福島県の不用品回収

福島県の不用品回収を料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。2022年12月現在、福島県に訪問できる不用品回収業者をランキング形式で25件登録しています。費用の相場も公開中!

不用品回収について

福島県の不用品回収を料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。不要になったテレビや冷蔵庫、ソファなどの大きくて重い家具回収や、家電リサイクル法によって自治体のゴミ回収では廃棄できない家電など、断然お得に引き取ってもらいましょう!引越しや大掃除のタイミングで不要品を処分することで、部屋がスッキリと広くなり、新しい生活がスタートできます。遺品整理や生前整理のニーズにもお応えします。不用品が少なければ単品回収や軽~1トントラック積み放題を、たくさんある場合には2トントラック積み放題を依頼しましょう。

不用品回収の相場

軽トラック / 台 8,000円~15,000円
1トントラック / 台 20,000円~28,000円
2トントラック / 台 28,000円~35,000円
単品回収 3,000円~10,000円

一般ごみとして処分したい場合は、周辺地域や自治体の粗大ごみ回収をご活用ください。

福島県の不用品回収サービス 1~25件(25件中)

累計評価

4.86

福島県の不用品回収を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

福島県で不用品回収を利用した人の口コミ

  • 13さん

    13さん

    不用品回収 / 2トントラック

    5.0

    今回2回目でしたが、前回同様丁寧な対応でスムーズに終わることができました。機会があれば、次回も利用します。

  • tuさん

    tuさん

    不用品回収 / 単品回収

    4.0

    人当たりの良い印象を受けました。

不用品回収について

不用品回収とは

使わなくなった不用品の運搬や処分を代行します。壊れてしまったテレビ・パソコン・エアコンなどの電化製品や、使わなくなったベッド・タンスなどの大型家具、ゴミ屋敷の処理や、故人の遺品整理、引っ越しの時のゴミ処分など、自治体での粗大ごみ回収では大変な処分を代行します。

軽トラックに積める目安

軽トラックの荷台の広さは「約1.5畳の広さ×高さ1メートル」まで荷物が積めるサイズです。軽トラックの形状によって、平積みと縦積みの2種類があります。荷台に囲いがないノーマルの軽トラックは平積みしかできないため、縦積みとくらべて価格は安いですが載せられる量が限られます。一方、荷台に囲いがあるタイプ(ベニヤ板立てかけ、箱型、帆付き)の軽トラックは縦積みが可能なので、冷蔵庫などの高さがあるものも縦積みできるためスペースに余裕があり多くの荷物を載せられます。縦置きできる軽トラックなら、ひとり暮らし程度の家財は追加料金なしですべて回収できます。例えば次のような物を全て回収できます。(テレビ、2ドア冷蔵庫、洗濯機、テレビ台、ソファー、机、布団、マットレス、炊飯器、電子レンジ、ダンボール×2、掃除機(2.5立方メートル以内ならどんなものでもOK)

2トントラックに積める目安

2トントラックの荷台の広さは「約3畳の広さ×高さ1メートル」まで荷物が積めるサイズです。積載量は「2~2.9トン」です。家庭用のゴミ袋に換算すると40~50袋、大型家具ならタンスやソファー、冷蔵庫、洗濯機、テーブルなど、多くの不用品を楽に積み込むことができます。

1トントラックに積める目安

1トントラックは、軽トラックでは対応できない物を載せるのに適した車種です。積載量は、1トン以下と決められており、車種によって800㎏~1000㎏まで可能な積載量には差があります。1トントラックの積める荷物の目安は、軽トラックに載せられる量の約2倍分程度です。

不用品回収を予約する際のポイント

「捨てたいけど外に運び出すのが大変…」「タンス1つだけでも大丈夫かしら?」「段ボールにまとめたけどどうしたらいいの?」といった事で困った時に生活家電・家具・大型ゴミなど、法令により禁止されているものでなければ回収を依頼することができます。

不用品回収をプロに依頼するメリット

オフィス移転や引っ越しに伴って大量の不要品を一括して処分したい場合は、不用品回収サービスを利用すると便利です。

一般家庭の場合、処分したい荷物数が少なかったり自分で運び出せる物であれば、自治体の粗大ごみとして処分をした方が安く済む場合がありますが、荷物を分別して外に運び出す必要があるうえに、荷物の回収日まで数週間待たなければならないなど、手間と時間がかかります。

