最終更新日:

蜂の巣は自分で駆除できる?人を刺す蜂の見分け方とスプレーを使って巣ごと駆除する方法

「家の近くに蜂の巣ができて怖い…」「危ない蜂だったらどうすれば…刺されるかも」そんな経験ありませんか?いざ見つけても何をすればいいのかわからず、毎日が不安になりますよね。そんな時のために自分でできる市販の駆除スプレーを使った蜂の巣駆除の方法をご紹介します。ハチがわからない方はぜひご一読ください。

蜂の巣は自分で駆除できる?人を刺す蜂の見分け方とスプレーを使って巣ごと駆除する方法

蜂の巣を自分で駆除する前に確認しておくこと

蜂の巣を自分で駆除する前に確認しておくこと
蜂の巣を自分で駆除する前に確認しておくこと

自宅の近くでハチを見かけたら、とても怖いですよね。一刻も早く駆除したいものですが、正しい知識がなくて間違った対応をすると、ハチを刺激して襲われてしまうことも。

まず最初に、自分で駆除ができる蜂の巣かどうかを判断する3つのポイントを確認しましょう。

  • 「蜂の種類」で人を攻撃する蜂か見分ける
  • 「蜂の巣の大きさ」で駆除可能かを見分ける
  • 「蜂の巣の場所」で駆除の難易度を見分ける

ミツバチは比較的安全に巣ごと駆除できますすが、スズメバチやアシナガバチの場合は非常に危険です。スズメバチやアシナガバチに刺されると命を落とす危険性もあります。プロの駆除業者に依頼することを強くおすすめします。

人を刺す3種類の蜂の見分け方

私たちが被害にあうハチは3種類。いちばん危険なのはスズメバチですが、まずは見分け方と特徴を覚えておきましょう!

スズメバチの特徴と巣の見分け方

スズメバチの外見と特徴
スズメバチの外見と特徴

いちばんキケンなスズメバチ。凶暴で毒も強く、集団で人を襲います。スズメバチの攻撃は刺すだけではく、毒を霧のようにまき散らす攻撃もします。目に入れば失明することもあり、呼吸気管に入っても危険です。噴霧された毒を目印に仲間が集まります。土の中に巣を作るオオスズメバチは特に要注意。他のハチを襲うほど攻撃的で毒性も最大です。

スズメバチの外見と特徴

  • 胴体はオレンジ系で足が黒い
  • 素早く直線的かつ滑らかに飛ぶ
  • 攻撃性が高く針から毒液を飛ばす
  • 神経毒は強力な作用あり何度でも刺す

蜂の中でもっとも大きく40mmを超える個体も。見た目はアシナガバチに似て腰がくびれた細身ですが、足が黒いのが特徴です。黄色いアシナガバチに比べると若干オレンジの色味が強いです。非常に狂暴で、巣の近くを通っただけで攻撃してくることも少なくありません。

スズメバチの巣の見分け方

スズメバチの巣の外側は、木片や樹皮をかじったもの何層にも重ねた作りになっています。形はボールのような球体やフラスコ状など数種類あります。色は茶系でマーブル模様が特徴的です。女王蜂が巣を作り始め、たいてい出入り口がひとつです。

アシナガバチの特徴と巣の見分け方

アシナガバチの特徴と巣の見分け方
アシナガバチの特徴と巣の見分け方

アシナガバチは比較的おとなしい性格のハチですが、巣に近づいたり刺激を与えたりすると一斉に攻撃してきます。アシナガバチの毒性は種類によってかなり強力で、アナフィラキシーショックが発生する可能性も。痛みはスズメバチを凌ぐものもあります。

アシナガバチの外見と特徴

  • 胴体は黄色っぽく体長は~26mm
  • 後ろ脚を垂らしてフラフラと飛ぶ(素早い動きは苦手)
  • 自ら攻撃してくることは少ない
  • 刺されるとスズメバチを凌ぐ痛みがあることも

アシナガバチの巣の見分け方

アシナガバチの巣は、お椀を逆さまにしたような、ハスの実のような形をしています。色は灰色・グレー系で、大きさは最大で15cmほど。外から六角形の巣穴(ハニカム構造)が見え、むき出しになっているのが特徴的です。

