基本のスニーカーの洗い方や重曹で頑固な汚れを落とす方法!綿素材以外の洗い方も紹介
更新日:

基本のスニーカーの洗い方や重曹で頑固な汚れを落とす方法!綿素材以外の洗い方も紹介

基本的なスニーカーの洗い方

基本的なスニーカーの洗い方
基本的なスニーカーの洗い方

準備物

  • スニーカーが入る大きさのバケツや洗濯桶
  • 中性洗剤
  • 洗濯用ブラシ
  • 洗濯ネット

手順

1

洗う前に汚れやホコリを取る

水につける前にスニーカーの表面や底に付いている汚れやホコリをブラシで取り除く。靴ひもや中敷きを外しておくと洗いやすくなる。

2

ぬるま湯につけ置きする

スニカーをぬるま湯に15分~30分程度つけ置きする。つけ置きするとスニーカーに水分が含み汚れが浮き上がらせます。

3

洗濯ブラシでスニーカーを洗う

中性洗剤をブラシに付けて洗剤が泡立つようにこすり洗いする。強い力でこするとスニーカーの生地を傷めてしまうので力加減に注意しながら優しくこする。靴ひもや中敷きはもみ洗いする。

4

ぬるま湯ですすぐ

スニーカーの洗剤をぬるま湯で洗い流す。すすぎ残しがあると変色の原因となりますので、泡がなくなるまで洗う。

5

脱水して日陰で干す

スニーカーの型崩れや傷みを防止するためにも、洗濯ネットにいれて洗濯機で脱水する。脱水後は日陰で乾かして完了。天日干しするとスニーカーが変色したり、縮むなどの型崩れの原因になるので避ける。

おすすめ

汚れが頑固なスニーカーの洗い方

汚れが頑固なスニーカーの洗い方
汚れが頑固なスニーカーの洗い方

中性洗剤を使っても汚れが落ちない場合の洗い方を2つ紹介します。

重曹を使った洗い方

重曹は弱アルカリ性なので皮脂汚れに効果的です。また、水に溶けにくい固い粒子でできているので汚れをかきだす役割をします。

重曹は布素材のスニーカーに使えます。重曹を使ったスニーカーの洗い方は中性洗剤を使った場合と同じです。重曹は洗剤と混ぜると洗浄力が上がります。自宅にある洗濯用の液体洗剤と混ぜて使ってみましょう。

オキシクリーンを使った洗い方

オキシクリーンは、アメリカで生まれた酵素系漂白剤です。洗浄力がとても高い洗剤で、最近ではどこのドラッグストアでも購入できます。

オキシクリーンも重曹と同様に弱アルカリ性で漂白成分も入っているので、皮脂汚れに強いだけでなく、スニーカーの黒ずみや泥汚れを落とすのに効果的です。オキシクリーンは皮素材は使用不可なので注意しましょう。

準備物

  • 40℃~60℃のお湯
  • オキシクリーン

手順

1

オキシクリーンをお湯に溶かす

オキシクリーンをお湯に溶かす。オキシクリーンの量はパッケージに記載の通り入れる。溶かしたオキシクリーンにスニーカー全体を浸し2~6時間程度つけ置きする。スニーカーが浮き上がらないように重しなどを乗せるといいでしょう。