また、企業や事業者から排出された資源・ごみは、自己処理が原則となっているため自治体の粗大ごみとして不用品を処分する事ができません。

すまいのホットラインなら一般家庭や事業者に関係なく、荷物の回収依頼が可能です。ご指定の日時も選べるので「荷物を早く処分したい!」という希望も叶えられます。不用品の対応が自分たちの手に負えない場合は、ぜひご利用ください。

一般ごみとして処分したい場合は、周辺地域や自治体の粗大ごみ回収をご活用ください。

タイプで絞り込む

エリアで絞り込む

福島県の関連サービス

不用品回収業者の選び方と比較するポイント

自治体や街の廃品回収業者に関わらず、不用品を回収してゴミとして処分するにはお金がかかります。電化製品はリサイクル料金が別途必要です。家電は製品によって処分方法が異なります。「家電リサイクル法」に従って処分する家電と「小型家電リサイクル法」に基いて処分する家電があります。知らずに捨てると罰せられますので注意しましょう。

2トントラックで積める不用品の量は5立方メートル、およそ3畳のスペースに1メートルの高さで積める量です。「不用品をまとめて処分したい…」「引っ越しで不用品が大量に出た…」場合は業者に依頼するのがオススメです。

不用品回収業者で回収できるもの・回収できないもの

不用品回収業者に依頼すると、家電リサイクル法により行政では引き取ってもらえない品目も回収してもらえて便利です。ここでは不用品回収業者で回収が可能な品目と、回収が不可能な品目をまとめて紹介します。不用品回収を依頼する際に、ぜひ参考にしてください。

