3つの正しい掃除機の捨て方!家庭ごみとして出す流れや掃除機を引き取ってもらう方法
更新日:

3つの正しい掃除機の捨て方!家庭ごみとして出す流れや掃除機を引き取ってもらう方法

掃除機の捨て方は自治体によって処分方法が違う

掃除機の捨て方は自治体によって処分方法が違う
掃除機の捨て方は自治体によって処分方法が違う

掃除機をゴミとして処分する場合は、住まいの自治体によって捨て方が違います。掃除機の捨て方は不燃ゴミか、粗大ゴミで処分するかになります。不燃ゴミと粗大ゴミでは捨て方が全く違うので事前に確認しましょう。

不燃ゴミとして処分する場合は、自治体指定の不燃ゴミ袋に入れて不燃ゴミの日に捨てましょう。不燃ゴミとして処分すれば費用はかかりません。

粗大ゴミとして処分する場合は、各自治体の担当部署へ電話やネットで申し込みします。次に粗大ゴミ処理券をスーパーやコンビ二で購入します。ゴミ処理券はシールになっているので掃除機に貼って予約した日に所定の場所に置きましょう。粗大ゴミの処分費用は300円~800円程度です。

>>【参考】粗大ごみ | 渋谷区公式サイト

>>【参考】粗大ごみ処理手数料一覧表 - 大阪市

>>【参考】分かりにくい資源・ごみの分別区分[さ行] | 岡山市

掃除機をリサイクルショップで引き取ってもらう方法

掃除機をリサイクルショップで引き取ってもらう方法
掃除機をリサイクルショップで引き取ってもらう方法

家庭で不用となった日用品や衣料品などを持ち込めるリサイクルショップに掃除機を持ち込めば、中古でも買い取ってもらえる可能性が高いです。そこでリサイクルショップで買い取ってもらうためのポイントを3つ紹介します。

  • 掃除機のノズルなどに付着したホコリなどはキレイに掃除しておく
  • 説明書や吸込み口などの付属品は一緒に持っていく
  • 掃除機をリサイクルショップへ持ち込むタイミングは引っ越しシーズン、新生活が始まる時期を見計らって出すと査定金額も上がる

このようにリサイクルショップへ持ち込む前に少し手をかけるだけでも査定金額が変わってきます。人気機種といわれる「ルンバ」や「ダイソン」などは比較的高く引き取ってもらえる可能性があります。リサイクルショップを活用すれば処分費用がかからず、逆にお金が手に入ってくるというメリットがあります。

ただし、少しでも壊れているところがあれば引き取ってもらえません。引き取りが不可となった掃除機は、また持ち帰らなければなりません。

掃除機を家電量販店に持ち込んで引き取ってもらう方法

掃除機を家電量販店に持ち込んで引き取ってもらう方法
掃除機を家電量販店に持ち込んで引き取ってもらう方法

掃除機が壊れて新しく掃除機を買い替える場合は、購入先のお店で不用となった掃除機の引き取りや買い取りサービスしている可能性があります。新しい掃除機を購入する時に割引を受けられることもあるので確認しておきましょう。

買い替えではなく処分だけしたい場合も、多くの家電量販店では家電の引き取りサービスしています。それぞれのお店によってかかる費用が異なりますので比較して検討してみてください。中には買い取りに応じてくれるお店もありますので、お店のホームページなどで確認してみるといいでしょう。

掃除機の他にも捨て方に困っている家電がある場合、段ボールに入りきるだけ詰めて回収してもらうサービスも展開している家電量販店もあるようです。自宅まで引き取りにきてもらう場合は運搬費用がかかるため、費用をおさえたい人は自分で持ち込むことをオススメします。

掃除機を不用品回収業者に依頼して捨てる方法

掃除機を不用品回収業者に依頼して捨てる方法
掃除機を不用品回収業者に依頼して捨てる方法

不用品回収業者に掃除機の回収を依頼する捨て方もあります。不用品回収業者に依頼すれば持ち込む必要はなく、自宅まで回収しに来てくれるので便利です。掃除機以外にも不用品がある場合は、まとめて処分できるので手間がかかりません。

この捨て方は処分する不用品が多い人や、忙しくて時間が取れない人、高齢者や妊婦の人にオススメです。

不用品回収業者の中には買い取りにも対応している業者もいますので、思わぬ収入を得ることもあります。

残念ながら事業者の中には不法投棄してしまうような悪質な捨て方をする不用品回収業者もいます。健全な不用品回収業者かどうかを見極める一つの基準として「古物商許可」を各都道府県から受けているかどうか確認してみましょう。悪質な不用品回収業者はこの許可を受けていない場合があります。

不法投棄されてしまったゴミの処理については国の税金が使われます。また、それが私有地であればその土地の所有者が処分費用を出さなくてなりません。事業者のホームページを確認するなどして慎重に選びましょう。

掃除機の捨て方に困ったら業者に依頼しよう

今回は掃除機の捨て方を3つ紹介しました。間違った捨て方をしてしうと、自治体やご近所も迷惑をかけてしまいます。ご近所トラブルに発展しないためにも掃除機の捨て方一つも、常識ある行動を取りたいですね。

関連記事

不用品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った不用品回収の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?