生ゴミの臭いが漏れない捨て方!生ゴミの臭い対策になるおすすめのゴミ箱13選
更新日:

生ゴミの臭いが漏れない捨て方!生ゴミの臭い対策になるおすすめのゴミ箱13選

生ゴミのゴミ箱から悪臭がするのはカビや菌の繁殖が原因

生ゴミのゴミ箱から悪臭がするのはカビや菌の繁殖が原因
生ゴミのゴミ箱から悪臭がするのはカビや菌の繁殖が原因

ゴミ収集日までゴミ箱から悪臭が漂う2つの原因を紹介します。

生ゴミをエサとする菌やカビが繁殖する

生ゴミが放つ悪臭の原因は生ゴミをエサとして色々な菌やカビが増殖し、いくつも混ざり合っているためです。生ゴミは水分を含んだ状態で捨てられることが多く、カビなどが繁殖しやすくなります。毎回ゴミ箱に捨てたとしても、その中でカビなどが繁殖するため悪臭が発生します。

菌やカビにとって好環境

湿気があり密閉された空間は、菌やカビが生息するのに最適な環境です。そこにエサとなる生ゴミがあれば、さらに繁殖しやすい好環境になります。水分を含んだ生ゴミを密室のようなゴミ箱に入れておくことで、結果として菌やカビを発生させしまうため悪臭が漂います。

ゴミ箱が臭わないように生ゴミを捨てる4つのポイント

ゴミ箱が臭わないように生ゴミを捨てる4つのポイント
ゴミ箱が臭わないように生ゴミを捨てる4つのポイント

悪臭を出さないためにも、ゴミ箱に生ゴミを捨てる時のポイントを紹介します。菌やカビを発生させないように注意して生ゴミを捨ててみましょう。

生ゴミの水気をしっかりと取り除く

生ゴミを捨てる時は、しっかりと水気を取り除いてから捨てましょう。野菜の皮などはザルに入れて乾燥させたり、食べ残しなどの生ゴミは排水溝のゴミ受けに入れた状態である程度放置して水気を切ってから捨てましょう。

生ゴミを新聞紙やチラシで包む

生ゴミの水気を取り除いてビニール袋に入れて捨ててしまうと密封状態になり、悪臭を発生させてしまいます。そうならないためにも通気性のいい新聞紙やチラシを活用しましょう。生ゴミを包み込みまとめて捨てることで、菌やカビの繁殖をおさえる効果があります。チラシなどが破れてしまうか不安な場合は、ビニール袋で覆うといいでしょう。

魚の内臓やエビの殻は冷凍して捨てる

生魚の内臓やエビの殻など、乾燥させても臭いが出てしまうものは、冷凍してから捨てましょう。使わなくなったジップロックなどの袋を使い、ゴミ収集に出す直前まで冷凍しておくことで、ゴミ箱の中で悪臭を放つことはないからです。乾燥させても臭いが取れそうにない魚介類関係の生ゴミは、冷凍することで悪臭防止ができるのです。

コーヒーやお茶の葉を乾燥させて一緒に捨てる

コーヒーやお茶の葉を乾燥させて、生ゴミと一緒に捨てることで悪臭を軽減できます。使用したコーヒーフィルターや、お茶の葉をトレイの上で1日放置して乾燥させておくと翌朝にはパラパラに乾燥します。生ゴミをまとめる時は一緒に入れて捨てましょう。

生ゴミの臭いを抑える3つのポイント

生ゴミの臭いを抑える3つのポイント
生ゴミの臭いを抑える3つのポイント

悪臭を出さない工夫をしながらも、より生ゴミの臭いを抑える効果的な方法があります。それでは、生ゴミの臭いを抑えるためにできる方法を見ていきましょう。

消臭剤やスプレーなどアイテムを使う

臭いを抑える方法の代表アイテムとして「消臭剤」があります。設置タイプもありますが、スプレータイプはゴミ箱以外にもシュッと吹きかけられるため万能消臭アイテムです。設置タイプは手間もかからずにゴミ箱内を消臭してくれますが、定期的に交換しなければなりません。

スプレータイプは万能で便利ですが、こまめに吹きかけないと消臭効果を引き出せません。

生ゴミ専用処理機を取り入れる

生ゴミ専用処理機(コンポスト)などはフタの開け閉めで悪臭が漂い、取り扱いも手間がかかります。

電動タイプのハイブリッド式生ゴミ処理機は脱臭性能も高く、生ゴミを入れるだけで簡単に処理してくれます。製品にもよりますがある程度の生ゴミをためておけるので、悪臭や処理に悩むこともありません。キッチンの空いている小スペースに設置できるコンパクトサイズもあります。

