ブロッコリーの冷凍保存!ブロッコリーを生か?ゆでて冷凍するかは使い道によって変えよう
更新日:

ブロッコリーの冷凍保存!ブロッコリーを生か?ゆでて冷凍するかは使い道によって変えよう

ブロッコリーを冷凍保存するメリット

ブロッコリーを冷凍保存するメリット
ブロッコリーを冷凍保存するメリット

ブロッコリーを冷凍するメリットは栄養や味を維持しつつ、長く保存できることです。保存方法には冷凍保存以外に常温や冷蔵がありますが、常温や冷蔵保存の場合は長く放置すると味や栄養が落ち食べられなくなってしまいます。

すぐにブロッコリーを使わない場合には冷凍して、無駄なく使い切りましょう。

ブロッコリーを冷凍する2つの方法

ブロッコリーを冷凍する2つの方法
ブロッコリーを冷凍する2つの方法

生のままで冷凍

生のまま冷凍するとブロッコリーの栄養や味を維持しながら保存できます。食感もキープでき、解凍後もあまり水っぽくなりません。特にスープや炒め物など加熱する料理に使用する場合は、生のままで冷凍するのがおすすめです。保存可能な期間は約1ヶ月です。

ゆでてから冷凍

ブロッコリーを長期間保存したい場合は、ゆでてから冷凍するのがおすすめです。ゆでてから冷凍すると2ヶ月近く保存できます。生のままで冷凍するより長く保存できます。お弁当やサラダのように冷凍後に加熱せずに使う場合は、ゆでてから冷凍する方法が適しています。

ブロッコリーを冷凍保存する方法と解凍する方法

ブロッコリーを冷凍保存する方法と解凍する方法
ブロッコリーを冷凍保存する方法と解凍する方法

生で冷凍する方法と解凍方法

準備物

  • 包丁
  • まな板
  • ペーパータオル
  • ラップ
  • 保存袋

手順

1

ブロッコリーを小房に切り分ける

茎を切ってから小房に切り分け、ブロッコリーを洗う。水で洗ったブロッコリーをペーパータオルで水気を拭き取る。

2

ラップで包み密閉できる保存袋に入れる

3~4房ごとにラップで包んで、ジッパー付きの密閉可能な保存袋にまとめて入れて冷凍保存する。

2

解凍する

生のままで冷凍したブロッコリーは熱して解凍すると水っぽくなるため、凍ったまま調理して解凍する。

おすすめ

ゆでて冷凍する方法と解凍方法

準備物

  • 包丁
  • まな板
  • ペーパータオル
  • ラップ
  • 保存袋

手順

1

ブロッコリーを小房に切り分ける

茎を切ってから小房に切り分け、ブロッコリーを洗う。

2

熱湯でブロッコリーを茹でる

鍋で熱湯をわかし小房に切ったブロッコリーを熱湯で2分ほど茹でる。ゆでる時に塩を加えると、色を鮮やかに保てる。

3

粗熱をとり水気を切る

熱湯からブロッコリーを引き上げ粗熱を取り、水気をしっかり切る。ブロッコリーを密閉可能な保存袋にまとめて入れて冷凍保存する。

3

解凍する

ゆでてから冷凍する場合も、凍ったまま調理するのがおすすめです。加熱する料理に使用しない場合は冷蔵庫で自然解凍するか、常温で10分程度おいて解凍する。すぐに解凍したい場合は電子レンジ(600W)で30~60秒程度加熱するか、熱湯でさっとゆでて解凍する。

おすすめ

ブロッコリーを冷凍保存する時の注意点

ブロッコリーを冷凍保存する時の注意点
ブロッコリーを冷凍保存する時の注意点

重ならないように保存する

冷凍したブロッコリーは花蕾が崩れやすい状態になります。そのためブロッコリー同士が重なったまま冷凍庫で保存すると、花蕾がぼろぼろと崩れてしまうことがあります。冷凍保存する時はできる限り花蕾同士が重ならないように気を付けましょう。

