失敗しないスキレットのシーズニングのやり方!シーズニングのサビを落とす方法も紹介
更新日:

失敗しないスキレットのシーズニングのやり方!シーズニングのサビを落とす方法も紹介

シーズニングとは?スキレットに必要なの?

シーズニングとは?スキレットに必要なの?
シーズニングとは?スキレットに必要なの?

スキレットにシーズニングが必要な理由を紹介します。シーズニングを知ない人や、シーズニングは不要だと感じている人はスキレットを使用する前に確認しておきましょう。

シーズニングとは?

シーズニングとは鉄製のフライパンや、スキレットを購入した時に油ならしする作業です。初めてスキレットを使用する前にしますが、調理で使用した後にもシーズニングする必要があります。シーズニングには「乾燥」の意味があり、フライパンやスキレットを乾燥させるお手入れのことです。

スキレットにシーズニングが必要な理由

多くのスキレットには購入した時にサビ止めのワックスや油が塗られています。そのような薬品を取り除くためにシーズニングします。

また、シーズニングで油ならしすればスキレットの表面に油の膜を張れます。油の膜によって酸素が入りにくくなり、焦げ付き予防の効果があります。購入したスキレットの薬品を取り除き、焦げ付き防止するためにシーズニングが必要です。

シーズニングしないと焦げ付きやサビの原因になる

シーズニングせずに使用したり、使用後にそのまま保管したりすると料理やスキレットの状態に大きく影響します。シーズニングをせずに料理すると食材が焦げ付きやすくなります。

また、使用後のシーズニングを怠るとスキレットがサビることもあります。美味しい料理を作ってスキレットをキレイに使い続けるために、スキレットにはシーズニングが欠かせません。

スキレットをシーズニングする方法

スキレットをシーズニングする方法
スキレットをシーズニングする方法

スキレット購入時と使用後のシーズニング方法を紹介します。

準備物

  • 食器用洗剤
  • オリーブオイルなどの塩分が含まれない油
  • キッチンペーパー
  • 野菜くず
  • 鍋つかみやハンドホルダー

手順

1

購入時のシーズニング方法

食器用洗剤でスキレットを洗い、空焚きして水分を飛ばす。水分が飛び煙が出たら火を止める。キッチンペーパーに油を含ませ全体に油を塗り込みスキレットを中火にかる。煙が出てきたら弱火にして、煙が出なくなったら火を消しスキレットの熱を冷ます。冷めたらまた油を塗って火にかける工程を3~5回ほど繰り返す。最後に野菜くずを焦げる直前まで炒めて、もう一度スキレット全体に油を塗り込みシーズニング完了。

2

使用後のシーズニング方法

スキレットの使用後もシーズニングが必要です。たわしと表面に付いた汚れを洗い流す。汚れを落としたらスキレットを強火にかけて水分を飛ばし煙が出るまで空焚きする。キッチンペーパーに油を染み込ませてスキレット全体に塗る。再度火にかけて5分程度空焚きすれば完了。湿気から守るためにスキレットは新聞紙などに包んで保管する。

スキレットを取り扱う時の3つの注意点

スキレットを取り扱う時の3つの注意点
スキレットを取り扱う時の3つの注意点

便利でおしゃれなスキレットはキレイに長く使い続けたいですよね。そこでスキレットを取り扱う時の注意点を紹介します。スキレットを傷つけないためにも、注意して取り扱いましょう。

冷水をかけない

使用後にシーズニングしようと、まだ熱い状態のスキレットへ冷水をかけることは危険です。激しい温度差によってスキレットがひび割れる恐れがあります。スキレットがひび割れるとケガに繋がるため、再度使用できなくなります。スキレットの使用後は、十分に熱を冷ましてから洗いましょう。

衝撃を与えない

丈夫に見えるスキレットですが、強い衝撃を与えると割れてしまいます。調理台から落とさないようにしたり、新聞紙に包んで保管や移動したり衝撃を与えないように気を付けましょう。キャンプやピクニックなど屋外で使用する時は特に注意しましょう。

調理後のは食器洗剤を使わない

調理後は水とたわしでスキレットの汚れを落とします。この時、食器用洗剤を使用しないようにしましょう。スキレットに馴染ませた油を食器用洗剤が洗い流してしまいます。水とたわしでスキレットの汚れを落としたら、そのままシーズニングしましょう。また、金属製のたわしはスキレットの表面を傷つける恐れがあります。優しく洗えるたわしやスポンジを使いましょう。

スキレットのサビを落とす方法

スキレットのサビを落とす方法
スキレットのサビを落とす方法

スキレットのサビを落とす方法を紹介します。サビている部分には、頑固なサビになる前に早めの対処しましょう。

準備物

  • 金たわし
  • オリーブオイルなどの塩分が含まれない
  • キッチンペーパー
  • 重曹

手順

1

スキレットを金たわしで洗う

スキレットを水につけながら金たわしでゴシゴシと磨き可能な限りサビを落とす。ある程度サビが落とせたら強火で空焚きする。スキレットの水分が飛ぶまで火にかけて、表面が白くなったら火を止めてしばらく冷まします。

2

再度水につけて金たわしで洗う

再度水につけて金たわしでサビを落としたら完了。重曹を使ってスキレットを磨くとサビが落ちやすくなる。金たわしで落ちにくい場合はサンドペーパーでもサビを落とせます。サビを落とした後は忘れずにシーズニングする。

3

シーズニングする

サビを落とした後は忘れずにシーズニングする。

おすすめ

おすすのめのスキレットやあれば便利な商品

おすすのめのスキレットやあれば便利な商品
おすすのめのスキレットやあれば便利な商品

スキレットを使用する時に一緒にあれば便利な商品を紹介します。これからスキレットを購入予定の人はスキレットと一緒に揃えてみましょう。

シーズニング不要のスキレット

シーズニングが面倒に感じる人におすすめなのが、シーズニングが不要のスキレットです。既にシーズニングされた状態で販売されています。使用前にシーズニングする必要がなくすぐに使えます。使用後にはシーズニングが必要です。

スキレットの蓋

スキレットを使ってアヒージョやパンケーキ、目玉焼きなど調理中にスキレットに蓋をするレシピは多くあります。隙間なく蓋をしてしっかりと蒸らすことで、より美味しい料理が完成します。小さいサイズのスキレットだからこそ、スキレット用の蓋は便利なアイテムです。

ハンドホルダー

スキレットはシーズニングや調理中に持ち手が熱くなります。油断して素手で持つと火傷する恐れもあります。タオルや鍋掴みで熱から手を守れますが、スキレット用のハンドホルダーをつければスムーズに調理できます。生地によってはつけっぱなしで調理できるので便利です。ハンドホルダーにはレザー生地や布製のものがあり、おしゃれに料理を楽しめます。

スキレットはシーズニングして美味しく料理しよう

今回はスキレットをシーズニングする方法や、サビを落とす方法を紹介しました。自宅や屋外でも美味しい料理を楽しめるスキレットにはシーズニングが欠かせません。シーズニングには焦げ付きを予防する効果があるため、美味しい料理を作れる近道になります。

シーズニングには、購入後と使用後にそれぞれの方法があります。複雑な工程はなく、慣れるとスムーズにできます。スキレットのひび割れやサビつきに注意して、大切に使いたいましょう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?