低温調理器はプロ並みの料理が楽しめる!おすすめ低温調理器8選や選び方をまとめて紹介
更新日:

低温調理器はプロ並みの料理が楽しめる!おすすめ低温調理器8選や選び方をまとめて紹介

低温調理器とは?低温でじっくり加熱する調理法

低温調理器とは?低温でじっくり加熱する調理法
低温調理器とは?低温でじっくり加熱する調理法

低温調理とは低い温度でじっくり加熱して、柔らかい肉や野菜を楽しむ調理法です。低温調理器を使えば自炊する時間が取れない人や、料理の幅を広げたい人も簡単に作れます。プロ並みの本格料理が楽しめ、ちょっとした贅沢な時間を楽しめるようになるのが魅力です。

低温調理器はローストビーフやステーキ、角煮やチャーシューなど高温で調理した時に硬くなりやすい肉料理におすすめです。高タンパク低カロリーな鶏胸肉がしっとり柔らかジューシーに仕上がり、サラダチキンや鶏ハムも作れます。

準備物

  • 保存袋
  • 低温調理器

手順

1

食材に塩こしょうなど下味を付け、ジッパー付きの保存袋に入れて密閉する

2

大きめの鍋や容器に水を張り、低温調理器を取り付ける

3

低温調理器の温度と時間を設定し①保存袋を湯せんにかける

4

タイマーが鳴るまで放置する

低温調理器のメリットとデメリット

低温調理器のメリットとデメリット
低温調理器のメリットとデメリット

硬い肉がしっとり柔らかくなる

タンパク質が硬くなり始める温度は63~70℃と言われており、低温調理器は50~70℃の温度を保ちながら料理ができるため肉料理がしっとり柔らかい仕上がりになります。さらに真空状態の保存袋の中でじっくり作られた食材は栄養価や香り旨味も逃げません。

手間がかからない

低温調理器は食材に合わせて時間と温度を設定しておけば、自動で管理して仕上げてくれます。ほったらかしで手間がかからないこと、火を使わないため安全であることも大きなメリットです。

食中毒に注意する

低い温度で調理する低温料理器は食中毒に注意が必要です。低温でじっくり加熱するため、過程で雑菌が繁殖するリスクが大きいく、食材の旨味や水分が逃げにくいため臭いも残りやすいです。

調理に時間がかかる

低温調理器はできあがるまで時間がかかるため、急いで作りたい時はオススメできません。寄生虫リスクのある鶏肉や豚肉は数時間かけて調理する必要があり、時間がかかる点がデメリットです。

低温調理器を使う時の4つの注意点

低温調理器を使う時の4つの注意点
低温調理器を使う時の4つの注意点

傷んだり古い食材は使わない

低温調理器を使って料理する時は、ちょっと傷んだり古くなっている食材は避けましょう。加熱不足だと食中毒を引き起こす場合があります。

使用方法を守って下準備する

低温調理器はメーカーの取扱説明書の使用方法を守って準備しましょう。水量や鍋のサイズが不適切だったり、食材が容量オーバーだったりすると加熱ムラができて失敗します。

食材に合わせた温度と時間を設定する

食中毒を防ぐためには、食材の中までしっかり加熱することが重要です。低温調理器の加熱時間は食材の厚さや種類によって異なるため、中心部まで加熱できる温度と時間に設定しましょう。

調理後は常温で放置しない

低温調理器で調理した後は、常温で放置する食材が傷んで食中毒の危険性が高まります。すぐに食べない場合は、氷水で冷やしてから冷凍庫や冷蔵庫に入れましょう。

低温調理器を選ぶ時の4つのポイント

低温調理器を選ぶ時の4つのポイント
低温調理器を選ぶ時の4つのポイント

温度と時間が細かく設定できる

低温調理器は低温でゆっくり調理することが基本のため、細かな温度と時間設定が大切です。設定できる温度範囲、何度刻みで設定できるのかなど調べておきましょう。

高いパワーと水量が多い

塊肉など分厚い食材を多く調理する場合は、水が多く必要です。ワット数が高くパワーがあり、対応水量も多いものを選びましょう。

固定方法を確認する

低温調理器は鍋の縁に挟んで使うクリップ式と、ネジで固定する方法があります。クリップ式は取り付けが簡単で使いやすくおすすめです。またコードの長さやコンセントの形状なども事前に確認しておきましょう。

使用する鍋や容器のサイズを測る

低温調理器を使用する時は、深さがある鍋や容器が必要です。大量の水も必要なため、調理に使う鍋のサイズを測っておくことが重要です。

おすすめ低温調理器8選

おすすめ低温調理器8選
おすすめ低温調理器8選

BONIQ(ボニーク)は低温調理器で最も有名なフランスのメーカーです。温度範囲が5~95℃まであり、0.5℃刻みで温度制御が可能になっています。クリップ式で取り付けでき、スマホアプリで連携できるため使いやすくおすすめです。

BONIQの低温調理器の中でプロ仕様の高機能タイプです。細かい温度制御は誤差が少なく1200Wのハイパワー、クリップ式で鍋に直接取り付けられます。スタイリッシュなデザインでおしゃれな低温調理器です。

Anova(アノーバ)はアメリカの有名ブランドで低温調理器のパイオニアと呼ばれています。スマホと連動して温度管理ができる点が特徴で、設定温度になったら知らせてくれるため便利です。取り付け方がネジ式で、コンセントが海外式である点に不便に感じられます。

GLUDIA(グルーディア)は1200wのハイパワータイプの低温調理器です。20Lの水量に対応してくれるため、大きな鍋で大量に作りたい時におすすめです。サイズが大きいことと1時間刻みでしか時間設定できない点に使いにくさが感じられます。

貝印は剃刀や包丁などで有名な国内メーカーです。自動で保存袋の空気を抜いて真空状態にする機能がついています。1~95℃まで0.5℃刻みの細かい温度設定が可能で、スタンド付きのためスッキリ収納できる点が魅力です。

サンコーはお手頃価格でありながら良質な低温調理器を販売している国内メーカーです。パワーは強くありませんが、細かい温度設定が可能でコンパクトサイズのため浅い鍋でも使用できます。使いやすく初めて低温調理器を使う方におすすめの商品です。

アイリスオーヤマの低温調理器はハイパワーで細かい温度と時間設定が可能、さらにクリップ式で取り外しがしやすい点が魅力です。低価格でありながら必要な機能がしっかり備わっているため、初心者におすすめの低温調理器です。

富士商のFelio(フェリオ)は温度が上がると電流が流れにくくなるPTCヒーターを搭載しているのが特徴です。一度温まるとムダな電力を消費しないため省エネになります。水流を調整する技術によって、均一の温度でムラなく食材を調理してくれます。

低温調理器は料理をラクにしてくれる便利なアイテム

今回は低温調理器を使う時の注意点や選び方、おすすめ8選を紹介しました。低温調理器は調理の手間がかからないため、料理が苦手な人や仕事や育児で忙しい人におすすめアイテムです。ほったらかしにしてもプロ並みの本格料理が作れます。

家事代行を依頼する時は、塊肉をいくつも用意して作り置きをたくさんお願いしてみましょう。冷凍保存しておけば、いつでも栄養を摂れます。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?