ミツバチの特徴と巣の見分け方

ミツバチの特徴と巣の見分け方
ミツバチの特徴と巣の見分け方

刺激しなければ、ミツバチは攻撃性がとても低いハチです。野菜や果物などの受粉や蜂蜜の採油のために人間に養蜂され、他のハチよりも長生きします。刺激を受けると攻撃してくるミツバチもいます。

ミツバチの外見と特徴

  • 丸くてずんぐりした体型で体長は~20mm
  • 攻撃性は低いが刺されると強い痛みがでる
  • 毒性が強い毒針があり他のハチを匂いで誘う
  • 1つの巣に数千~数万匹生息する

毒性はとても強く、毒針・毒液は強い匂いを発し、他のハチを誘うので危険です。刺された場合は、毒針を指やピンセットで抜き、水や葉などで刺された部分を洗ったりこすったりして、匂いを消しましょう。

ミツバチの巣の見分け方

自分で蜂の巣を駆除する時の判断基準

自分で蜂の巣を駆除する時の判断基準
自分で蜂の巣を駆除する時の判断基準

蜂の巣を自分で駆除するには、死亡事故が起きるほどの危険がともないます。少しでも危険を感じたり自信がない場合は、無理をせずに専門の駆除業者にお願いするようにしましょう。ここでは具体的な駆除方法をご紹介します。

蜂の巣の場所が「手に届く」かどうか

蜂の巣の場所が「手に届く」かどうか
蜂の巣の場所が「手に届く」かどうか

蜂の巣ができている場所によっても、安全に駆除できるかを判断できます。具体的に言うと「手に届く場所」に巣があるかどうか。蜂の巣周辺の空間に余裕があり、梯子を使わなくても簡単に手が届く場所にできた蜂の巣なら、比較的安全に駆除を行うことができます。反対に閉鎖的に巣がある環境の場合、駆除時に蜂が密集しやすく刺される可能性が高くなり、事故につながる危険度が跳ね上がってしまいます。

蜂の巣の大きさが「10cm未満」かどうか

蜂の巣の大きさが「10cm未満」かどうか
蜂の巣の大きさが「10cm未満」かどうか

自分で駆除ができるのは「できてから間もない巣のみ」です。具体的な大きさで言うと、一辺が10cm未満の巣となります。もし駆除しようとしている巣が10cmを超える大きさの場合、働き蜂の数が急激に増えており、巣に刺激をあたえてしまうと多数の蜂が一斉攻撃してくるため、駆除が著しく難しくなります。業者や役所にお任せすることを強くおすすめします。

蜂の巣を自分で駆除する方法と注意点

蜂の巣を自分で駆除する方法と注意点
蜂の巣を自分で駆除する方法と注意点

もしハチの巣の駆除をする場合は、専用のスプレーなどを使えば、素人でも不可能ではありません。ただし、大きな危険が伴います。安易に自分で退治しようとして、防護網や防護服を着けなかったために蜂に刺された人は後を絶ちません。

ハチに刺されて「アナフィラキシーショック(呼吸困難や意識障害、全身の腫れなどを引き起こす症状)」がでると命にも関わるため、自分で駆除する場合は「これでもか」というくらい周到に準備してください。

駆除の流れと必要な道具(市販の駆除スプレー)

  • 厚手のゴム合羽の服(上下)
  • 革手袋(薄手の手袋はNG)
  • 厚手の帽子とタオル
  • 長靴か革製の安全靴(サンダルはNG)
  • 市販の駆除スプレー
  • 蜂の巣を入れるゴミ袋
  • 蜂の巣が入るポリバケツ

手順

1

蜂に刺されないように防護服やタトルで頭を守る準備する

上下とも厚手のゴム合羽がおすすめです。ない場合は厚手のウィンドブレーカーの下に長袖シャツで代用ください。頭皮保護のためタオルを頭に巻いて厚手の帽子を着用してください。皮膚が露出しないことがポイントです。万が一蜂に攻撃されても皮膚まで毒針が通らない対策してください。

