ポリエステル衣類の洗い方は洗濯表示で確認する!毛玉や縮まないように洗濯しよう
更新日:

ポリエステル衣類の洗い方は洗濯表示で確認する!毛玉や縮まないように洗濯しよう

ポリエステル衣類の特徴

ポリエステル衣類の特徴
ポリエステル衣類の特徴

ポリエステルとは、石油から加工して作られる化学繊維のひとつです。生地が軽くて丈夫なことから、多くの衣料品に使われています。洗濯して失敗しないようにポリエステルの特徴やメリット、デメリットを知っておきましょう。

ポリエステルのメリット

  • 型崩れしにくい
  • シワになりにくい
  • 乾きやすい
  • 軽くて丈夫

ポリエステルは丈夫でシワになりにくく乾きやすいため、洗濯やお手入れがしやすい優秀な素材です。

ポリエステルのデメリット

  • 静電気が起きやすい
  • 汚れがたまって黒ずみやすい
  • 毛玉ができやすい

ポリエステルは静電気が発生しやすく、特に冬場は悩まされるかもしれません。ポリエステル衣類は毛玉ができやすく、汚れがたまりやすい素材でもあります。これらのデメリットは洗濯の仕方を工夫すれば解消できるので安心してください。

ポリエステル衣類を洗濯する2つの方法

ポリエステル衣類を洗濯する2つの方法
ポリエステル衣類を洗濯する2つの方法

ポリエステル衣類の洗濯方法は洗濯機を使うか、手洗いするかの2通りです。ポリエステルは丈夫な素材のため洗濯機で洗っても問題ありません。

洗濯機する方法

準備物

  • 洗濯ネット
  • 弱アルカリ性洗剤
  • 柔軟剤
  • 酸素系漂白剤(※黄ばみや黒ずみが気になる場合)

手順

1

洗濯ネットに入れる

ポリエステルの衣類は毛玉になりやすい欠点があるので、洗濯する時は必ず選択ネットに入れる。大きなネットに入れてしまうと衣類が動いてシワの原因になるのでぴったりサイズが理想です。ビーズやスパンコールなどの装飾がついた衣類は、裏返してネットに入れると飾りが取れてしまう心配もありません。

2

洗濯機を回す

衣類を洗濯槽に入れて洗濯機を回す。洗剤は弱アルカリ性を使い、黄ばみや黒ずみが気になる場合は酸素系漂白剤を入れると効果的です。ポリエステルは静電気を起こしやすいため柔軟剤も忘れずに入れる。

3

脱水は短めにする

ポリエステルは乾きやすい素材のため脱水時間は30秒~1分程度の短めで大丈夫です。長めに脱水してしまうとシワになりやすいので注意する。

おすすめ

手洗いする方法

洗濯表示で手洗いのマークがあるものはもちろん、繊細な衣類は手洗いするのがオススメです。

準備物

  • 洗面器
  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 柔軟剤

手順

1

洗面器にぬるま湯をためて洗剤を溶かす

30度くらいのぬるま湯を洗面器にためて、おしゃれ着用中性洗剤を溶かす。

2

衣類を入れてつけ置きする

洗剤用液の中に洗濯する衣類を入れて15分程度つけ置きする。

3

押し洗いする

時間が経ったら衣類をやさしく押し洗いするデリケートな素材の衣類は押すのではなく、力を入れずほぐすように洗う。

4

すすぐ

洗面器の水を変えて洗濯物を軽く泳がす作業を2~3回繰り返す。最後のすすぎの時に柔軟剤を入れる。

5

脱水する

手で軽く絞ったら洗濯ネットに入れて洗濯機で15~30秒ほど脱水する。ポリエステルは乾きやすい素材のため脱水は軽くする。

おすすめ

ポリエステル衣類を洗濯する5つの注意点

ポリエステル衣類を洗濯する5つの注意点
ポリエステル衣類を洗濯する5つの注意点

洗濯表示を確認する

衣類には洗濯表示がついているので、洗濯前に必ず確認しましょう。水洗いマークがあれば自宅で洗濯可能です。水洗いマークが×でドライクリーニングのマークがあれば、クリーニングに出す必要があります。

シミや部分汚れは前処理する

シミや汚れがある場合は、洗濯する前に下処理して除去しましょう。洗剤を直接つけて軽くもみ洗いすると汚れが落ちやすくなります。

シミ取り用の洗剤を活用するのもオススメです。スティックタイプなら汚れが気になる部分に、直接ひと塗りするだけなので手間がかかりません。

汚れ物と一緒に洗わない

ポリエステル繊維は汚れを吸着しやすいため、汚れ物と一緒に洗濯するのは避けましょう。

縮み対策する

ポリエステルは比較的熱に強い素材ですが、高温な乾燥機に長時間かけると縮む可能性があります。乾かす時は乾燥時間を短くするか自然乾燥がオススメです。

ニオイ対策する

ポリエステル繊維は不快なニオイも残りやすいので、柔軟剤を入れてニオイ対策しましょう。

ポリエステル衣類をキレイに乾かす3つのポイント

ポリエステル衣類をキレイに乾かす3つのポイント
ポリエステル衣類をキレイに乾かす3つのポイント

ポリエステルの衣類を乾かす時は、下記3点を意識するとキレイな仕上がりになります。

  • シワを伸ばしながら干す
  • 乾燥機やアイロンは使わない
  • 風通しのいい日陰に干す

ポリエステルはシワがつきにくい素材ですが、シワを伸ばしてから干す方がより一層キレイな仕上がりになります。洗濯機や手洗いともに洗い終わったら、パンパンと叩きシワを伸ばしましょう。ブラウスなどの場合は、襟部分を両手で持ってバサッと振りさばいて粗ジワを取ります。

ポリエステルは乾燥機に入れてしまうと、熱で縮む可能性があるので注意しましょう。自然乾燥する場合は、色あせしないように日陰に干しましょう

アイロンがけする時はテカリ防止のため、必ずあて布を使いましょう。絶対にテカらせたくない衣類の場合は、裏側からアイロンをあてると失敗しません。

ポリエステル衣類は洗濯や乾燥の仕方で長持ちする

今回はポリエステル衣類の洗濯方法や乾燥方法を紹介しました。ポリエステル衣類を洗濯する時は洗濯表示を確認して適した洗い方を選びましょう。正しい洗い方や乾かし方をマスターすれば、家で洗濯した場合でもキレイな状態を長持ちできます。

自分で洗濯してもあまりキレイな仕上がりにならない場合や、繊細なデザインの衣類などは初めからクリーニングのプロに任せるのがオススメです。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?