茶渋の落とし方は「つけ置き」と「こすり洗い」で落とせる!茶渋の原因や予防方法も紹介
更新日:

茶渋の落とし方は「つけ置き」と「こすり洗い」で落とせる!茶渋の原因や予防方法も紹介

茶渋の原因は?

茶渋の原因はコーヒーやお茶などに含まれている「ポリフェノール」や「カテキン」です。水に含まれている金属イオンとポリフェノールやカテキンが結びつくことで茶渋ができ、コップの表面にこびりつきます。

ウーロン茶や紅茶、コーヒーは茶渋がつきやすいです。茶渋がつくと見た目が悪くなるだけでなく、茶渋付近に細菌類が発生しやすくなってしまいます。そのため茶渋はそのままにせずに、適切な落とし方でキレイにしましょう。

塩素系漂白剤につけ置きして茶渋を落とす

塩素系漂白剤につけ置きして茶渋を落とす
塩素系漂白剤につけ置きして茶渋を落とす

茶渋の落とし方で1番簡単なのはつけ置きする方法です。

準備物

  • 塩素系漂白剤
  • ぬるま湯

手順

1

液体の塩素系漂白剤10mlとぬるま湯1Lを混ぜる

2

カップに薄めた塩素系漂白剤を注ぎ30分~1時間つけ置きする

3

カップや湯呑をしっかり洗う

おすすめ

水筒は塩素系漂白剤だと金属部分が傷む恐れがあるため、酸素系漂白剤を使うのがおすすめです。

塩素系漂白剤がない時は酸素系漂白剤や重曹、セスキ炭酸ソーダを使っても代用できます。食器によって相性の悪い洗剤があるかもしれないため、使用前に洗剤の説明書等をよく読んでください。

茶渋をこすって落とす方法

茶渋をこすって落とす方法
茶渋をこすって落とす方法

時間をかけずに茶渋を落としたい時はこすって落とすといいでしょう。強力な茶渋でなければ簡単に落とせます。

こすって落とす方法

  • 歯磨き粉の研磨作用で落とす
  • 塩で磨いて落とす
  • メラミンスポンジを使う
  • アクリルたわしを使う

メラミンスポンジやアクリルたわしを使った落とし方は、ゴシゴシこすると傷が付く可能性があるので注意してください。傷が気になる人は、一度目立たない場所で試してからにしましょう。

茶渋を予防する3つのポイント

茶渋を予防する3つのポイント
茶渋を予防する3つのポイント

使ったらすぐに洗う

コップをそのままにすると茶渋がつきやすくなるので、使ったらすぐに洗いましょう。難しい場合は、水に浸けておくだけでもOKです。

使う前に米のとぎ汁で煮る

コップを買ったら使う前に、米のとぎ汁で煮ると茶渋の予防になります。割れにくくなる効果もあります。

磁器製のコップを選ぶ

陶器製よりもツルツルとした磁器製のコップを選ぶのも1つの方法です。

家事のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/hotlines.shop/

家事代行・家政婦ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った家事代行・家政婦の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?