不要になったエレクトーンを処分する5つの方法から費用相場までまとめて紹介
更新日:

不要になったエレクトーンを処分する5つの方法から費用相場までまとめて紹介

エレクトーンを処分する5つの方法

エレクトーンを処分する5つの方法
エレクトーンを処分する5つの方法

エレクトーンの処分方法は大きく分けて5つあります。自分にとって処分しやすい方法を選びましょう。

自治体に依頼する

自治体に依頼すれば、廃棄物処理になるところとならないところがあるようです。自治体によって違うので、電話で確認するのが一番いいでしょう。自治体指定の廃棄物運搬業者を紹介してもらえる事もあります。

オークションに出す

オークションでエレクトーンに出すと、オークションは必要としている人が購入してくれることが多いです。送料がかかる場合もありますが、落札者と相談してエレクトーンを引き取ってもらえます。

オークションに出品して売れるとお金になりますが、売れるまで時間がかかるので早く処分したいという人にはこの方法は向いていません。

リサイクルに出す

リサイクルに出す場合は、リサイクルショップにエレクトーンを持っていかなければなりません。買取してくれるところもありますので、持っていく前に買取してもらえるのか確認の電話した方がスムーズにいくでしょう。

エレクトーンは大きくて重いので、持っていくのに労力と時間がかかそこはしります。しっかりと考えて決めましょう。

寄付する

音楽楽団などが欲しいという場合があり寄付できます。インターネットで「エレクトーン 寄付」と検索して寄付先を探してみたり、募ってみたりしてもいいでしょう。

寄付する場合も寄付する場所に運ばなければならないことがあるので、寄付先の人と相談して決めましょう。

回収業者に依頼する

回収業者に依頼すれば日時や時間を合わせてくれる場合が多いので、自分の予定に合わせてエレクトーンを処分できます。回収業者に依頼すると家まで取りに来て処分してくれるので、自分で運び出す必要もないので楽に処分できます。

エレクトーンを処分する時の2つの注意点

エレクトーンを処分する時の2つの注意点
エレクトーンを処分する時の2つの注意点

粗大ごみで処分できない

エレクトーンは粗大ごみで処分できません。自治体によってエレクトーンは処分できないゴミとして区別されています。自分の住んでいる自治体に確認しましょう。

回収業者選びに注意する

回収業者を慎重にしないと高額請求されることがあるようです。回収業者を選ぶ時はインターネットなどで回収業者の評価やクチコミを調べてから依頼するようにしましょう。

エレクトーンを処分する料金相場

エレクトーンを処分する料金相場
エレクトーンを処分する料金相場

自治体に依頼する料金相場

自治体に依頼する場合は、提携している廃棄物処分業者を紹介される事がほとんどです。安心なのは安心ですが、その分費用が高い場合があります。

相場5,000円~7,000円前後の処分費用がかかります。地域によりますので、それ以上かかってしまう事もあります。

オークションに出して処分する料金相場

オークションに出す場合は、送料を着払いに指定すれば送料はかかりません。送料込みの場合はオークション出品者側に、送料がかかってしまうので注意してください。

多くのオークションサイトは落札金額の何%を手数料として引かれますので、どのオークションに出すかを考える必要があります。

リサイクルに出して処分する料金相場

リサイクルや寄付する場合は基本費用はかかりません。しかし、エレクトーンをリサイクル店や寄付する場所まで運ばないといけないので、家から車に運び入れて運ぶ作業が必要となります。

車にエレクトーンが入らない場合や持っていない場合は、レンタカーなどを借りて運ばなければなりません。処分費用とは別の費用がかかります。

回収業者に依頼して処分する料金相場

回収業者に依頼すれば状態がキレイであれば費用を少し安くしてくれたり、家の外に運び出しをすると安くしてくれることがあるようです。

自治体の提携の廃棄物処理業者の場合は5,000円以上かかってしまいますが、自分で頼むと5,000円程度ですむ場合もあります。

業者に処分を依頼する3つのポイント

業者に処分を依頼する3つのポイント
業者に処分を依頼する3つのポイント

回収業者にエレクトーンの処分を依頼する場合は、業者を選ぶ時のポイントがあります。ポイントさえおさえれば、エレクトーンに限らず様々なものを処分できるで紹介します。

見積り依頼する

料金がわからないまま「お願いします!」と依頼してしまうと後々高額請求されることがあります。そのため作業前にいくら費用がかかるのか、いつ取りに来てくれるのかなどの見積もりを取るようにしましょう。

回収業者の口コミを見る

口コミも業者を選ぶ大切なポイントになります。口コミというのは一度利用したことがある人が書いているので業者の対応や費用についても知れるので参考にしましょう。

料金交渉してみる

見積もりをとった上で、料金交渉してみるのがいいでしょう。料金交渉して安くしてくれる業者もいます。このように回収業者に依頼する前にすれば、料金が安くなったりいいサービスを受けられます。回収業者を選ぶ時は参考にしてみてくださいね。

エレクトーンをリサイクルするメリットとデメリット

エレクトーンをリサイクルする場合は、メリットとデメリットがあるので紹介します。

リサイクルするメリット

  • お金を得られる
  • 処分ではなく、また誰か違う人に使ってもらえる

リサイクルショップに持っていけば少額でもお金を得られます。試しにリサイクルショップに買取してもらえるのか、問い合わせしてみましょう。

エレクトーンを処分するのは「まだまだ使えるのにもったいないな~」と思う人は、リサイクルショップに持ち込んで買取してもらい、お金も得られえてエレクトーンが必要な人に、また使ってもらえるのでオススメです

リサイクルするデメリット

  • 持っていく手間がある
  • 買取してもらえない場合がある

エレクトーンは大きくて重いので、運ぶのは手間がかかってしまいます。軽自動車では運べないので車を借りたりする必要があります。

状態が悪かったり、買取対象外だったり場合によっては買取してもらえないことがあります。事前に確認しましょう。

自分でエレクトーンを処分できないなら業者に依頼しよう

今回はエレクトーンを処分する方法や、エレクトーンを処分する料金相場を紹介しました。

回収業者に依頼してエレクトーンを処分するなら、オススメなのが「ほっとライン」です。ほっとラインでは料金や、サービスの作業内容、地域、口コミで業者を比較できます。

まとめ

  1. エレクトーンを処分する方法は5つある。捨てる、売る、寄付などの中から、自分にあう方法を選択しよう
  2. エレクトーンの処分は粗大ゴミに出せない、回収業者選びに注意する
  3. エレクトーンの処分にかかる費用の相場を予め確認しておこう
  4. エレクトーンの処分を不用品回収業者に依頼する時は見積りや、口コミなどを参考に安心できる業者を選ぼう

関連記事

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った不用品回収の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?