2

巣から2~3m離れた場所から巣の表面に3分ほど殺虫剤を噴射する

巣から少し離れた場所から、巣の表面めがけて殺虫スプレーを噴射します。残量が足りなくならないよう、大容量の殺虫剤をご購入ください。蜂が飛び出してきて大きな羽音がしますが、怯まずに少なくとも3分は続けてください。

3

長い棒を使って蜂の巣を地面に落とす

巣の下にゴミ袋を被せたバケツを置いて、長い棒を使って巣を落とします。なかなか巣が落とせない場合は無理をせずにプロに相談しましょう。駆除しきれなかった蜂が襲ってきた場合は、慌てて急に動いたり大声をあげて立ち向かったりせずに、ゆっくりと後退してください。巣があった場所に殺虫剤を撒いておくことで、再び同じ場所に巣ができるのを予防できます。

4

ゴミ袋を被せて殺虫剤でとどめを刺す

ゴミ袋内に殺虫剤を噴射してから閉じます。燃えるゴミとして処分してください。蜂は死んでも1日ほどは針の部分だけ反射的に動くので、刺されてしまう可能性があります。駆除時に退治して死んだ蜂が周辺に落ちている場合は、むやみに触らないようにしてください。

おすすめ

蜂の巣の処分方法

蜂の巣は燃えるゴミの日に捨てることができます(地域によるため役所でご確認ください)。回収した蜂の巣はゴム手袋をはめてビニール袋に詰めるようにしましょう。

ビニール袋に詰めた巣の中で、まだ生きている蜂がいるかもしれません。念のため袋の中にも殺虫剤を吹きつけて、一晩放置してから処分することをおすすめします。ゴミ収集日をしっかり確認し、子どもや犬猫が触れやすい場所に放置しないよう、周囲の安全に気を配って廃棄するように心がけましょう。

蜂の巣駆除サービスと料金相場

蜂の巣を自分で駆除できない場合は、専門業者もしくは役所に依頼することができます。それぞれのメリット・デメリットをご説明します。

自治体の蜂の巣駆除サービス

自治体によっては、蜂の巣駆除を格安で行ってくれるところもあります。管轄の自治体に問い合わせて確認するとよいでしょう。ただし、役所で駆除を行っている場合でも、完全無料で対応してもらえるケースはごく稀です。無料相談のみの役所もあれば、「スズメバチ」や「危険だと判断された場合」に限って駆除しているケースもあります。

理由としては、自治体が駆除を依頼するのがプロの事業者とは限らず、ボランティアを募って駆除を行うケースも多いためです。駆除の成功率や精度が低いために巣を撤去したのに再度巣を作られてしまったなどという場合もあります。

また、自治体にサービスを申し込んでも、順番待ちや書類の不備などですぐに駆除をしてくれないこともあります。緊急性の高い場合はプロに直接依頼しましょう。

プロの害虫駆除サービス

害虫駆除の実績があるプロのサービスなので、確実に蜂の巣の駆除を行ってくれます。流れとしては、一度現地で蜂の巣の様子をみて見積もりを行い、近日中に駆除というケースが多いです。

費用はかかりまずが、蜂を徹底的に駆除して再発防止策もきちんと行ってくれるため、安心して任せることができます。

蜂の種 料金
スズメバチ 10,000円~30,000円
ミツバチ・アシナガバチ 8,000円~20,000円

巣の大きさや巣の場所によっても値段が変動します。依頼時に蜂の巣の状態や場所をしっかり伝えれば、おおよそかかる費用を教えてくれるはずです。

自分で蜂の巣を駆除できない時はプロに依頼しよう

今回は、蜂の種類や、自分で蜂を駆除する方法について紹介しました。

蜂の種類により性質や危険度は異なりますが、いずれにしても生命に危機を及ぼす可能性が高いことには間違いありません。
決して無理はせず、経験豊富で仕事が丁寧な業者に依頼することをオススメします。

どうしても自分で蜂を駆除せざるを得ないときは、自己責任で必ず「完全防備」で臨みましょう。(何度も言いますが、刺されると本当に危険です!)

蜂の巣駆除業者を探す時は、すまいのほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

蜂の巣駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った蜂の巣駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す