仏壇を処分する5つの方法と料金相場を紹介!仏壇を処分する前に閉眼供養(魂抜き)する
更新日:

仏壇を処分する5つの方法と料金相場を紹介!仏壇を処分する前に閉眼供養(魂抜き)する

仏壇を処分する前に閉眼供養しよう

仏壇を処分する前に閉眼供養しよう
仏壇を処分する前に閉眼供養しよう

仏壇を処分する前に「先祖の供養をきちんとした方がいい」と考えるとますよね?仏壇や仏具など新しく作る時には「開眼供養(魂入れ)」という供養することがほとんどです。購入した人に聞いてみるのが一番確実ですが、わからない場合でも代々受け継がれてきた仏壇の場合は開眼供養(魂入れ)されていることがほとんどです。

この開眼供養している仏壇は、処分する前に「閉眼供養(魂抜き)」という供養する必要があります。この供養しないということは、故人の魂が入ったまま仏壇を処分することになります。

「開眼供養したかわからない…」本当に「閉眼供養が必要?」と思っても、仏壇は開眼供養を「した・しない」にかかわらず、故人の魂が宿る場所なので、やはり先祖に敬意をはらうためにも閉眼供養することをオススメします。

仏壇を閉眼供養してもらう流れと料金相場

仏壇を閉眼供養してもらう流れと料金相場
仏壇を閉眼供養してもらう流れと料金相場

仏壇を処分する前にするべき閉眼供養(魂抜き)は、寺院に連絡してお坊さんにしてもらいます。

付き合いのある寺院がない場合は、「お坊さん手配、紹介サービス」をなどのサイトから紹介してもらうことも可能です。お坊さんに自宅に来てもらい、目の前で供養していただけるので安心です。

お坊さんに渡す謝礼のことをお布施(おふせ)といい、閉眼供養(魂抜き)の相場はお布施+お車代で30,000円~50,000円程度です。

お布施の金額はお坊さんに事前に確認しておくのが一番トラブルを避けられる方法ですが、聞き方を間違えるとはっきりとした金額で答えてもらえなかったり、高額を指示されてしまう場合もあります。

「他の方は、どれくらいのお布施されておられますか?」など、お坊さんにも答えやすい聞き方がオススメです。

お坊さん手配や紹介サービスなどの場合は、料金をサービスの内容が明確に表示されているので安心です。こちらも50.000円以内で依頼できるサイトが多いようです。

仏壇を処分する5つの方法と料金相場

仏壇を処分する5つの方法と料金相場
仏壇を処分する5つの方法と料金相場

供養を終えたら実際に仏壇を処分します。仏壇を処分する方法は5つの方法があります。

粗大ゴミに出す

「仏壇て粗大ゴミに出していいの?」と疑問に思われる方も多いと思いますが可能です。ここまでに紹介したとおり、供養はきちんとしたうえで粗大ゴミとして出しましょう。

料金は自治体によって異なるので、問い合わせが必要です。参考までに世田谷区の例を紹介します。

自治体で処分する料金(東京都世田谷区)

  • 最大辺及びその次に長い辺の合計140cm以下…収集400円、持込200円
  • 最大辺及びその次に長い辺の合計140cm超200cm以下…収集800円、持込400円
  • 最大辺及びその次に長い辺の合計200cm超270cm以下…収集1,200円、持込600円
  • 最大辺及びその次に長い辺の合計270cm超…収集2,000円、持込1,000円

>>【引用】インターネットから申し込みができる粗大ごみの処理手数料

小さい仏壇の場合は解体して燃えるゴミに出すこともできます。

お寺に引き取ってもらう

お付き合いのあるお寺がある場合は閉眼供養の後、そのまま引き取ってもらえるか聞いてみましょう。料金は閉眼供養とは別に必要ですが、これも不透明なので閉眼供養のお布施同様、お坊さんと相談が必要です。

仏具店に引き取ってもらう

多くの仏具店で仏壇の移動や処分といったサービスを設けています。仏壇の大きさ等で料金が異なり、お店によっても料金は様々です。各お店のHPで確認してみましょう。

参考までに浜屋の料金を紹介します。

仏壇の処分料金(浜屋で購入した仏壇の場合)

  • 上段お仏壇…4,000円
  • 幅60cm未満…15,000円
  • 幅60cm以上…20,000円
  • 幅90cm以上…30,000円

>>【引用】お仏壇・お仏具の廃棄処分料金(税込価格)

浜屋以外で購入した仏壇は上記の料金の2倍です。出張引き取りの場合は別途費用がかかります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にも仏壇の処分を依頼できます。料金は会社によって異なるので問い合わせてみましょう。料金相場は20,000円~40,000円程度です。

遺品整理業者に依頼する

「遺品の整理も一緒に依頼したい」「閉眼供養も一緒に依頼したい」という人は遺品整理の専門業者に依頼するのがオススメです。会社によって金額とサービスの内容が異なります。信頼できる業者は、閉眼供養の後に証明書の発行もしてもらえます。

引き出しの中に仏具を残さないように注意する

引き出しの中に仏具を残さないように注意する
引き出しの中に仏具を残さないように注意する

仏壇の種類によっては分かりにくい場所に引き出しなどがあります。うっかり引き出しの中に写経や仏具などを納めたまま処分してしまう人がいます。処分する前にきちんと確認してから仏壇を処分しましょう。

仏具の処分方法は自治体の分別ルールに従ってゴミとして出しましょう。線香、ろうそく、経本など、燃えるゴミとすぐに分かるものは問題ありませんが、おりん、ろうそく立てなど真鍮製の物はリサイクルの対象になる場合もあります。

数珠は石で出来ている物と樹脂製の物などがあるので、正しい分別の方法を自治体のホームページなどで確認して下さい。

ゴミとして処分する他に、仏具一式の処分も仏具店に依頼することが可能です。浜屋の場合は2,000円で処分してもらえます。業者に仏壇処分を依頼するなら、一緒に仏具の処分も依頼できます。

自分で仏壇を処分できない場合は業者に依頼しよう

今回は仏壇を処分する方法や料金相場について紹介しました。大切なお仏壇を様々な理由で手放すことになった時は、少しでも気持ちよく処分しましょう。

忙しくて自分でできないという人は、業者にまとめて依頼するのがオススメです。

まとめ

  1. 仏壇を処分する前に閉眼供養してご先祖に敬意をはらう。寺院に連絡してお坊さんにきてもらうと料金相場はお布施+お車代で30,000円~50,000円程度必要です
  2. 仏壇を粗大ゴミに出すには料金等を自治体のHPなどで確認が必要です
  3. 仏壇の処分方法は他にもお寺や仏具店に引き取ってもらう、不用品回収業者に依頼するなどがある
  4. 仏壇を処分する前に引き出しの中に仏具が残っていないか確認しよう

関連記事

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った不用品回収の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?