ホワイトボードの文字が消えない時の3つの解決方法!ホワイトボードを長く使うポイントも紹介
更新日:

ホワイトボードの文字が消えない時の3つの解決方法!ホワイトボードを長く使うポイントも紹介

ホワイトボードの文字が消えない時の3つの解決方法

ホワイトボードの文字が消えない時の3つの解決方法
ホワイトボードの文字が消えない時の3つの解決方法

水拭き

ホワイトボードの文字が消えない時の最も簡単な解決方法は水拭きです。キレイに見えるホワイトボードも、表面には細かい汚れが付いています。表面の汚れが蓄積することによって、文字が消えにくくなります。ホワイトボード全体を水拭きして、細かい汚れを取り除くことで解決します。

無水エタノールで拭く

ホワイトボードを水拭きしても消えない汚れは、無水エタノールを染み込ませたタオルで拭くことで解決できます。無水エタノールは薬局などで販売されています。水では落とせない油やコーティング剤を取り除けます。

専用クリーナー

水拭きや無水エタノールでも消えない汚れにはホワイトボード専用のクリーナーがオススメです。クリーナーの成分がホワイトボードに残らないように、乾いたタオルでホワイトボードを拭きあげましょう。

ホワイトボードを消しやすくする3つのポイント

ホワイトボードを消しやすくする3つのポイント
ホワイトボードを消しやすくする3つのポイント

書いてすぐに消さない

ホワイトボードの文字を消えやすくするには、文字を書いて少し時間を空けてから消すのがポイントです。ホワイトボードにインクが定着していない状態で、すぐに消さないようにしましょう。文字が消えづらいホワイトボードになってしまいます。

文字を書いたまま放置しない

ホワイトボードに書いた文字を長時間消さずにいると、文字が消えない可能性があります。ホワイトボードを長く使うためにも、文字の書きっぱなしには注意しましょう。会議や授業が終われば、すぐに文字を消すように習慣づけましょう。

古いマーカーを使わない

使用するマーカーが古いと、文字が消えない場合があります。古いマーカーの成分は、新品のマーカーと比較しても劣化しているのため。インクが残っていても古いものは使用しないようにしましょう。

油性ペンでホワイトボードに書いてしまった時の対処方法

油性ペンでホワイトボードに書いてしまった時の対処方法
油性ペンでホワイトボードに書いてしまった時の対処方法

ホワイトボードに文字を書いても擦ると簡単に消せます。その理由はマーカーの成分とホワイトボードのコーティングです。ホワイトボードのマーカーには、着色料である顔料と剥離剤が含まれています。顔料とホワイトボードの間に剥離剤を挟むことで、書いた文字を簡単に消せます。

ホワイトボードにうっかり油性ペンで文字を書いてしまったら消えないと焦りますよね。油性ペンとマーカーの違いは、剥離剤が含まれているかどうかです。

ホワイトボードに油性ペンで書いてしまった時は、マーカーで書いたものをなぞりましょう。マーカーに含まれる剥離剤により、油性ペンの成分をホワイトボードから剥がせます。

ホワイトボード消しが原因で消えない時の解決方法

ホワイトボード消しが原因で消えない時の解決方法
ホワイトボード消しが原因で消えない時の解決方法

ホワイトボードの文字が消えなくなる原因は、ホワイトボード消しの場合もあります。ホワイトボード消しに汚れがたまっていると、文字が消えない原因になります。

布地部分が真っ黒になっていると、いくらホワイトボードを擦っても文字は消えません。文字が消えたとしても、ホワイトボードに黒ずみが残ってしまうこともあります。ホワイトボード消しを洗ったり、買い替えや詰め替えしましょう。

ホワイトボード消しの洗い方

ホワイトボード消しは水洗いできます。水で汚れが落ちなければ、お湯を使ったり、汚れが酷い場合は中性洗剤を使って洗いましょう。洗う時は強い力を加えず、型崩れしないように注意して洗いましょう。

洗い終わったらホワイトボード消しが完全に乾くまで乾燥させましょう。ホワイトボード消しを定期的に洗うことで、ホワイトボードの文字をキレイに消しやすくなります。

ホワイトボード消しの買い替えや詰め替えも可能

ホワイトボード消しを洗っても復活しないなら、買い替えを検討しましょう。商品によっては布地部分のみ詰め替えられる場合もあります。詰め替えが可能な商品は、布地部分を反対にしてセットすることでキレイな面を使用できることもあります。

ホホワイトボードを長く使う3つのポイント

ホワイトボードを長く使う3つのポイント
ホワイトボードを長く使う3つのポイント

会社や学校のホワイトボードは、長く使い続けたいですよね。そこで、ホワイトボードを長く使う方法を紹介します。

再生コートで復活させる

ホワイトボードを使い続けると書き心地や、消しやすさが衰えてきたと感じることもあります。長く使用するうちにホワイトボードのコーティングが劣化している可能性があります。

そんな時はホワイトボードの再生コートがオススメです。傷がある部分や文字が消えない部分などコーティングが剥がれている部分をケアして、ホワイトボードを復活できます。

ホワイトボードシートを貼って使う

ホワイトボードの上にホワイトボードシートを貼って使う方法もあります。再生コートと比べて書き心地や消しやすさは劣ります。

また、磁石に弱い点もホワイトボードシートのデメリットです。次のホワイトボードを購入するまでの期間など応急処置としてオススメの方法です。

ホワイトボードに水分を残さない

ホワイトボードを掃除する時は、水分を残さないように注意しましょう。ホワイトボードに水分が残ることで、空気中の埃がホワイトボードに付きさらに汚れてしまいます。

また、古いタオルやメラニンスポンジで拭くとホワイトボードに傷が付く恐れもあります。インクが傷に入り込んだり文字が消えない原因になったり、ホワイトボードが劣化するので注意しましょう。

ホワイトボードが消えない以外の困りごとは業者に依頼しよう

今回はホワイトボードの文字が消えない時の解決方法や、長く使うポイントを紹介しました。消えにくく感じる時は、原因に合わせた対処が必要です。基本的には水拭きや無水エタノールで拭くと復活させられます。

ホワイトボード消しが原因で文字が消えない時は、布地部分を洗ったり買い替えたりしましょう。忙しくて家の掃除や家事に手が回らない時は片付け・家事代行業者を利用してみましょう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?