射は1,000~5,000円、手術は50,000~70,000円くらいかかります。

小型犬

チワワなど、人気の小型犬は7歳以上になると心疾患、特に僧帽弁閉鎖不全症にかかりやすくなります。

僧帽弁閉鎖不全症とは、年を取るにつれて心臓の中の弁が閉じにくくなり血液が逆流してしまう病気で、命にかかわります。

早期発見すれば期間や費用もかからずに済みますが、進行具合によって治療法や費用も違ってくるので断定はできません。

ミニチュアダックスフンド

椎間板ヘルニアは人間にとって悩ましい病気ですが、それは犬にとっても同様です。

特に足が短く胴が長いミニチュアダックスフンドは、腰に負担がかかるため椎間板ヘルニアにかかりやすいです。

発症すると足を引きずって歩きづらそうにしてたり抱っこを嫌がったりします。

軽度だと投薬やレーザーで痛みを和らげつつ安静にしますが、重度だと入院で絶対安静にし、酷い場合は外科手術で圧迫している部分を取り除きます。

投薬は5,000~数万円、レーザー照射は4,000円、絶対安静入院は15,000円、一週間入院込みの外科手術は20~50万円程度かかります。

シーズー・テリア系

目が大きく毛が長い犬は目に毛が入りやすく、結膜炎、緑内障など目の病気にかかりやすいです。

主な治療法は点眼ですが、重症だと外科手術を行うこともあります。病状が進むと最悪失明する恐れがあるので、早期発見が望ましいです。

点眼治療は5,000~10,000円かかります。完治するまで数週間から数か月かかることもあります。

犬の病気を見極めるためのチェックリスト

犬の病気を見極めるためのチェックリスト

犬がかかる病気は、記事では紹介しきれないほど沢山の種類があります。

大切なペットの病気を早期発見するために、以下のチェックリストの中で当てはまることがあれば、早急に獣医さんに診てもらいましょう。

犬の病気を見極めるためのチェックリスト

  • 見えづらくなっている、涙がでる、目やにが多い、白目が赤い、目が濁っている
  • 鼻水に血が混じっている
  • お腹が膨れている
  • 膣から出血や分泌物が異様に出ている
  • 乳房にしこりがある
  • 運動や興奮をせずとも、口を開けて苦しそうに呼吸している
  • 歩き方がおかしい
  • 同じところを回っている
  • 手足が固まっている
  • 頭が傾いている
  • 耳が汚れている、ニオイがする

食欲や排泄物のチェックも毎日しましょう。

食べない、嘔吐した、下痢をした、排泄物の色が違うなど、いつもと違うことがあれば動物病院に連れていきましょう。

大切な愛犬が病気になる前にできること

大切な愛犬が病気になる前にできること

犬の病気について挙げてきましたが、大切な愛犬には元気に過ごしてもらいたいものですよね。

そのためにも、犬が病気になる前に私たちができることを3つご紹介します。

動物病院で健康診断を受ける

人間と同じで、犬も健康診断を受ける事ができます。

動物病院や内容によって値段は変わります。

  • 一般身体検査
  • 便・尿検査
  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 心電図検査
  • その他

などの項目があり、各病院で簡易コースや充実コースなどの設定がされています。

わが子の年齢に応じて、どんな検診が必要なのか獣医さんと相談してコースを決めましょう。

かかる費用は、およそ4,000円~13,000円です。

毎年「狂犬病予防」「混合ワクチン」の接種を受ける

犬を飼う方なら当然ご存知のことですが、日本では狂犬病ワクチンの接種が義務付けられています。

ワクチンは5種混合か9種混合から選ぶことができます。

この2つを毎年必ず接種しましょう。

極まれにワクチンによる副作用を引き起こすことがあります。

発熱や食欲の低下から呼吸困難や昏睡状態など様々です。

事前の説明をしっかりしてくれる獣医さんを選びましょう。

食事や散歩など生活習慣に気を付ける

何より大事なのが日頃の食事と運動です。

可愛いから。喜ぶから。とおやつやフードを与えすぎると肥満になり、様々な病気にかかりやすくなります。

栄養が偏らないように食事を管理し、適度な運動(散歩)の習慣をつけましょう。

犬の病気は予防と早期発見で健やかな毎日を

今回は、犬の病気についてご紹介しました。

愛犬や愛猫、その他のペットは、今や私たちにとって大切な家族ですね。

時代とともにペットの飼い方も変わり、寿命も長くなりました。

それでも、私たちより確実に短い命です。

1日でも元気で長生きしてほしい!と毎日願わずにはいられません。

病気の予防と早期発見ができるよう飼い主さんが責任をもって健康管理をしてあげましょう。

まとめ

  1. 犬がかかりやすい病気は「外耳炎」と「皮膚炎」。子犬は「下痢」「嘔吐」しやすい。
  2. 犬にかかる治療費は、場合によってはかなりの高額!ペット保険の加入を検討しよう。
  3. 犬の病気を見極めるためのチェックリストを活用して、気になることがあれば早めにボ動物病院で診てもらおう。
  4. 犬の病気を予防するために健康診断、ワクチンの接種、良い生活習慣を。

ペットシッター業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ペットシッターをプロに依頼するなら

ペットシッターを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にペットシッターの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.39

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事