バナナは季節によって保存方法を変えよう!バナナの正しい保存方法を紹介
更新日:

バナナは季節によって保存方法を変えよう!バナナの正しい保存方法を紹介

バナナを長持ちさせる2つのコツ

バナナを保存する時に少し工夫すれば、バナナはより長持ちします。

1本ずつ保存する

房のままだとバナナ同士のエチレンガスで追熟が進みます。そのため保存する時は房から1本1本切り離して保存しましょう。

吊り下げたり、カーブ部分を上にして保存する

バナナスタンドで吊り下げたり、バナナのカーブ部分を上にしたりして保存すると風通しがよくなって傷みにくくなります。バナナスタンドがない場合はS字フックや紐でかけて保存もできます。

バナナの保存方法【夏場】

バナナの保存方法【夏場】
バナナの保存方法【夏場】

夏場は気温が高いので、冬場よりも追熟が早く進みます。そのため食べ頃になったら冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。冷蔵庫に入れることでエチレンガスが減り、常温で保存するよりも長持ちします。

冷蔵庫での保存方法

準備物

  • ポリ袋または新聞紙

手順

1

バナナをポリ袋に入れる

バナナを1本ずつポリ袋に入れます。ポリ袋の代わりに新聞紙を使ってもいいです。

2

冷蔵庫の野菜室で保存する

ポリ袋をバナナに巻きつけた状態で野菜室で保存する。

バナナの保存方法【冬場】

バナナの保存方法【冬場】
バナナの保存方法【冬場】

13.5℃以下になるとバナナの追熟が止まるといわれています。冬場にバナナを追熟させたい場合は、気温が下がりにくいリビングやキッチンなどで保存するのがおすすめです。新聞紙や布に包んで保存すると効果があります。

「食べ頃になったけど全部食べ切れない…」という時は、夏場と同じように冷蔵庫で保存するといいでしょう。シュガースポットが出る前のバナナを冷蔵庫に入れると、甘くならないので気を付けましょう。

バナナを長持ちさせたい時は冷凍しよう

バナナを長持ちさせたい時は冷凍しよう
バナナを長持ちさせたい時は冷凍しよう

バナナをもっと長持ちさせたい時は、冷凍するといいでしょう。

バナナの冷凍方法

準備物

  • 冷凍用保存袋

手順

1

バナナを一口大にカットする

シュガースポット(茶色い点々)が出てきたら、バナナを一口大にカットする。

2

冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存する

バナナを重ならないように冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫で保存する。

バナナアイスとして楽しんだり、そのままヨーグルトに入れて食べたりできます。また、凍ったまま牛乳とミキサーにかけてスムージーにしても美味しいですよ。

家事のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/hotlines.shop/

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?