冷暗場所にゴミ箱を置く

生ゴミを入れるゴミ箱の置き場所は重要なポイントです。温かい場所は生ゴミが発酵し菌など繁殖するため、涼しい冷暗場所に設置しましょう。冬などの寒い環境では菌なども繁殖しづらいため、一年を通して比較的涼しい場所を選ぶことで悪臭を抑えられます。

重曹でゴミ箱の生ゴミからの臭いを対策する方法

重曹でゴミ箱の生ゴミからの臭いを対策する方法
重曹でゴミ箱の生ゴミからの臭いを対策する方法

ホームセンターでも手頃な価格で購入できる重曹は、消臭や掃除アイテムとしてもマルチに使える優れモノです。重曹に+αアレンジすることで、より効果的に消臭アップが期待きます。

重曹とアルコールで殺菌作用アップ

重曹にアルコールをプラスすることで、脱臭効果と殺菌作用をアップできます。目に見えない微生物などがゴミ箱に付着しているため、生ゴミをエサとして繁殖して悪臭を発生させます。

アルコールスプレーなどを使うことで除菌や、殺菌作用が働きカビなどの繁殖を抑えられます。脱臭効果も期待できる重曹にアルコールを吹きかけ、生ゴミが入ったゴミ箱にふりかけて使います。身近なアイテムを掛け合わせて消臭できる活用法です。

重曹とアロマオイルで消臭芳香剤

アロマオイルには植物のチカラが含まれており、その中でも消臭機能が高いものもあります。重曹にアロマオイルをプラスすると、より消臭機能をアップできます。

重曹をジャムなどの空き瓶に入れて、お好みのアロマオイルを加えて穴をあけたフタか、もしくはガーゼなどでビンにフタをしてゴミ箱に設置して使いましょう。消臭機能が高いアロマオイルはレモンやハッカです。ラベンダーやティーツリーなどの殺菌作用の高いものもあり、ブレンドしてより効果をアップさせられます。

生ゴミの臭い対策になるゴミ箱の選び方

生ゴミの臭い対策になるゴミ箱の選び方
生ゴミの臭い対策になるゴミ箱の選び方

臭い漏れや臭い移りしないゴミ箱

プラスチック素材のゴミ箱は生ゴミの悪臭が移りやすく、中身が空になっても臭いことがあります。また、ゴミ箱をフタしても臭いが漏れてしまうこともあるため、密封性の高いゴミ箱を選ばなければ常にゴミ箱から悪臭が漂ってしまいます。そのため臭いが移りにくいステンレス製など金属タイプのゴミ箱や、フタの内側にパッキンが備え付けられている密封性の高いゴミ箱を選ぶと臭い対策になります。

掃除しやすいゴミ箱

ゴミ箱を定期的に掃除することで悪臭の定着を防ぎ、清潔な環境に整えられます。しかし、ゴミ箱を毎回丸洗いするのは大変です。お手入れしやすいゴミ箱を選ぶことで、こまめに掃除できます。

内側を取り外せるタイプはサッと簡単に洗えるます。また、フタを手軽に外せるタイプも全体を洗う時に洗いやすいです。ゴミ箱の悪臭を付着したままにしないためにも、お手入れがしやすいゴミ箱を選びましょう。

生ゴミの量にあったゴミ箱

生ゴミがどれくらい出るのかによって、選ぶゴミ箱が決まります。生ゴミの量に対してゴミ箱が小さいとゴミが溢れて、大きすぎるゴミ箱では設置スペースが無駄になります。そのため生ごみの量にあったゴミ箱を選びましょう。

屋外に置くゴミ箱

生ゴミの臭いや家事に困ったらプロに依頼しよう

今回はゴミ箱が臭わないようにする生ゴミの捨て方や、生ゴミの臭いを抑えるポイントを紹介しました。毎日出る生ゴミをゼロにすることは難しいですが、工夫して臭い対策しましょう。生ゴミの悪臭対策だけでなく、日々の家事に限界を感じたらプロに依頼するのも一つの手です。子育てや仕事に家事と疲れを感じたら一度検討してみましょう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?