ピーマンをすぐ使い切るなら常温保存できる!長期保存は冷蔵や冷凍保存しよう
更新日:

ピーマンをすぐ使い切るなら常温保存できる!長期保存は冷蔵や冷凍保存しよう

ピーマンは冷蔵保存するのがベスト

ピーマンは買った袋のままだと傷みやすいので、キッチンぺーパーとポリ袋を使って保存しましょう。

準備物

  • キッチンペーパー
  • ポリ袋

手順

1

ピーマンを洗って水気を拭き取る

ピーマンを洗ってキッチンペーパーで水気を拭き取る。水気が残ると傷む原因になるので、しっかり拭き取る。

2

キッチンペーパーでピーマンを包む

水気が取れたら、キッチンペーパーでピーマンを1つずつ包みます。

3

包んだピーマンをポリ袋に入れる

包んだピーマンをポリ袋に入れて口はゆるく閉めて野菜室で保存する。

おすすめ

買った袋のままピーマンを保存すると1週間程度しか持たないといわれていますが、この方法であればピーマンを約3週間保存できます。

ピーマンはカットして冷凍すれば便利です

ピーマンはカットして冷凍すれば便利です
タイトル

ピーマンを大量に買った時や食べきれない時は冷凍しましょう。

準備物

  • 包丁
  • まな板
  • キッチンペーパー
  • 保存袋

手順

1

ピーマンを洗ってヘタと種を取り除く

ピーマンをよく洗ってヘタと種を取り除いたら1cm~1.5cm幅に細切りする。

2

水気を拭き取り保存袋に入れる

ピーマンに付いた水気をしっかりと拭き取り、冷凍可能な保存袋に入れる。

3

冷凍室でピーマンを保存する

保存袋に入れたピーマンを冷凍保存する。アルミトレイの上で冷凍すると急速冷凍効果があります。

おすすめ

冷凍したピーマンを使用する時は凍ったまま調理しましょう。煮込み料理やスープなどの料理におすすめです。

すぐに使い切るなら常温保存できる

すぐに使い切るなら常温保存できる
すぐに使い切るなら常温保存できる

新聞紙を使って保存すれば、ピーマンは常温保存も可能です。

準備物

  • 新聞紙

手順

1

新聞紙でピーマンを包む

ピーマンを複数個まとめて新聞紙に包む。より傷みにくくしたい場合は1個ずつ包む。

2

風通しのいい冷暗所で保存する

キッチンの中でも風通しがよくて、涼しい場所に置いて保存する。陽の当たる場所や冷蔵庫横やシンク下など高温多湿になりやすい場所は避けましょう。

ピーマンは常温で保存できますが冷蔵保存や冷凍保存よりは傷みやすいので、冬以外の季節や長期保存したい場合は避けた方が賢明です。

長持ちする新鮮なピーマンは肉厚で色鮮やかな物

長持ちする新鮮なピーマンは肉厚で色鮮やかな物
長持ちする新鮮なピーマンは肉厚で色鮮やかな物

ピーマンを長く保存させるためには、新鮮なものを選ぶことも大切です。

  • 表面がつやつやしてハリがあるもの
  • 肉厚なもの
  • ヘタの部分の緑が鮮やかなもの
  • ヘタのかたちが六角形のもの

新鮮なピーマンを選んだら長持ちするのはもちろん、栄養豊富なピーマンを選べます。新鮮なピーマンは苦味が少ないため、お子さんが食べやすいピーマンを選びたい方もこの選び方を覚えておくといいでしょう。

家事のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/hotlines.shop/

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?