2

ブラシで洗う

スニーカーを取り出し、ブラシで洗い水ですすぎ日陰で乾燥させて完了。

おすすめ

綿素材以外のスニーカーの洗い方

綿素材以外のスニーカーの洗い方
綿素材以外のスニーカーの洗い方

スニーカーには綿素材以外にも様々な素材のスニーカーがあります。綿素材以外の素材でできているスニーカーの洗い方を紹介します。

レザー素材のスニーカーの洗い方

レザー素材は革でできたスニーカーで、水にとても弱くデリケートな素材です。洗い方は綿素材の時とは違う方法で洗います。

準備物

  • ブラシ
  • クロス
  • 専用クリーナー
  • クリーム

手順

1

ブラッシングする

最初に靴ひもを外す。スニーカーの表面に付いた汚れやホコリをブラシで落とす。ブラシがなければ乾いたタオルでも構いません。

2

専用クリーナーで汚れを落とす

専用クリーナーを使って汚れを落とす。クリーナーをクロスに浸み込ませスニーカーの汚れを拭き取る。別の乾いたクロスでクリーナーが残らないように拭き取る。

3

クリームを塗る

汚れを拭き取った後にレザー専用のクリームを塗り栄養補給する。レザーはこまめに手入れしないと傷傷つくため栄養補給して完了。

おすすめ

スエード素材のスニーカーの洗い方

スエード素材は皮の裏側を起毛させ毛羽立たせた素材のことです。汚れが付きやすく水に濡れたり、部分的に洗うとシミになりやすいです。スエード素材のスニーカーを洗う時は注意が必要です。

準備物

  • ブラシ
  • クロス
  • シャンプー
  • スポンジ
  • 防水スプレー

手順

1

ブラッシングする

最初に靴ひもを外す。スニーカーの表面に付いた汚れやホコリをブラシで落とす。ブラシがなければ乾いたタオルでも構いません。

2

スニーカーを湿らせる

水を浸み込ませたクロスなどを使ってスニーカー全体を湿らせる。水に浸すのはシミの原因になってしまうので厳禁です。

3

シャンプーで洗う

シャンプーをスポンジに浸み込ませ泡立てスニーカーの表面を優しく洗う。内側や底の部分も一緒に洗う。

4

水分を含んだスポンジで拭き取る

水分を含んだスポンジでシャンプーを拭き取り、洗い残しのないようにしっかり取り除く。

5

日陰で乾かす

洗い終えたら、風通しのいい日陰で乾かす。乾いたら防水スプレーを拭きかけて完了。防水スプレーは水や汚れから守ってくれる効果があります。

おすすめ

スニーカーのお手入れ方法

スニーカーのお手入れ方法
スニーカーのお手入れ方法

スニーカーの臭いのや黄ばみの原因や、防ぐためのお手入れ方法を紹介します。

スニーカーの臭い

「靴がなんか臭う…」「靴箱が臭い…」と思ったことはありませんか?スニーカーの臭いの原因は皮脂汚れなどから菌が繁殖することです。スニーカーが湿っていたり、蒸れていたりした場合はすぐに靴箱に収納せずに風通しのいい場所乾燥させましょう。

この嫌な臭いに使えるのが、頑固な汚れの洗い方にも登場した重曹です。布やお茶パックのような袋に重曹を入れて、スニーカーの中に入れておくだけです。靴箱にも重曹を置いておくと消臭効果を発揮します。サラサラの重曹が固まりになってきたら交換時期です。

乾燥したら黄ばみが目立つ

真っ白だったはずのスニーカーが黄ばんでしまう原因は、アルカリ性の物質と関係があります。スニーカーを洗う時に使用する洗剤や重曹はアルカリ性です。洗い残しがあると靴にアルカリ性物質が付いたままになり、紫外線と反応し黄ばみを進行させます。

黄ばみを防ぐためには下記2点に注意しましょう。

  • 洗い残しのないよう洗い方には注意する
  • 紫外線を浴びないよう日陰で乾かす

スニーカーを洗う時間がない時は業者に依頼しよう

今回は基本的なスニカーの洗い方や、お手入れするポイントを紹介しました。スニーカーの洗い方でお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

一方で、忙しくてスニーカーを洗う時間が持てない人や、子育て中で時間が取れない人は靴を洗ってくれる家事代行業者に依頼できます。レザー素材やスエード素材の取り扱いも知識があれば安心して依頼できます。愛用のスニーカーを長くキレイに履くためにも、ぜひお手入れしましょう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?