最終更新日:

女郎蜘蛛は毒がある!?女郎蜘蛛(ジョロウグモ)の特徴や駆除方法

女郎蜘蛛(ジョロウグモ)は、夏から秋にかけてよく目にする蜘蛛の一種です。あなたの自宅の周りにある蜘蛛の巣も、もしかしたらジョロウグモかもしれません。今回は、女郎蜘蛛(ジョロウグモ)の特徴や毒性の有無、人体に与える影響や駆除の方法について紹介します。

女郎蜘蛛は毒がある!?女郎蜘蛛(ジョロウグモ)の特徴や駆除方法

家から出かけようとしたらパチパチと、何かに引っかかった経験はありませんか?
それは「蜘蛛の巣」です。頭や、顔についた蜘蛛の巣を取るのは一苦労です。

家の周りに最も多く蜘蛛の巣をはるのは「女郎蜘蛛(ジョロウグモ)」です。

そこで今回は、女郎蜘蛛の特徴や、女郎蜘蛛を駆除する方法や、女郎蜘蛛が毒について紹介します。

>>プロのクモ(女郎蜘蛛ジョロウグモ)駆除業者の一覧

女郎蜘蛛とはどんなクモ?女郎蜘蛛の特徴を知ろう

女郎蜘蛛とはどんなクモ?女郎蜘蛛の特徴を知ろう

女郎蜘蛛は家の周りに最も多くのクモの巣をはる蜘蛛で、夏から秋にかけてよく目にする蜘蛛の一種です。
女郎蜘蛛の蜘蛛の巣は大きく、糸の色は黄色っぽいのが特徴です。
蜘蛛の巣を見れば、すぐに女郎蜘蛛のクモの巣と識別できるはずです。

また、女郎蜘蛛はオスとメスの体の大きさが極端に違います。

  • 女郎蜘蛛のオスの体長6〜13mm
  • 女郎蜘蛛のメスの体調17〜30mm

オスよりメスの方が倍以上大きいです。
オスとメス一緒の蜘蛛の巣にいる姿は、まるで親子のように見えます。

メスの腹部の形は楕円形で脚が細長く、黄色と黒色の縞模様になっているのが特徴です。
腹部は幅広い黄色と緑青色の横縞模様になっており、腹部下には赤い模様があるのも識別する際の大きなポイントになります。

女郎蜘蛛の視力は弱く蜘蛛の巣の振動を頼りにエサを捕食するため、体の小さなオスがうっかりメスに近づこうものなら、エサと勘違いしてメスに食べられてしまいます。
そのためオスはメスの様子をうかがい、メスが捕食中にこっそり背後から近づき交配します。まさに、子孫を残すために命がけと言えますね。

女郎蜘蛛という名前の由来ですが、遊郭の女郎からきているという説と、大奥の高級女官であった上臈(じょうろう)からきているという説があります。

女郎蜘蛛(ジョロウグモ)は微量の毒を持っている

女郎蜘蛛(ジョロウグモ)は微量の毒を持っている

女郎蜘蛛はエサとなる昆虫を捕食する時に、昆虫の動きを封じるため昆虫に毒を注入します。
女郎蜘蛛にはわずかながら毒性がありますが、女郎蜘蛛の毒は小さな虫には有効ですが、私たち人間に影響を及ぼすほどのものではありません。
女郎蜘蛛に噛まれたからといって心配することはありません。

参考までに、日本にいる気をつけるべき毒蜘蛛について紹介します。

セアカゴケグモの「オス」の特徴

  • セアカゴケグモオスの体長は3mm程度
  • アカゴケグモオスは体が細く褐色がかかっている
  • アカゴケグモオスは淡色の目立たない斑紋がある
  • アカゴケグモオスの腹に赤い模様があるのが特徴です

セアカゴケグモの「メス」の特徴

  • セアカゴケグモのメスの体長7mm~1cm程度
  • セアカゴケグモのメス体は丸く全体的に光沢のある黒色で
  • セアカゴケグモのメスには背中と腹に赤い模様がある

セアカゴケグモは、メスのみが毒を持っております。
セアカゴケグモの性格はおとなしく、自分からは攻撃してこないとされていますが近づかない方がいいでしょう。

セアカゴケグモに噛まれると痛みや吐き気などに襲われます。セアカゴケグモは外来種ですが、日本でも広範囲で発見されています。

クロゴケグモの「オス」の特徴

  • クロゴケグモのオスの体長は6mm程度で黒色

クロゴケグモの「メス」の特徴

  • クロゴケグモのメスの体長は30~40mm程度
  • 光沢のある黒色に腹に赤い模様がある

クロゴケグモはオスもメスも毒を持っており、メスの毒が強いです。
クロゴケグモに噛まれると全身にわたる痛みや筋肉の痙攣、発汗、不安、幻覚などの症状が現れます。
ひどい場合は呼吸困難を起こすことがあります。