回収できるもの
【家電類】
キッチン家電 炊飯器、IH・ガスコンロ、レンジ・オーブンレンジ、冷蔵庫・冷凍庫、ミキサー、食器洗浄機・食器乾燥機、コーヒーメーカー、電気ポット・電気ケトル、電気コンロ、トースター、ホットプレート、生ごみ処理機、給湯器、ホームベーカリー、精米機、ワインセラー、クッキングスケール、圧力鍋、フィッシュロースター、ノンフライヤー、たこやき機、酒かん、キッチンタイマー、ハンドミキサー、IH、ガステーブル、クッキングヒーター、ホームフリーザー
生活家電 掃除機、洗濯機、乾燥機、ミシン、シュレッダー、ウォシュレット、扇風機、冷風機、エアコン、ヒーター・ストーブ、ファンヒーター、ホットカーペット、ハロゲンヒーター、電気温水器、ウォータークーラー、浄水器、高圧洗浄機、ルンバ、ウォーターサーバー、集塵機、発電機
健康美容家電 空気清浄機・加湿器、シェーバー、ドライヤー、体脂肪計・体重計、マッサージ機、マッサージチェア、浄水器、電動歯ブラシ、ランニングマシン、ヘアーアイロン、健康器具
AV・情報家電 電話機、FAX、テレビ、Blue-ray/ DVDプレーヤー、CDプレーヤー、スピーカー、ICレコーダー、Blue-rayレコーダー、ラジオ、ラジカセ、家庭用ゲーム機、プリンター、電子辞書、コンポ、スキャナ、カメラ・ビデオカメラ、ボイスレコーダー、無線機、受信機・レシーバー、無線アンテナ、プロジェクター、アンプ、ホームシアター、テレビドアホン、ヘッドホン、携帯用ゲーム機、イヤホン、キーボード、ブラウン管、MD、CD、ハードディスク、タブレット、ビデオテープ、モバイルバッテリー、パソコン、ノートパソコン、パソコン付属品、複合機 、コピー機、ビデオデッキ、デジタルオーディオプレーヤー、 ホームシアターシステム、ステレオ、ゲームソフト
照明器具 シーリングライト、スタンドライト・デスクライト、シャンデリア、フロアライト・フロアスタンド、ランプ
【家具類】
リビング家具 テレビ台、カラーボックス、サイドボード、キャビネット、コレクションボード、ラック、チェスト、テーブル、椅子、ソファ、コタツ、ダストボックス、リクライニングチェア、座卓、リビングボード、ダイニングテーブル、コンソール、カーペット、座布団、ベンチ、障子、ビーズクッション、座椅子、スプリングマット、じゅうたん
キッチン家具 架電ボード、キッチンカウンター、食器棚、レンジ台、ワゴン、ダストボックス、和茶棚、茶箱、米びつ、野菜ストッカー、フライパンラック、収納ワゴン、スパイスラック、ロータリーケース、水切りラック
収納ラック カラーボックス、シューズボックス、本棚、タンス、チェスト、ローブ、ドレッサー、机、学習机、ラック、鏡台、靴箱、衣装箱、シェルフ、サイドボード、室内用物干し台、パソコンラック、物置、スチールラック、キュリオケース、ハンガーラック、ハンガー、婚礼家具
日用品 アイロン台、全身鏡、スーツケース、傘立て、脚立、クーラーボックス、ベビーカー、水槽、風呂桶、ゴミ箱、電動ドリル、芝刈機・草刈機、釣竿、傘、スポーツ用品、サーフボード、靴、香水、人形・ぬいぐるみ、神棚、すのこ、アルミゲート、カーポート、ゴルフセット、骨董品・美術品、スケートボード、キックボード 、スキー板・スノーボード、ドア・雨戸・網戸、犬小屋・ペットケージ、ペット用品、畳、ジャングルジム (室内用子供遊具)、物干し竿
寝具類 ベッド、敷きパッド、電気マット、ウォーターベッド、電動ベッド、ベビーベッド、ソファーベッド、マットレス、布団、枕
オフィス用品 デスク、ワークチェア、オフィスチェア、デスクワゴン、ロッカー、ダストボックス、パーテーション、金庫、ホワイトボード、会議用テーブル、ハイカウンター
音楽機材 ギター・ギターケース、DJミキサー (PA機器)、ギターアンプ、アンプ、ドラムセット、キーボード、電子ピアノ、ピアノ、オーディオ機器、エレクトーン、ベース、バイオリン、弦楽器
車両・農機具 タイヤ、自転車、バイク、マウンテンバイク、軽自動車、一輪車、三輪車、自動車バッテリー、カーステレオ、チャイルドシート、カーナビ、タイヤチェーン 、エアロパーツ 、マフラー 、 車椅子 、アルミ付きタイヤ、トラクター 、 運搬機 、耕運機 、草刈り機 、製粉機、 精米機 、除草機、チェーンソー 、電動工具、リヤカー、手押し車、Pepper (ロボット)、セグウェイ・バランススクーター
衣類 洋服、スーツ、着物、作業着
紙類 雑誌、古本、古紙、段ボール、トレーディングカード、切手、封筒
その他 缶、木材、ダンベル、発砲スチロール
回収できないもの
生ごみ類 食品、液体
危険物 中身の入ったスプレー缶、カセットコンロのガスボンベ、マッチ、電池、ガソリン、灯油、ライター、消化器
医療器具・医療廃棄物 注射器、針、メス
その他 生木、観葉植物、土、ブロック、砂、レンガ、石、コンクリート、産業廃棄物、建築系廃棄物、汚物、腐食物、動物の死骸、血液が付着したもの

不用品回収業者の選ぶポイント

一般廃棄物収集運搬許可を持っているか確認する

一般廃棄物収集運搬許可を持っていないと家庭からのゴミを引き取れません。この許可を持たない悪質な業者も存在し、不法投棄などのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。業者を選ぶ時は許可を持っているかホームページなどで事前に確認しておくといいでしょう。

会社の所在地を確認する

トラック1台で不用品回収する、会社の所在地が不明な業者もあります。所在地が不明だとトラブルが起こった場合に後から見つけることは難しく、泣き寝入りするしかありません。会社の所在地が明らかな業者を選ぶようにしましょう。安心できる業者は事前に無料見積もりしてもらえることが多いです。書面やデータとして見積もり書を出してもらえるか、料金体系ははっきりしているかなどを確認しておくといいでしょう。

悪徳廃品回収業者に引っかからないための対処法

廃品回収業者とのトラブルの大半は料金に関するものです。「無料だったはずなのにあとで有料と言われた…」「車に積んでから処分費用を請求された…」「見積りより高い金額を請求された…」など、このようなトラブルを未然に防ぐための対処法も知っておきましょう。

