服についた油染みを落とす3つの方法のまとめ!服に付く油染みは3種類
更新日:

服についた油染みを落とす3つの方法のまとめ!服に付く油染みは3種類

服につく3種類のシミや汚れの特性

服につく3種類のシミや汚れの特性
服につく3種類のシミや汚れの特性
服につくシミや汚れの特性
シミの種類 シミの原因 シミの性質
油溶性 調理用の油、カレー、ケチャップ、口紅やファンデーション 油溶性の特徴は水に溶けにくいが油には溶けやすい性質です。落とす時は40℃~60℃のお湯を使うと効果的です。
水溶性 コーヒー、お茶、ジュース、血液 水溶性のシミは水に溶けやすいので、水と洗剤で落とせます。
不溶性 墨汁、泥汚れ 不溶性のシミは水にも油にも溶けません。研磨作用のある物を使うと汚れが落ちる場合がある。

油溶性(脂溶性)のシミ

油溶性の特徴は水に溶けにくいが油には溶けやすい性質をもっています。油は水には溶けにくいですが、水が温まると粘度が下がって洋服の繊維から油分が剝がれやすくなります。落とす時は40℃~60℃のお湯を使うと効果的です。

また、油染みは酸性なのでアルカリ性の洗剤を使って中和させる、または重曹や酸素系漂白剤を用いるのもいいですね。油溶性の主な汚れは、調理用の油、カレー、ケチャップ、口紅やファンデーションがあります。

水溶性のシミ

水溶性のシミは水に溶けやすいので、水と洗剤でシミを落とせます。水溶性の主な汚れはコーヒー、お茶、ジュースや血液です。

血液がついた時は応急処置しよう!重曹やマジックリンで血液のシミを洗濯すれば落とせる
「ケガして出血したり…」「鼻血が出たり…」洋服についた時は、なるべく早く応急処置した方がいいのです。時間が経った血液の洗濯も諦めないでください。家の中にあるもので、時間が経った血液のシミもキレイに落とせます。今回は血液を洗濯する方法や注意点をまとめて紹介します。

不溶性のシミ

不溶性のシミは水にも油にも溶けません。一度ついてしまうと落とすのが難しいシミです。水や油では溶かさず、研磨作用のある歯磨き粉を使うと汚れが落ちる場合があります。不溶性の主な汚れは墨汁や泥汚れです。

この中で服についてしまった油染みは「油溶性(脂溶性)」になります。つけてしまってすぐの汚れや軽い汚れですと洗濯機で落ちる可能性もありますが、油染みは水に溶けにくいため、通常通り洗濯機を回しても汚れは落ちません。洗濯機で回す前に適切に処理方する事でこの厄介な油染みをキレイに落とせます。

シミを落とす前に必ず洗濯表示を確認しましょう。耐熱温度や、水洗いが可能かどうかなどの表示を確認しましょう。油染みがキレイに落ちても、服そのものが色落ちしてしまう可能性もあります。

いつ付いたかわからないシミは油染みなのか?水溶性のシミなのか?見分けてから洗濯しましょう。シミや汚れに水を一滴垂らして、水滴がはじけば「油染み」です。

軽い油染みは食器洗剤を使う

軽い油染みは食器洗剤を使う
軽い油染みは食器洗剤を使う

服に付いてしまった油のシミを見て諦めてしまっていませんか?諦める前にひと手間を加えて洗濯機に入れましょう。

軽い油染み

服に付けて間もない汚れは食器用の中性洗剤を使って、油を浮き上がらせて落としましょう。

準備物

  • ぬるま湯
  • バケツ
  • 食器用洗剤
  • 古歯ブラシ

手順

1

ぬるま湯に服を付ける

バケツなどに40℃程度のお湯をはり、服をしばらく浸しておく。服に付着した油汚れが浮き上がってきます。

2

食器用洗剤を油染みの部分に付ける

お湯に浸した服を取り出し、汚れた部分に食器用洗剤をつけます。汚れた部分を揉みこんだり、古歯ブラシを使って擦り洗いして汚れを落とす。

3

すすぐ

お湯またはお水で水が濁らなくなるまですすぎを繰り返す。

4

いつも通り洗濯する

洗濯機に入れていつも通り洗濯して完了。

頑固な油染みはクレンジングを使う

頑固な油染みはクレンジングを使う
頑固な油染みはクレンジングを使う

食器用洗剤でも落ちなかったものや、時間が経ってしまった頑固なシミにはクレンジングオイルを使って落としてみましょう。

準備物

  • クレンジングオイル
  • タオル
  • 古歯ブラシ

手順

1

油染みの部分にクレンジングオイルをつける

タオルを油染みの下の部分に敷き、油染みの部分にクレンジングオイルをつける。乾いた状態でクレンジングオイルをつけることがポイントです。濡れた状態でクレンジングオイルをつけると油染みが落ちにくくなります。

2

古歯ブラシでたたく

古歯ブラシを使ってオイルを付けた部分をトントンたたいて汚れを落とす。クレンジングオイルが油染みに浸み込んでなじむまで5分程度置いておく。

3

すすぐ

お湯またはお水で水が濁らなくなるまですすぎを繰り返す。

4

いつも通り洗濯する

洗濯機に入れていつも通り洗濯して完了。

作業着に付いた機械油の汚れは専用洗剤を使う

作業着に付いた機械油の汚れは専用洗剤を使う
作業着に付いた機械油の汚れは専用洗剤を使う

機械油など強力な汚れが付いてしまった作業着の油染みを落とすためには、専用の洗剤を使って落とします。

準備物

  • 熱めのお湯
  • 専用の洗剤
  • 古歯ブラシ

手順

1

熱めのお湯につけ置きする

機械油の油染みはとても強力なため60℃くらいの熱めのお湯に浸す。洗剤を一緒に混ぜてつけ置きしておくと機械油が浮き上がってくる。

2

古歯ブラシでこすり洗いする

ある程度油汚れが浮き上がってきたら古歯ブラシなどを使って油染みの部分をこすり洗いする。

3

すすぐ

お湯またはお水で水が濁らなくなるまですすぎを繰り返す。

4

いつも通り洗濯する

洗濯機に入れていつも通り洗濯して完了。

おすすめ

服に油染みが付いた時の応急処置

服に油染みが付いた時の応急処置
服に油染みが付いた時の応急処置

服に付いた油染みは時間が経てば経つほど汚れが浸み込み取りづらくなります。そうならないためにも応急処置を知っておきましょう。

準備物

  • ハンカチまたはティッシュ
  • 石鹸やハンドソープ

手順

1

付いた汚れを拭き取る

2

水で濡らしたハンカチまたはティッシュで汚れた部分をポンポン叩く。石鹸があれば浸み込ませて叩く。

3

汚れた部分を洗い流す

油染みの洗濯など家事は代行できる

今回は服についた油染みの種類や、落とす方法を紹介しました。お気に入りの洋服にシミを付けてしまって時は、ぜひ挑戦してみてください。

毎日お仕事や育児などで忙しい方、しつこい油染みを自分で落とすのが面倒な時は家事代行にお願いできます。無理せずに依頼してみましょう。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った片付け・家事代行の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?