折れた傘は自分で修理できる!傘の修理する5つの方法から修理する料金のまとめ
更新日:

折れた傘は自分で修理できる!傘の修理する5つの方法から修理する料金のまとめ

壊れた傘は修理できる傘とできない傘がある

修理できる傘とできない傘がある
修理できる傘とできない傘がある

結論からお伝えするとスタンダードな傘は自分で修理できます。傘によっては特殊な部品が使用されていたり、複雑な構造になっているものは素人では修理するのは難しいです。

傘をさしている時には内側になっている部分が、閉じた時には外側になる「逆開き傘」と呼ばれるタイプなどは自分で修理するのは難しいです。

特殊なタイプの傘であれば購入店に問い合わせるか、専門業者に修理を依頼しましょう。諦めて新しい傘を買い替えた方がいいかもしれません。

傘の各パーツと修理する料金相場

傘の各パーツと修理する料金相場
傘の各パーツと修理する料金相場

傘を修理する前に各パーツ名を確認しておくと部品を調達する時や、修理を依頼する時にスムーズに対応してもらえるでしょう。

①石づき

  • 傘の先端部のことで長傘の石づきは長く、折り畳み傘は短い。デザインやカラーは複数あり
  • 修理料金の相場…150円~1,000円

②つゆさき

  • 受け止めた雨がしたたる部分です
  • 修理料金の相場…200円~1,000円

③親骨

  • 風などで折れて壊れやすい部分。自分で修理可能です
  • 修理料金の相場…500円~1,000円

④受け骨

  • 下ロクロから親骨に向けて下支えしている短い方の骨。親骨と受骨の接している部分はダボと呼ぶ
  • 修理料金の相場…500円~1,000円

⑤傘布(生地)

  • 傘の布部分
  • 修理料金の相場…300円~

⑥中棒

  • シャフトとも呼ぶ
  • 修理料金の相場…2,000円

⑦持ち手

  • ハンドルとも呼ぶ
  • 修理料金の相場…2,000円

傘が壊れた場合は新しい部品と交換する必要があります。各部材はネット通販やホームセンターで簡単に購入できます。店舗によりますがダイソーなどの100円ショップにも傘修理キットが売られているようです。

各パーツにはさまざまな大きさや色があるので、必ず確認してから買いましょう。

パーツ別に傘を修理する手順

パーツ別に傘を修理する手順
パーツ別に傘を修理する手順

石づきの修理方法

準備物

  • 接着剤
  • 石づきのパーツ(必要な場合)

手順

1

外面のパーツを取り除く

傘の先端部に付いているパーツを外し、その内側にある「心棒」と呼ばれる芯が見える状態にする。

2

心棒にボンドなどの接着剤を塗る

パーツを外したら心棒にボンドや瞬間接着剤を塗る。

3

外したパーツ/新しいパーツを取り付けて固定する

傘の先端がぐらぐらしているのを直すのであれば、①で取り外した元のパーツを心棒にかぶせます。先端が劣化または破損し、取り換える必要がある場合は新しい先端パーツを心棒にかぶせます。奥まで入れてしっかり固定するのがポイントです。接着剤が乾けば修理完了。

おすすめ

つゆさきの修理方法

準備物

  • 替えのつゆさき

手順

1

古いつゆさきを外す

古いつゆさきを本体から取り外す。傘の骨と分離できる場合は、引っ張って外す。縫い付けられているタイプなら切り離す。

2

布の先を折る

角になっている部分の傘布(つゆさきが引っ付いていたところ)を傘の内側に向かって3~4mm折る。

3

新しいつゆさきを縫い付ける

傘の内側(②で折り込んだ部分の上)につゆさきをのせて針で縫い付ける。つゆさきに空いている穴を折り目に重ねた時、他と同じ出っ張り具合になる位置に付ける。つゆさきが固定されたら内側で玉留めして修理完了。

おすすめ

折れた骨の修理方法

準備物

  • ペンチ
  • 四ツ爪または三ツ爪
  • 針金またはハトメ

手順

1

骨の折れ曲がった部分をまっすぐになるように伸ばす

骨の曲がっている部分を折れないように慎重に伸ばす。

2

折れた部分に新しいパーツをかぶせる

折れた部分に沿わせるようにパーツを外側からたぶせる。骨折した部分が中央にくるようにパーツをかぶせるのがポイントです。もし骨の変形がひどくて入りきれない場合は、変形した部分だけ切除する。

3

ペンチなどで骨を巻くように爪を折り曲げる

パーツを固定する場所が決まったら、骨に巻き付けるように爪を折り曲げる。骨にパーツがしっかと取り付けられたら修理完了。

おすすめ

骨の接合部分(ダボ)の修理方法

準備物

  • ペンチ
  • 針金またはハトメ
  • ニッパー
  • 関節爪

手順

1

親骨と受け骨をつなぐハトメを外す

親骨と受け骨をつなぐハトメ部分を取り外す。ハトメがすでに取れていたり、破損している場合はそのままで問題ありません。

2

破損しているパーツを取り外し新しい関節爪をセットする

古い関節部分を外す。骨接ぎ用のパーツを外側からセットし、穴がピッタリはまるようにする。

3

パーツの爪部分をペンチで折り込み固定する

パーツには本体と固定するための爪部分が付いているので、ペンチでしっかり折り込んで骨を固定する。

4

針金もしくはハトメを穴に通す

接続部の穴を合わせ、その穴に針金またはハトメを通して固定する。針金の場合は2回ほど通して最後は1cmくらいねじって留める。針金が危なくないように折り込む。ハトメを使う場合はハトメを穴に通した後、ペンチで強くおさえて固定する。

おすすめ

破れた生地の修理方法

準備物

  • ナイロンシート
  • はさみ

手順

1

補修シートを切って貼り付ける

似た生地や色の補修シートを程よい大きさに切って貼り付けます。内側から貼り付けると目立ちません。

おすすめ

傘の修正に必要な部品がわからない時の対処方法

傘の修正に必要な部品がわからない時の対処方法
傘の修正に必要な部品がわからない時の対処方法

傘修理キットを購入する

部品がありすぎてどれを買えばいいかわからないという人には、傘修理キットを購入するのがオススメです。

スタンダードな傘であれば、修理に必要な部品一式が入っています。取扱説明書の指示に従えば難しくないので安心してください。

専門業者に依頼する

細かい作業が苦手な人や、修理する時間がない人は専門業者に任せた方がいいでしょう。修理費用はかかりますが、失敗なく確実に直してもらえるので安心できます。

自分で修理するよりも、やはりプロの方がキレイな仕上がりになります。

壊れた傘は捨てる前に修理できるか確認しよう

今回は壊れた傘を自分で修理する方法を紹介してきました。傘の修理は意外に簡単で、手順を理解して必要な部品さえあれば直せます。捨てるしかないと諦めている傘があれば、まずは必要なパーツを探してみましょう。

自分で修理できる傘はスタンダードなものに限ります。特殊な形や複雑な形状の傘は素人が修理するのは難しいので専門業者に依頼しましょう。新しい傘に買い替えるのも検討してみましょう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?