クロゴケグモ北アメリカに多く生息しており、日本国内でも過去に岩国基地内及び周辺で発見されたことがあります。

ハイイロゴケグモのオスとメスの特徴

  • ハイイロゴケグモのオスの体長は3~4mm程度
  • ハイイロゴケグモのメスの体長は6~9mm程度
  • ハイイロゴケグモの体は丸く灰色または褐色
  • ハイイロゴケグモの背中に斑紋、腹に赤い模様がある

ハイイロゴケグモはオスよりもメスの方が毒性が強いので注意が必要です。
ハイイロゴケグモに噛まれると痛み、痒み、赤み、腫れなどをともない、脱力、頭痛、筋肉痛などの症状が現れます。ひどい場合は筋肉麻痺が生じることもあります。

世界中の亜熱帯や熱帯地域に生息しており、日本でも関東以西の広い範囲で発見されている。

カバキコマチグモのオスとメスの特徴

  • カバキコマチグモのオスとメスの体長は10~15mm程度でオスの方がやや小さめ
  • カバキコマチグモの体は黄色で、頭部が黒い

カバキコマチグモの体の大きさに差がないため、オスとメスに毒性の差はありません。
カバキコマチグモに噛まれると激しい痛みに襲われ、発熱、頭痛、悪心、呼吸困難、食欲減退などの症状をともなうこともあります。

カバキコマチグモは日本を含むアジアに広く生息する在来種でする。

女郎蜘蛛(ジョロウグモ)は駆除しない方がいい?

女郎蜘蛛(ジョロウグモ)は駆除しない方がいい?

女郎蜘蛛は害虫を捕食してくれる益虫なので、むやみに駆除する必要はありません。
昔から「朝の蜘蛛は仇でも逃がせ」ともいわれており、朝見つけた蜘蛛を殺してはいけない、罰が当たるとされています。

きっと昔の人も蜘蛛が役に立つ生き物だと、承知していたのではないでしょうか?
とはいえ、家の周りが蜘蛛の巣だらけでは見栄えがよくありません。
女郎蜘蛛を駆除するのではなく追い払いましょう。

しかし、女郎蜘蛛を含め蜘蛛は苦手という人も多いでしょう。
少しでも蜘蛛の巣がはっているのは、嫌だと感じる人もいると思います。
そのような場合は女郎蜘蛛を駆除しなくてはなりませんが、女郎蜘蛛を駆除すれば多少なりともハエや、蚊、ハチ、蛾などの害虫が増えることを覚悟しなければなりません。

女郎蜘蛛の駆除方法は、蜘蛛の巣を取り払う方法がオススメです。
蜘蛛の巣を取り払う方法は、棒に蜘蛛の糸を巻きつければ完了します。
しかし蜘蛛の糸は粘着力があり、強度もあるため棒に巻きつけた蜘蛛の糸を棒から外すのは大変です。
そのため落ちている木の枝や割り箸など、そのまま捨てられる棒状のものに糸を巻きつけて捨てるといいでしょう。

女郎蜘蛛が蜘蛛の巣を貼るのは理由があり、蜘蛛の巣をはる周辺には女郎蜘蛛のエサになる虫がたくさんいるということです。
一度蜘蛛の巣を取っても再び蜘蛛の巣をはる可能性が高いです。

女郎蜘蛛を寄せつけたくないのであれば、蜘蛛の巣を取った後に蜘蛛の巣をはらせないスプレーをスプレーするといいでしょう。
蜘蛛の巣だけでなく女郎蜘蛛自体を駆除するのであれば、殺虫スプレーを使用するのがお手軽な駆除方法です。

女郎蜘蛛が害虫を捕食することを考えれば、他の害虫対策も考えなくてはいけませんね。

自分で女郎蜘蛛を駆除できないなら業者に依頼

今回は、女郎蜘蛛の特徴や、女郎蜘蛛を駆除する方法や、女郎蜘蛛が毒について紹介しました。

益虫である女郎蜘蛛ですが「蜘蛛が苦手…」という人にとっては駆除したいところです。
怖いと感じる場合は、知識と経験が豊富なプロに任せるのが得策といえるでしょう。

クモの駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

クモ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったクモ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す