冷凍庫内がいっぱいでどうしてもブロッコリー同士が重なってしまう場合には、保存袋ではなく、保存容器に入れて保存するのがおすすめです。また、冷凍保存したブロッコリーを取り出す時も花蕾を触らないように気を付けましょう。

水気をふき取ってから保存する

冷凍したブロッコリーは解凍するとどうしても水っぽくなってしまいます。ブロッコリー自体に水分が含まれているため、完全に水っぽさを防ぐことは難しいですが、冷凍保存の前に水気をしっかりふき取ることで解凍時の水っぽさは多少改善されます。保存袋に入れる前に、ブロッコリーの水気を切ることを忘れないようにしましょう。

ブロッコリーが傷んでいないか確認してから調理する

冷凍保存したブロッコリーは冷蔵に比べて長くもちますが、気づかぬうちに保存期間を過ぎてしまったということや、保存可能期間内でもブロッコリーが傷んでしまったということがあります。

長期保存ができるからと安心せず、念のため傷んでいる箇所がないか確認してから冷凍ブロッコリーを使用しましょう。カビが生えている、ツンとした変な臭いがする場合は、食べられない状態なので、すぐに捨てるようにしましょう。

また、茶色に変色していたり、ヌメリが出ていたりするのも傷んでいるサインなので、食べないように気を付けてください。

簡単にできる!冷凍ブロッコリーを使ったおすすめレシピ

簡単にできる!冷凍ブロッコリーを使ったおすすめレシピ
簡単にできる!冷凍ブロッコリーを使ったおすすめレシピ

冷凍ブロッコリーのコンソメスープ

材料を鍋に入れて煮込むだけなので、とても手軽な時短レシピです。野菜がたっぷりで栄養がとれるので、子どもの栄養も考えたいという忙しいママさんにおすすめです。

材料(2人分)

  • 冷凍ブロッコリー 6房
  • ミックスベジタブル好みの量
  • ウインナー3本
  • 塩こしょう少々
  • コンソメ1個

手順

1

ウインナーを輪切りにする

包丁でウインナーを輪切りにする。

2

鍋に水を入れて沸騰させる

鍋に水300ccを入れて沸騰させて、鍋に材料を全て入れて煮込んで完成。

ベーコンと冷凍ブロッコリーの炒め物

材料(2人分)

  • 冷凍ブロッコリー 6房
  • ベーコン2枚
  • 油少々
  • 塩こしょう少々

手順

1

ベーコンを切る

ベーコンを1cm幅に切っておく。

2

ライパンで炒める

フライパンに油をひいて少し熱したら、冷凍ブロッコリーとベーコンを入れて炒める。冷凍ブロッコリーがしんなりとしてベーコンに焦げ目がついてきたら、塩こしょうをふって味を整えて完成。味の好みに応じてマヨネーズで味付けするのもおすすめです。いろいろな味付けを試してみてください。

冷凍ブロッコリーのツナマヨサラダ

材料(2人分)

  • 冷凍ブロッコリー6房
  • ツナ缶1/2缶
  • マヨネーズ大さじ2
  • 塩少々
  • 鰹節少々

手順

1

冷凍ブロッコリーを電子レンジで解凍する

冷凍ブロッコリーを電子レンジで解凍し水気を切る。

2

ボウルに材料を入れて混ぜる

解凍したブロッコリーと他の材料をボウルに入れてよく混ぜ合わせて完成。

ブロッコリーの冷凍以外にも悩み事は業者に相談しよう

今回は、ブロッコリーを冷凍するメリットや冷凍保存の方法、冷凍ブロッコリーを使用したレシピを紹介しました。ブロッコリーは冷凍することで長期間の保存が可能になるので、必要に応じて冷凍保存を活用して、食材をうまく使い切りましょう。

家事のことで悩んだり、うまくいかなくなったりした時には、ひとりで抱え込まずに、家事代行業者に相談してみましょう。家事を代行してくれるだけでなく、質問すれば家事に関する知恵も教えてくれます。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った片付け・家事代行の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?