見積りを取って料金を確認する

事前に見積りを取ることは大切です。概算料金が分からない業者は避けましょう。もちろん実際に廃棄する不用品の量を見なければ、おおまかな概算しか出せないのは当然ですが目安にはなります。

料金が合わなかったら断る

作業前に不用品と処分費用を確認して、思っていた金額と違う場合は断ることも重要です。車に乗せてから金額を変える業者は論外ですので、そのようなことがあれば「消費者センター」に通報しましょう。

見積り料金と請求金額が違う場合は業者側の責任がある一方で、依頼者側に責任があるケースも多々あります。例えば処分依頼するゴミの量をきちんと伝えてなければ、業者も正確な見積りを出せないのは当然です。見積り後に事前に依頼した分量よりゴミが増えれば、当然価格も上がりますので注意しましょう。

2トントラックはどれくらいの大きさ?

バンボディ

「ハコ」と呼ばれ、荷台部分が箱型になっているもののことをバンボディといいます。雨や雪が降っているなかで運搬しても、荷物が濡れる心配がありません。運搬中に荷物を落とす心配もないので、引越し業者はこの形状のトラックを使用していることが多いです。

平ボディ車

屋根のないオープン型のトラックのことを平ボディ車といいます。地面から荷台までの高さがある「高床タイプ」よりコンパクトなサイズの「低床タイプ」の2種類があります。雪道や山間部を通る予定がなければ、荷物を運びやすい低床タイプがオススメです。

2トントラックのショートサイズ

・全長…約4.7m

・全幅…約1.7m

小回りがきくので都心や住宅街などの狭い道でも走行可能です。AT限定免許しか取得していなくても運転OKというトラックもあり、トラック初心者でも比較的運転しやすいです。

2トントラックのロングサイズ

・全長…約6.0m

・全幅…約1.9m

ショートタイプよりも荷物を多く運搬でき、約5.5畳分のスペースの荷物が積めると言われています。2人暮らしや少人数向けの引越しにちょうどいいサイズです。

2トントラックのワイドロングサイズ

・全長…約6.0m

・全幅…約2.1m

ワイドロングタイプは大きさがあり、荷幅が広いものも運搬できます。全長・全幅はロングタイプとそんなに変わりませんが、最大積載量や車両総重量はワイドロングのトラックがトップです。

不用品回収の相場

タンスや冷蔵庫といった大型の不用品回収を専門としている回収業者は、積み込み作業込みで相場は60,000~80,000円程度です。主に大きな不用品を積み込む時に2人以上の作業員が必要となるので、作業員の費用も含まれていると考えた方がいいでしょう。

大型の不用品ではないがテレビやエアコンなどの不用品回収の相場は50,000~70,000円程度の費用がかかります。小物ばかりで量が多く2トントラック一杯分の荷物の場合は、50,000円前後の費用がかかります。不用品回収の種類に少し不安な方は、大型から小物まで色んな種類を回収する安心パックといった種類があります。こちらも50,000円前後が料金相場です。

不用品を処分する5つの方法

自治体の回収サービスを利用する

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は「家電リサイクル法」の対象品目のため収集所には出せません。パソコンも同様でメーカーや購入した販売店に依頼するか、市に業者を紹介してもらい処分を依頼します。

自治体のごみ収集センターに搬入する

その自治体に住んでいることを証明できるもの(免許証や保険証)などを持って、直接処分品をごみ処理施設へ持っていきます。自治体によっては土日祝日も搬入可であり、回収を頼むより安く処分できます。

引っ越し業者の引取回収サービスを利用する

引っ越し業者によっては、引っ越し時に処分する不用品の引き取りや買い取りサービスがあります。自治体より料金が高くなりますが、不用品処分と引っ越しを同日にできるので手間が少なくてすみます。

不用品業者回収サービスを利用する

自宅まで処分品を回収にきてもらえるので、大きな家具や家電の場合は便利です。しかし、無免許の違法業者の可能性があるため、必ず一般廃棄物収集運搬業の許可があるか確認しましょう。

販売店に引取りを依頼する

引っ越しで家具や家電を買い替える場合は、処分品を引き取ってくれもらえる場合もあります。新しい物を購入した販売店で相談してみましょう。

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページでは福島県の不用品回収に対応している業者を一覧で表示しています。福島県の不用品回収業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、不用品回収を自分で行う方法や、プロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。